“書き言葉”ではなく”話し言葉”で話しましょう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、“話し言葉”で話しましょう、という内容なのですが、そんなの当たり前だと思われますよね?

 

ですが、プレゼン・セミナー・スピーチなど、人前で話す場面では、“書き言葉”で話している人が、結構いらっしゃるんです。

特に、「説明」する場面では、よく耳にしますね。

 

普段の会話では、普通に“話し言葉”で喋っているのに、なぜ人前だと、無意識に“書き言葉”になってしまうのでしょうか。

 

「緊張感」や「改まった場面」になると、

少し硬い言葉 = ビジネス文書などで使用している“書き言葉”

と、変換されてしまうのかもしれませんね。

 

また、原稿を書いて、それをそのまま読んだり、覚えて話している人は、原稿の“書き言葉”のまま、話してしまうこともあると思います。

“話す”ことよりも、”書く”ことの方に慣れている人も、無意識に“書き言葉”になってしまうようです。

 

やはり、話す場面においては、“書き言葉”で喋ってしまうと、話す側の気持ちが乗らなかったり、聞き手に伝わりづらくなったりするんですね。

 

では、人前で話す場面における、”話し言葉”と”書き言葉”の違いをあげてみます。

 

“書き言葉”で話している例

本システムは、処理の高速化を実現でき、操作性も高いです。

また、従来からの音声遅延の問題も解消でき、ストレスなく利用できます。

上記は、パンフレットに書いてありそうな“書き言葉”です。

音声にも録ってみました。

※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

ここで言う“書き言葉”の特徴の1つは、

『~でき、』

『~しており、』

『~し、』

と、語尾を切って止めること。

 

もう一つの特徴は、漢語(漢字の音読み)の単語を多用していること、です。

ですが、「です・ます」調なので、そのまま話しても、特に問題はないように思われるかもしれません。

 

はい、このまま喋っても「大きな問題は」ないのです。

問題はないのですが、硬いイメージになったり、気持ちがこもっていない話し方になったりして、

聞き手の共感や、親近感を得ることが難しいです。

ということは、聞き手との心の距離が近くならない、ということです。

 

また、“書き言葉”は、漢語(漢字の音読み)の単語が多くなりますから、文字を読む時は良くても、

“話”、つまり”すぐに消えてしまう音”となった時に、聞き間違いが起きたり、一瞬意味が分かりづらかったりすることもあり得ます。

 

そこで、「気持ちを乗せて、分かりやすく、伝わるように話す」ためには、“話し言葉”に変えた方が良いのです。

すなわち、「目の前の一人の人に語りかける時」と同じような言葉で話すのです。

 

“話し言葉”に変えて話した例

こちらのシステムは、より高速に処理できるようになったうえに、操作性にも優れています。

また、これまでの音声が遅延するという問題も解消できておりますので、ストレスなくご利用いただけます。

“話し言葉”は、文字に起こすと、逆に見づらくなったり、理解しづらいですから、音声でもお聞きください。

※音声をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

“書き言葉”

『~でき、』

と、切って止めていたところを、

“話し言葉”では

『~できるようになったうえに、』(追加)

『~できておりますので、』(理由)

と、次に続く言葉への「つながり」を分かりやすく表現できています。

 

また、“書き言葉”から“話し言葉”へは、

『本システム』 → 『こちらのシステム』

『処理の高速化』 → 『高速に処理できるようになった』

『従来からの音声遅延の問題』 → 『これまでの音声が遅延するという問題』

などのように、「話=音」として聞いた時に、分かりやすい平易な表現にしています。

 

目の前の一人の人に話す時、より打ち解けて、分かりやすく話すためには、

硬い表現や、漢語ばかりの表現は使わないのではないかと思います。

 

ですから、人前で話す時にも、「一人の人に」語りかけることを意識した言葉づかいを心がけていただきたいと思います。

 

まとめ

人前でも、自分の言葉で問題なく話せる人は良いのですが、

人前に出ると、文章を読んでいるような“書き言葉”で喋ってしまう人は、

  • 語尾を切って止めることを多用しない
  • 漢語(漢字の音読み)の単語を多用しない
  • ”話”とは、目で見る”文字”ではなく、一瞬で消える”音”であることを認識する

ことに気をつけると、人前でも、もっと分かりやすい、伝わりやすい話ができるようになるでしょう。

 

一人の人に話しかけるようにして、聞き手との心の距離を縮めることは、”伝わる話”にとって、大切なことです。