話すのに自信がない人は、パーソナルスペースを突き破ろう!【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

皆さんは、「パーソナルスペース」って聞かれたこと、あるでしょうか?

他人に近づかれると、不快に感じる空間のことですね。

ビジネス上での関係であれば、相手とは1mほどか、それ以上距離をとって話すのが、快適な空間になるでしょうか。

ごく親しい人とは、パーソナルスペースが狭くなって、手がすぐに触れる距離で話しても、不快に感じないんですよね。

 

ということは!



相手に届く声(聞こえる声ではなく、心に届く声)で話すには、

ごく親しい人に対しては、物理的距離が近いので、声を届ける範囲が狭くていいけれど、

ビジネス上で話す時には、最低1mほどは、声を相手側へ届けなければいけない

ということです。

 

ですが、これとは逆のことが起きてしまうんですね。



つまり、ごく親しい人と話す時には、相手のパーソナルスペースまでグッと入っていくような声になるけれど、

ビジネス上で話す時には、自分のパーソナルスペースの中だけで話してしまっている人が多いんです。

 

相手まで声(話・気持ち)が届いていかないんですね。

 

 

そして、そのことに、話しているご本人が、気づいていないことが多いです。

 

そうすると、声はまぁ聞こえているけれど、なんだか説得力がなかったり、印象に残らない話になってしまいます。

聞き手は、自分に対して言われているように実感できず、心に響かないんです。

 

人前で話す時には、さらに顕著に

コミュニケーションが苦手でない人は、1対1の対話であれば、相手まで届く声でお話をされることもあります。

ですが、人前や、複数人の前になると、声(話・気持ち)の届く範囲が、一気に狭くなってしまいます。

 

私のイメージとしては、話しているご本人の周り10cmくらいの空間にしか、”話”が行き渡ってなくて、

聞き手が、それを遠巻きに見ているような状態です。

 

聞き手としては、「話を聞いている」というより、「見ている」感覚のほうが強くなってしまうんですね。

 

それを感じると、話している側は、余計に委縮して、ますます声が届く範囲が狭くなる・・・

自分のパーソナルスペースに閉じこもってしまう、という悪循環が起きます。

 

まずは、気づこう

まず、話す時のご自分の声(話)が、相手のパーソナルスペースまで届いているのか、気にかけてみてください。

話していて「自信がなさそう」「控えめ」「おとなしそう」に見えてしまう人は、大抵、声が聞き手まで届いていないのです。

 

聞き手が、一所懸命、耳と頭を使って”聞いてあげる”ような話は、聞き手を疲れさせてしまいます。

そんな話は、聞き手にとって不親切だと理解しましょう。

話す時には、こちらから声や話を”届ける”ことをしなくては、受け取ってもらえないのです。

 

声を聞き手に届けるには

聞き手の心まで届く声で話すには、まず考えるべきは、声のボリュームではありません。


きっと、声のボリュームだけを調整しても、現状は変わらないでしょう。

大事なのは、話を”相手まで届ける気持ち”です。

自分の発した声が、自分のパーソナルスペースを突き破って、相手側のスペースまで、入っていくイメージで話しましょう。

 

そうすると、声のボリュームも、自然と、聞き取りやすく調整されてきます。

 

この時の「声」や「届ける気持ち」は、相手のパーソナルスペースへ入っていっても、不快ではありませんので、安心しましょう。


むしろ、そのほうが聞き手は大歓迎なのです。

自分から頑張って受け取りに行く”話”は、疲れますよね。

自然と耳に入ってくる話のほうが、心地よいのです。

 

まとめ

話すのに自信がない人が、無理やり自信を持とう!と頑張るのは、なかなか難しいと思います。

ですから、まずは自分の話をしっかりと「届けよう」と努力するのをおすすめします。

 

そのためには、自分のパーソナルスペースを突き破って、ちゃんと相手側まで届くようにお話しましょう。

聞き手の人数が多い場合には、聞き手全員を一人の”人”とみなして、

その大きな”人”のパーソナルスペースまでグッと入って届けられるようにお話しするのです。

 

声(話)がしっかりと聞き手まで届くと、話す側が自信があろうが、なかろうが、ちゃんと聞いてもらえる空気ができます。


その経験を積み重ねることで、話す自信がついていくのです。