砂川 顕子(すながわ あきこ)

プロフィール

同志社大学卒業。

社員アナウンサーとして5年間、フリーアナウンサーとして15年以上活動。

話す・伝えるプロとして20年以上の実績がある。


2007年のフリーアナウンサー時代に、大手企業のプレゼンテーション講師を3年間任され、

受講生が次々と劇的に成長したことで、好評を得る。


次第に、自分が話す仕事をすることよりも、生徒さんが上達されることのほうが喜びとなり、

2018年からは講師業に専念することを決心。


大手スクールの話し方講師も務め、持ち前の耳の良さと、面倒見の良さを発揮しながら、日々レッスンを行っている。

【アナウンサー時代の主な経歴】
テレビ/ラジオ/ VPナレーション/イベント司会 /ブライダル司会/企業研修講師(プレゼン・敬語・接遇マナー)など

  

ごあいさつ

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

声と話し方の教室sunaGawa 講師の砂川顕子です。


私は、話すことは「伝える」ことだと思っています。

伝わった時の、聞き手と心が繋がったような感覚は、私にとっての喜びです!


話す人にとっても、聞き手にとっても、何ものにも代えられない有意義な空間を、もっともっと作りたくて、

そして、たくさんの人に「伝わる喜び」を体感してもらいたくて、

声と話し方の講師をしています。




これまで20年以上、アナウンサーとして活動してきた中で、

セミナーや研修の講師など、ビジネスシーンで話す経験も多く積みました。


そこで、人前で話すことが苦手で自信がないために、

お持ちの能力を発揮できていないビジネスパーソンが、たくさんいらっしゃることも知りました。


また、話すのは好きだけれど、

伝わらなくて、もどかしい思いをしている方も見てきました。



そんな方々が、もっと自分らしく、伝わる話ができるようになれば、

ビジネスシーンでも、最高のパフォーマンス・コミュニケーションが実現できると思っています。



私が、日々のレッスンで、常に心に置いていることは、

「目の前の生徒さんにじっくり向き合って、上達への道を見出すこと」です。


常に目の前の生徒さん一人に集中して、

今この時間に、どんなレッスンをすれば、効果が最大限に発揮されるのか、

今の時点では、何をアドバイスすべきか、

を考えています。



生徒さんそれぞれに、急成長される時期やポイントが違うので、

それを上手く引き出せるように、生徒さんの細かい変化を感じ取っています。



時には、生徒さんより私の方が必死なんじゃないか!?というくらい、レッスンに集中していますが(笑)、

生徒さんの上達こそが、この仕事をしている喜びなんです!


ぜひ、一緒になって集中して(笑)、でも楽しみながらレッスンしていきましょう。


さて、私はよく生徒さんから、

「子供の頃から、明るくハキハキ話せていたんですよね!?」

と思われることも多いのですが、全然違います(笑)


まさに、昔は人前で話すことは超苦手!だったのです。




でも、仕事を通して、自分の声や話し方を客観視しながら少しずつ改善し、磨いていくことで、

現在までキャリアを重ねることができました。


話すこと・伝えることに悩んで、突き詰めて考えてきた私だからこそ、

生徒さんの悩みにも共感でき、成長の道をともに見つけることができると思っています。


ここからは、私の「声と話し方」の半生です。

ご興味がありましたら、どうぞ。

子供時代

私は一人っ子、鍵っ子だったため、子供の頃から口数が少なくて声も小さく、

学校で発言することなども滅多にありませんでした。



普段、仲の良い友達とは楽しく話すのですが、

授業で発表する時などは、何をどう話せばよいか分からないし、人の目が気になって仕方ありませんでした。


いつも先生から通信簿に書かれるのは

「おとなしい」
「声が小さい」
「消極的」
「授業中、分かっているのに手を挙げない」


でも、そんな自分が嫌いで、もっと自分を表現したい!変わりたい!という気持ちを抱えていました。

大学時代の転機

そんな私が、話すこと・伝えることを生業にしようと思ったのは、

大学時代にボイストレーニングやアナウンスレッスンを受けて、「自己表現する喜び」を知ったからです。




人前で話すことに慣れていない私が、話すプロを目指すには、努力しなければいけないことが山ほどありました。


通る声を出すこと、滑舌よく話すこと、語彙力を増やすこと、頭の中で考えをまとめること・・・

今まで全くやってこなかったことでした。


でも当時の私は「自己表現することの楽しさ」の方が勝っていて、努力も苦になりませんでした。

アナウンサーになれたけれど

その「自己表現したい」思いは、実際にアナウンサーの仕事を始めてすぐ、頭を打つ原因になりました。



「自分が表現したい」ことと、「相手に伝わる」ことは別だったからです。


アナウンサーという仕事では、常に自分は主役にはならないことに気付きました。

主役は、伝えるべき「情報」や、紹介すべき「こと(人)」なのです。


自分で「うまく表現できた!」「うまく話せた!」と満足したところで、

肝心の情報が聞き手にしっかりと伝わらなければ、アナウンサーとしての仕事の価値はないのです。


早々に挫折してしまったのでした。

伝えることの本質を知る

そこから、話すことの主軸を「自分」ではなく、「聞いている人」に移すことが出来た時、

今度は「伝わる喜び」を知りました。


それは、自己表現する喜びよりも、何倍も大きなものでした。




「伝わる」とは、「聞いている人との心の通い合い・心のコミュニケーション」であり、

それを実感できる喜びでした。


伝える仕事が、やめられなくなりました。

講師を経験して

アナウンサーの仕事を始めて10年ほど経った頃、話す技術を教える機会を与えられました。


ある時、受講生さんが、無事に本番でプレゼンをされたのを見て、感動したのです。




私がお教えしたことと、その人の持つ魅力・能力が合わさった時、

私一人では思い付かないようなパフォーマンスができることに気付いたからです。


私が持つ経験や技術を、ご自身の中にプラスしていただくことで、

さらに能力や魅力を発揮される方が、他にもいらっしゃるのではないかと思いました。


今は、受講生の方々が、レッスンをきっかけに、お仕事やご自身の世界での可能性を広げられ、

活躍されることが、私の願いであり、喜びになっています。


個人でやっている教室ですので、気軽にお越しくださいましたら嬉しいです。


砂川 顕子