話し方が、”残念な印象”の原因になってしまう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、話し方によって、残念な印象を与えてしまう例をご紹介したいと思います。

 

これは、”独特な話し方の癖”のことを言っているのではなく、多くの人がよくやっている”話し方”です。

教室のレッスンでも、私がよく指摘する事柄ばかりですから、かなり多くの人が、残念な印象を与えてしまうような”話し方”をしている、と言えます。

 

“話し方”と一口に言っても、発声の仕方・発音の仕方・抑揚のつけ方など、様々な要素がありますが、

特に人前や、仕事できちんと話す時に、次のような”話し方”をしていないか、気にかけてみてください。

どれも、”残念な印象”を与えてしまいかねない話し方です。

 

  1. 浅い呼吸(胸式呼吸)で話している
  2. 口の中をほとんど開けずに話している
  3. ほとんど抑揚がつかない
  4. 語尾に抑揚がつきすぎる

では、それぞれについて、どんな印象を与えてしまうのか、詳しく書いていきます。

1.浅い呼吸(胸式呼吸)で話している

呼吸は、「声や話し方」にダイレクトに影響します。

特に、普段からデスクワークが多かったり、スマホを長時間見ていたりする人は、上半身が固まって、呼吸が浅くなっていることが多いです。

 

浅い呼吸で話してしまう人は、声が細く、弱々しくなったり、

無意識にこまめに息継ぎをしながら話すので、話の流れが、ブチブチ途切れがちになったりします。

また、抑揚などの話の”緩急”がつかない話し方になりがちです。


気軽な会話をする時には、全く問題ないのですが、

仕事などでしっかりと話さなければいけない場面では、、少し頼りない印象、説得力に欠ける印象を与えてしまう可能性も否めません。

 

話す時の呼吸法を練習したい方は、下記URLからどうぞ。

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法

 

2.口の中をほとんど開けずに話している

ここで論じているのは、口(唇)を大きく開けたり動かしたりすることではなく、

「口の中」が開いていなくて、口の中の空間が狭くなったまま話している、という状態です。

 

口の中の空間が狭いまま話している人は、本当に多いです。

そうすると、滑舌がはっきりしないだけではなく、ちょっと拙い印象、洗練されていない印象になってしまうでしょう。

実際には、しっかりと仕事ができる人であっても、印象としてそう見えなくなることもあるので、

本当にもったいないと思います。

 

口の中の空間を広くとって話せるようになる練習法は、以下のリンク記事をどうぞ。

滑舌を良くして印象も良くなる!聞き手に言葉がはっきり届くようになる練習法①

 

3.ほとんど抑揚がつかない

日本語の抑揚は、「声の高い・低い」でつけるのですが、

抑揚がほとんどつかない人は、棒読みっぽく聞こえたり、話に感情(心)が入っていないように聞こえたりします。

また、聞き手からしたら、話の要点がつかみづらく、ダラダラと話しているように聞こえてしまいます。

そのような人は、取っつきにくそうな印象や、覇気がない印象、内向的な印象を持たれるかもしれません。

 

抑揚のつけ方については、下記のリンク記事をご覧ください。

話に抑揚がないと言われたことありませんか?効果的な抑揚のつけ方のコツ

 

4.語尾に抑揚がつきすぎる

語尾の抑揚というのは、単語の後ろの「助詞」のところに”つきすぎる”人が多いです。

例えば、

『防水性が(↑)高いので(↑)、雨の中でも(↑)、海でも(↑)お使いいただけます。』

というように、助詞のたびに、そこだけが高くなったり、強く発音したりする癖がある人がいらっしゃいます。

「が」・「の」・「を」などの助詞ばかりが目立ってしまうので、話の中の「単語」が聞き取りづらくなり、

言っていることが伝わりにくい話し方になってしまいます。

また、癖がひどいと、聞き手にとっては、耳障りに感じてしまいます。

 

このような癖がある人は、微妙な言い方の違いで、持たれる印象が違うのですが、

語尾が強く伸びるタイプの人は、押しが強い印象・上から言い聞かせているような印象を持たれたり、

語尾が軽く上がるタイプの人は、自信のない印象を持たれたりすることがあります。


語尾の癖を直すには、以下の記事の方法を試してみられることをおすすめします。

話の中で大事なポイントを確実に伝えるコツ

 


話し方を決める様々な要素は、そのすべてが、”印象”に直結しています。

「話し方」は、「話す内容」以上に、その人の印象を決定付けてしまうという研究結果もありますね。

ですから、せめて”残念な印象”を持たれることを回避できるように、ご自身の話し方を、客観的視点でチェックしていただきたいと思います。