人前でスラスラ話せることを”良し”としないで!【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

話すのが苦手な方は、人前でも「スラスラ話せるようになりたい」と思っていらっしゃることがあるんですよね。


気持ちはとても分かります。



ちょっと緊張した状態で、とっさに自分の言葉で話そうとすると、

  • 言葉に詰まる
  • 言うべきことを忘れる
  • 文脈がおかしくなる
  • 話の道筋がそれる

などで、自分でも何を話しているのか分からなくなったりする、というお悩みをよく聞きます。

 

ですから、人前でもスラスラと言葉が出てきて、滞りなく話せるようになりたいんですよね。

 

自分の言葉では話せないからと、原稿をきっちり書いて、それを読む人もいらっしゃいます。

それは全く否定しないのですが、

「原稿を書いて、何度か練習して読めば、スラスラ話せるので、そんなに問題ない」

「原稿なしで、自分の言葉で喋らなきゃいけない時は、スラスラ話せないのでダメ」

とは、思わないでいただきたいのです。

 

併せて、「スラスラ話せる」=「上手く話せている」という認識も、間違っていると気づいてください。

 

 

スラスラ話せてもダメなワケ

「スラスラ話せる」を具体的に言うと、きっと

「言葉に詰まらず、滞りなく、キレイな文章で話せていること」

なのではないでしょうか。

 

イメージとして、アナウンサーのニュース読みに近い感じでしょうか。

 

でも、「言葉に詰まらない」ことも、「滞りなく話す」ことも、「キレイな文章で話す」ことも、

実は、話が伝わるかどうか、とは関係のないことなんです。

 

つまり、スラスラ話せたからと言って、話が伝わっていないことも多々あるということです。

 

スラスラと話せていても、

  • 聞き手にとって最適な「間(ま)」をとっていない

  • 話すスピードが速い

  • 抑揚が適切についていない

  • 声に感情が乗っていない

  • 話を効果的に組み立てられていない

ような場合には、決して伝わる話にはなりません。

 

 

「スラスラ話せる」ことは、聞き手にとっては特に良いことではなく、

残念ながら話す側の自己満足にすぎないのです。



(ちなみに、アナウンサーのニュース読みは、スラスラと話してはいますが、

抑揚・間・スピード・出来事を伝える声の変化など、適切に表現をつけています。念のため。)

 

 

つたない話し方が、必ずしもダメではない

反対に、とっさに自分の言葉で、言葉に詰まりながら話したとしても、

結果的に言いたいことが伝わることもあります。


自分の言葉で一生懸命話しているわけですから、そこには気持ちや意図が表現されやすくなるんですね。

 

とつとつと話しても、キレイな文章にならなくても、話がきれいにまとまっていなくても、話す側の意図が伝わればよいのです。

 

 

自分では、全然うまく話せなかった・・・と思うかもしれませんが、

聞いている方としては、ただ原稿をスラスラと読まれているよりも、伝わってくる場合があることを

ぜひ分かっていただきたいと思います。

 

まとめ

話すスキルをつけたいと思われている方は、

「スラスラと話す」ことを目標にするのではなく、不器用でも伝わる話ができることを目指しましょう。

 

また、原稿をスラスラと読みながら話せたことを、ご自分の中で「合格」としないでいただきたいのです。

 

魅力的にスラスラと話しているように見える人は、

実は、話の中に、もっと大切な「話す目的」や「聞き手を想う気持ち」を持って、表現できています。

 

 

あんな風に話せるようになりたいな、と思える人がいたら、その人の話の中に、「スラスラ」以外の要素を見つけてみて下さい。