人前で話すことは、最高のコミュニケーション【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

人前で話すことに、苦手意識がある方も多いですよね。

 

人と気軽に会話を楽しむことはできるけれど、人前で話すのは緊張してダメ!というお話をよく聞きます。

 

 

普段、周りの人とコミュニケーションも取れて、楽しく会話できるのに!?と驚くのですが、

ご本人にとっては、「会話」と「人前で話す」ことの”違い”は、とてつもなく大きいんですよね。

 

 

人前では、みんなから見られている!?

普段の会話と違って、人前で話す場面では、みんなから見られているのが緊張する、とおっしゃる方もいます。

 

確かに、その通りですね。

単純に”目”の数は多くなります(笑)

 

では、ちょっと振り返っていただきたいのですが、

普段、会話をして、コミュニケーションをとっている時、相手から「見られている」ことを意識されていますか?

 

意識する場面もあるかもしれませんが、

どちらかというと、「コミュニケーションの中身」の方に集中しているのではないでしょうか。

 

相手が何を言っているのか?を、言葉だけでなく、表情や声色から察するでしょうし、

自分が話す時にも、「言いたいこと」を一生懸命に、言葉や非言語(声や表情や身ぶり手ぶり)で伝えていると思います。

 

自分が見られてるんじゃないか!?と思っていたら、相手との会話に集中できなくなりますよね。

 

また、相手が違うことを考えながら、適当に会話をしているなーと感じると、

コミュニケーションをとる気持ちが一気に冷めてしまうのではないでしょうか。

 

 

人前で話すことは、コミュニケーションの対象が複数人になるだけです。

ですから、話す側は、一生懸命に伝えていけばいいだけなんですね。

 

普段の気軽なコミュニケーションと、なんら変わりません。

 

対象が多くなる分、伝えようとする”エネルギー”は必要になります

 

 

そして、話す側が一生懸命に伝えようとすると、

聞き手は、話す人のことを「見ている」のではなく、話している言葉や、声の表現や、表情・醸し出す雰囲気などから、

言いたいことを読み取ろうとしてくれるのです

 

反対に、話す側が「見られている!」と感じながら、聞き手とのコミュニケーションに集中できていないと、

聞き手はそれを感じ取って、一気に”話を聞く気”が失せてしまうんですね。

 

 

コミュニケーションには、”非言語”の部分が大切

よく言われることですが、対人コミュニケーションにおいて、”言語”つまり話の内容や言葉そのものよりも、

表情・声色・ジェスチャー・目線などの”非言語”が重要だと言われています。

 

“非言語”で伝わってくるものを、相手の気持ちだと読み取るんですね。

それは、普段の会話では、よく実感できることだと思います。


悲しそうな表情と声色で「幸せだよ」と言われても、

言葉よりも、”非言語”から伝わってくる相手の気持ちを”本当”だと思うでしょう。

 

となると、1対多のコミュニケーションである、「人前で話す」場面でも同じです。

話す側が、どれだけ良い内容のことを話しても、それが声や表情などに表れていなかったら、聞き手は受け取ってくれません。

 

話す内容と、”非言語”の表現が一致しているからこそ、聞き手の心をつかむ話ができるのです。

 

また、コミュニケーションですから、話す側も、聞き手の”非言語”な情報を察しようと努めましょう


話が分かりにくいのか、しっかりと伝わったのか、説明が足りないのか、聞き手の”非言語”を読みとりながら話すのです。

 

そこをしっかりと見ようとすれば、聞き手は、目線や動作や表情で、表現しているのが分かるはずです。

 

 

 

まとめ

人前で話すことは、話す側 → 聞き手への”一方通行”だと思われがちです。

情報(話す内容)についてはそうかもしれません。

が、心は双方向に通い合うのです。

 

会話において、相手と共感し合えたり、気持ちが通じたりしたら、嬉しい気持ちになるように、

人前で話す場面でも、聞き手に伝わって、共感してもらえたり、心を動かしたりできれば、大きな喜びになります

 

聞き手の人数が多ければ、それだけ返ってくるもの(心が通じた喜び)も大きいのです。

 

人前で話すことは、最高のコミュニケーションだと言えるのは、そのためです。

 

多くの人に伝えようとするエネルギーは必要ですが、それ以上に、聞き手からエネルギーをもらえるような気持になれます。

 

人前で話すことが苦手な方は、ぜひ聞き手との”コミュニケーション”を楽しむつもりで、お話をしてみてくださいね。