自分の声が嫌いでコンプレックスになっている方へ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

いきなりですが、皆さんは自分の声が好きですか?

 

私は…実は好きではありません。

透明感のある、高くてきれいな声の人に会うと、「いいな~」と、ついつい羨ましく思ってしまいます。

ずっとアナウンサーの仕事をしてきたとはいえ、私の声は、特徴もなく、取りたてて透明感があってきれいな訳でもなく、いたって普通なんです。

私も若い頃は、ボイストレーニングを続けていったら、あんな風に高くてきれいな声になるかも!と思っていた時期がありましたが、

自分の声が、憧れの誰かの声に変わることはありませんでした。

 

当然ですね。

声は、顔や体と同じく「持って生まれたもの」です。

声帯の長さ(太さ)によって、声の高さが決まります。

声を響かせる”体”、”頭蓋骨の形”、”口の大きさ”、”顎の大きさ”、全部違います。

ですから、自分の声は、自分の声として受け入れるしかありません。

「他の誰か」みたいな声にはならないのです。

 

ですが、自分の声を磨いていくことは確実にできます。

私の場合、

か細い声だったのが、よく通る声を出せるようなりました。

カラカラと軽い声だったのが、落ち着いた、説得力のある声を出せるようになりました。

それによって、できる仕事の幅も増えましたし、自分の印象も大きく変わりました。

 

また、自分は「声の美しさそのもの」で勝負できるわけではないので、表現力を磨いたり、「伝える」技術を磨いたりしてきました。

そして、自分の話が「伝わる」ようになると、「声そのものの美しさ・透明感」などは、話す上で問題ではないと気付きました。

 

自分の声が嫌いだったり、声にコンプレックスがある方も、声を磨き、声の印象が変わることで、嫌な思いは薄れていくと思うのです。

 

では、私がよく聞く”声についてのお悩みやコンプレックス”をご紹介しましょう。

  • <女性>「声が低いので、もっと高く明るい声になりたい
  • <男性>「もっと低く太くて、よく響く声になりたい

<女性>「声が低いので、もっと高く明るい声になりたい」

まず、女性のお悩み場合、

本当にその人の本来の声は低いのか?という診断が必要です。

どういうことかと言うと、本来の声はそこまで低いわけではないのに、

  • 呼吸が浅くて話す時の息の量が足りていない
  • 話す時に口角が下がっている
  • 話す時に軟口蓋(口の中の上側)が下がっている
  • 声帯やのどが常に乾燥している

などの原因で、低くて暗い声になってしまっている場合があるからです。

 

そういう方は、話している中で、ふと笑って放った一瞬の声が、高くてよく響く明るい声だったりもするのです。

でもそれは聞き逃してしまうほど一瞬で元に戻るので、全体的な印象としては、「低くて暗い声」となってしまうんですね。

 

ですから、低く暗く聞こえている原因を取り除いていくことで、高く明るい印象の声に変えていくことが可能です。

 

ただ、歌の高音パートのように、無理に「高い声」を出すことはお勧めしません。

あくまでも、その人が一番ラクに出せてよく響く声の高さで話し、明るい性質の声していくのです。

「低い声」と「暗い声」は同じではないことを分かっていただきたいと思います。

低めの声でも「よく響く、明るく、あたたく、つやのある声」で話すことはできます。

 

自分の「声の高さ」ではなく、「声の響き・声の質」に目を向けて改善していけば、印象がガラっと変わると思います。

 

<男性>「もっと低く太くて、よく響く声になりたい」

男性の場合は、か細い声・軽い声をコンプレックスに感じていらっしゃる方が多いようです。

ビジネスなどで説得力が出なかったり、貫禄がない印象になったりしがちですからね。

 

男性の場合は

  • 話す時の息の量が足りていない
  • 力む、テンションが上がる、緊張することで声が上ずる
  • のどを絞めている

ことで、か細い声・軽い声になっている方が多い印象です。

 

その人にとって少し低め声での発声訓練をしていきます。

実は、少し低めの声というのは、のどが開いて、良く響く声が出しやすいので、訓練しやすいのです。

話の抑揚の中で低くなる部分を、その低い声で話すようにすると、全体の印象がグッと変わります。

 

日本語は、単語のアクセントで、声の「高い」「低い」がありますし、

一文の中の抑揚(波)でも、声の「高い」「低い」があります。

例えば、

『昨日から良い天気が続いています。』

という一文の中の、

「昨日(きのう)」は、アクセントとして「き」が低く↓、「の」が高い↑です。

 

また、「昨日」という単語より、「から」という助詞は低く↓なります。

 

文全体としては、文頭の「昨日」から、文の最後「続いています」にかけて低くなりながら、話が収束していきます。

 

このように、適切に抑揚を付けて、最も低く下がる部分で、よく響く声が出るだけでも、

どっしりとし落ち着いた印象になり、か細くて軽い声という印象が改善されます。

 

また、低い声で習得した「響く感覚」を、高めの声でも使えるようになれば、全体的に太く良く通る声に変わっていきます。

 


このように、本来の声そのものを変えることはできませんが、

  • 暗い声
  • 軽い声
  • か細い声
  • 子供っぽい声

などの、声の性質を変えて、声を磨いていくことはできます。

 

声が、”低い・高い”というのは、実際の音の高さではなく、声の印象(響き)でそのように聞こえていることもあるのです。

話す時の声は、歌とは違って、音階(絶対的な音の高さ)は重要ではありません。

高い声・低い声が出ないからといって、問題ないのです。

 

話し声を磨いて、「自分の声が好き」とまではいかずとも、自信を持って話せるようになる人が、一人でも増えてほしいと思っています。