話がぼんやりして説得力がない原因とは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

きちんと話されているのに、聞いていてなんだか説得力に欠ける人がいらっしゃるんです。

話している内容は理解できるけれど、聞いていて”納得感”がない状態ですね。

 

その原因の一つとして、“話のつながり”が関係していると思い当たりました。

 

細かい部分で、話がつながっているようで、つながっていないんですね。

 

そのため、聞き手がすんなり納得したり、腑に落ちたりするための”話の道筋”が、太く明確になっていないんです。


 

では、例題をあげてみたいと思います。

 

微妙につながっていない”話”

まずは、つながっているようで、微妙につながっていない”話”の例をあげてみます。

オフィスにおいても、「CO2排出量の削減」を目標にすることになりました。

そこで、皆さんには、クールビズ・ウォームビズの活用と、

昼休みや残業時間帯の不要照明の消灯にご協力をお願いします。

 

上記の”話”の例では、必要最低限のことは言っていますね。

でも、話がつながっているようで、つながっていないのが、お分かりいただけますか?

 

ここは、まず、オフィスでの目標として、「CO2排出量の削減」をあげています。

そのうえで、皆さんにやってほしいことを2つ言っています。

「クールビズ・ウォームビズの活用」と、「不要照明の消灯」です。

 

CO2排出量の削減 ⇒ クールビズ・ウォームビズと、不要照明の消灯

という話の流れが、内容としては、齟齬がないです。

話を聞いている方としても、おかしいとは思いません。

 



ですが、①⇒②をつなぐ”情報”が抜け落ちていて、聞き手の知識と推察に頼った内容になっているのです。

 

聞き手が、じっくりと内容を吟味できる時間があるならいいのですが、

“話”という、短い情報がすぐに流れていく場面では、

聞き手の頭が追い付かずに「なんとなくは分かるけれど、ぼんやりとした納得感のない話」になりかねません。

 

 

情報と情報に、はっきりと”つながり”を持たせる

先にあげた例では、本来なら、下記のようにAとBの情報を挟むことで、やっとがつながります。

 

CO2排出量の削減 ⇒ A.火力発電所から出るCO2を減らすための節電 ⇒

⇒ B.オフィスでエアコンや照明の使用を減らす ⇒ クールビズ・ウォームビズと不要照明の消灯

 

 

そこで、”話”の中にも、A・Bの情報を適切に盛り込んでみます。

 

オフィスにおいても、「CO2排出量の削減」を目標にすることになりました。

CO2を削減するために、オフィス内で取り組めることといえば、節電です。

そこで皆さんには、エアコンの温度設定を抑えるために、クールビズ・ウォームビズを活用していただきたいと思っています。

また、昼休みや残業時間には、いらない電気は消していただくように、ご協力をお願いします。

上記の”話”で、内容として付け足したのは、青字部分です。



情報を少し付け足したことで、

「CO2の削減」という目標に対して、行動「クールビズ・ウォームビズ」「不要照明の消灯」がすんなりとつながりました

 

このように、情報と情報との間に、はっきりとしたつながりを持たせるように話すことで、

聞き手は難なく納得できたり、説得力のある話になったりするのです。

 

まとめ

話をする時に、「情報と情報とをつなげるための言葉」がないせいで、

なんとなくは分かるけれど、納得感に欠ける話になっていないか、気を付けてみましょう。

 

これは、長々と話を付け足す必要は全くなくて、

ちょっとした一言、ちょっとした情報を盛り込むだけで、格段に分かりやすくなったり、説得力が出たりするものです。

 

情報の”つながり”をあいまいにして、聞き手の知見や想像に頼ったりせず、一本筋の通った話をしたいものです。