人前で話す”自信”をつける方法とは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

気軽な会話は楽しくできるけれど、

人前(複数人の前)でしっかりと話すのは、全く自信がない・・・という方は、よくいらっしゃると思います。

 

実は、私もそのタイプです。

 

・・・と言うと、20年以上も”話すプロ”として仕事をしてきたのに!?と驚かれるのですが、

何年アナウンサーをしてきたって、何度も大勢の前で話してきたって、“自信”ってつかなかったんです。

 

これは、性格的なものもあるかもしれません。

 

経験を重ねて、自分のスキルが上がるほど、「もっとこうなりたい!」という目標も高くなっていきます。

そうすると、ずっと「まだまだ」な自分がいるのですよね。

 

また、これまで何度もうまく話せたからといって、今回もうまく話せるとは限りません。

 

話す場面では、毎回毎回、聞き手も、話す内容も、場面も、そして自分のコンディションも微妙に違うわけですから、

常に”初めての状況”です。

 

プラス、私の場合は、(元)アナウンサーという「出来て当たり前」のフィルターがかかりますから、

聞き手のその期待に応えて、つねに完璧に聞き手の心をつかんで話せる”自信”なんて、ないわけです。

 

 

・・・と書くと、結局自信ってつかないのか・・・と、がっかりされますか?(笑)

 

でも、自信はないけれど、”確信”はあります

それは、「自信はないけれど、それは置いておいて、取りあえずやってみたらなんとかなる!」という確信です。

 

これは、経験からくる確信ですね。

でも、「なんとかなる!」には、条件があるんです。

 

「なんとかなる」”確信”のための条件とは?

「なんとかなる」ための条件も、私は経験から見出しました。

 

それは、

『自分のためではなく、聞き手のために話せば』

という条件です。

 

つまり、人前で話す時の”確信”をもっと掘り下げて表現すると、

『自信はないけれど、それは置いておいて、聞き手のために話せば、なんとかなる!』

ですね。

 

 

経験から見出した条件、と書きましたが、20年以上アナウンサーの仕事をしてきた中で、

聞き手のために話すことができた時には、ほぼ100%うまくいくけれど、

それが出来なかったときは、失敗してきたのです。

 

「それが出来なかったとき」とは、”不要な自我”があるときです。

  • (自分が)ダメなやつだと思われないように・・・

  • (自分が)褒められたい・・・

  • (自分が)上手に話したい・・・

  • (自分が)何を言おうか・・・

など、気持ちが”自分”に向いている時には、失敗するんです。

 

これは、どれだけ話す経験を重ねたとしても、話が上手くなったとしても、失敗します。

 

ですから、「人前で話す経験が少ないから自信がない」という方がいらっしゃいますが、

“自信”も”経験”も関係ないと思うのです。

 

聞き手のために話すことができれば、なんとかなります!

 

聞き手のために話す、とは?

人前で話す経験が少ない方は、「聞き手のために話す」ということが、具体的に想像できないのだと思います。

 

聞き手のために話すとは、大きな意味では、情報を提供することです。

 

そして、限られた時間で、正確に情報を提供するためには、

  • しっかりと届く、聞き取りやすい声

  • 聞き間違いの起きない発音

  • すぐに理解しやすい言葉

  • 分かりやすい速さ

  • 聞き手がイメージしやすい表現

  • 聞き手が知りたいであろう内容

  • より有益な情報に活用できる順序

話していく必要があります。

 

こちらが話をして、聞き手が行動してくれるということは、

提供した情報が、聞き手にとって必要だと思ってもらえて、情報を有益に活用しようと思ってもらえた、ということです。

 

つまり、聞き手の心が動いたんですね。

 

このように、”話し方のスキル”をつけるのは、”まずは聞き手のため”であり、巡って自分のためになるのです。

 

なんとかなっても、反省点はある

「聞き手のために話すことができれば、なんとかなる!」と書きましたが、

「なんとかなる!」とは、「失敗はしない」ということであって、

「上手に話せる」ことでも「完璧に話せる」ことでもありません。

 

そもそも、”話”に完璧なんてものはありません

 

「上手に話そう」「完璧に話そう」と思って話すこと自体が、そもそも聞き手のほうを見ていないので、失敗の元なんですよね。

 

なんとかなっても、もちろん自分では「うまくいかなかった」と思うところはたくさんあるものです。

 

それで、いいのですね。

そうやって、反省点を見つけて、次につなげていくことが”経験”だと思います。

 

人前で話す自信をつける方法とは?:まとめ

今回のタイトルは、「人前で話す自信をつける方法とは?」でしたが、

「自信がない・ある」という論点自体が、そもそも視点が「自分」の方を向いているんですよね。

 

ですから、

「自信がある・ないには、そもそも意識を向けない」

「聞き手のために話したら、なんとかなった!という”経験”をたくさん積み上げて”確信”にすること」

が大事なんじゃないかと思います。

 

話す自信がなくても、とりあえずそれは置いておく、ということですね。

聞き手にとっては、関係ないですから。

 

聞き手のために、情報を提供する気持ちを大切にお話をして、”確信”をつかんでくださいね。