“受け身”な人ほど、人前で話すにはエネルギーがいる【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

皆さんは、ご自分のことを、”受け身”な性格だと思われますか?

それとも、能動的なタイプでしょうか?


 

もちろん、場面によって、受け身になったり、積極的になったりするとは思うのですが、

特に、何人かで集まった時(会議なども含め)に、あまり発言せずに聞き役が多いタイプの人や、聞き役のほうがラクだと感じる人は、

話す場面では”受け身”のタイプであると言えるでしょう。

 

実は私も、基本的には”受け身タイプ”です。

(レッスン時にこのことを言うと、生徒さんは、ほぼ皆さん「ウソだー」という目で見られます笑)

 

なので、受け身タイプの人の気持ちは、よくわかるのですが、例えば、

知らない人の集団(3〜4人位)の輪の中に、自分から話しかけて入って行くのって、すごく勇気エネルギーもいりませんか?

 

その時の勇気やエネルギーって、プレゼン・セミナー・スピーチなど、人前で話す時にも同じくらい必要だと思うんですね。

 

人前で話すことは、聞き手の輪の中に入っていくこと

人前で話す時に、「緊張している中で頑張って話す」というエネルギーは、もちろん使うと思うのですが、

もう一歩進んで、聞き手の輪の中(聞き手が作っている空間・空気感の中)に、グッと入っていくエネルギーが必要です。


人前で話すことは、ものすごく“能動的”な行為です。

ですから、自分から空気をつかみにいく、自分から情報を伝える、という”能動的な気持ち”がいるんですね。

 

それができないと、なかなか聞き手の心をつかむことができません。

(カリスマ性がある人で、ぼそぼそと話すだけでも、皆が聞き入るような人物は別ですが・・・そういう人は、一瞬で周りを巻き込む空気感を元々持っているんですよね。)



「自分自身の醸し出す空気感(空間)」と、「聞き手の空気感(空間)」が別々のまま話をしても、

聞き手は、どこか”引いた目線”、”第三者的な目線”で聞いてしまい、心の距離が遠いままなのです。

聞き手と、話す側の間に、見えないベールのような壁があって、

聞き手は、なんだか「遠くで話している人を見ている」ような感覚になります。


“受け身タイプ”の人は、人前に立っても、聞き手側にグッと入っていく”力”が弱い人が多いように思います。

 

聞き手の輪に入っていくことは、”強引”になることではない

“受け身のタイプ”の人は、俯瞰して、人のことをよく観察しているせいか、

「聞き手の輪の中に入っていく感じで話すと、グイグイ押しの強い、強引な印象になるんじゃないか」

と心配される方も多いんですね。


確かに、初めに出した例えのように、知らない人達の輪の中にいきなり入っていって、自分の話ばかりをし出すと、嫌がられるかもしれません(笑)

ですが、人前で話す場面では、聞き手は「あなたの話に聞き入りたい」と思っているはずなのです。

 

 

ご自身が聞き手の立場になった時に、よく分かると思うのですが、

「なんだか話に入り込めなくて、興味も持てなくて、他のことをあれこれ考えていた」

という時って、すごく疲れませんか?



逆に、「そんなに興味があったわけじゃないけど、知らず知らずのうちに、話に集中して、時間を忘れていた」

という時のほうが、聞き手としは、すごくラクで充実するんです。

ですから、周りの空気を一瞬でつかんで、聞き手の頭も心もつかんで、話に集中させてくれる人は、聞き手は大歓迎なはずです。

 

なにより、”受け身”のタイプの人は、おそらくどう頑張っても”グイグイ強引な”印象にはなりません(演技でもしない限りは笑)

そういった”自身の性格・性質”の部分って、なぜかちゃんと、話している時の印象として表れるんですよね。



ですから、安心して(?)聞き手の輪の中、空気感(空間)の中に、グッと入りこんで話をしていただきたいと思います。

 



これは、話し始めの第一声から、グッと入るほうが、周りの空気をつかめて、自分自身も喋りやすくなりますので、ぜひお試しくださいね。