ふだん気楽な会話しかしない人が、急に人前で話すときに足りないもの①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

 

普段、仕事でもプライベートでも、気軽な「会話」しかしてこなかった人が、

急にプレゼンやセミナー講師、スピーチなどをしなければいけなくなった時…

 

慣れてないから、どうしよう!と思いますよね。

 

 

「会話ではなく、自分主導で話す」という、今までやってこなかったことを、急にすることになった人は、

「経験」以外にも、足りないもの(足りなくなってしまうもの)があるのです。

 

それは、

  1. 主語や目的語


です。

 

 

今回はまず、人前で話す時に「1.主語や目的語」が足りなくなってしまうことについて、書いていきます。

 

 

 

主語や目的語が”足りない”とは?

これまで、気軽な会話しかしてこなかった人に多いのが、話の中の主語や目的語が抜けてしまうことです。

 

これは、日本語の”会話”は、主語や目的語を省いても、通じるからなんですね。

 

 

例えば、次のような会話を考えてみましょう。

 

気軽な会話の例

B:『それ何?』

A:『麦茶。』

B:『好きなの?』

A:『好きというか、熱中症対策かな。飲めって言われて。』

B:『お母さんに?』

A:『そう。ミネラルがいいからって。自分でも飲んでるし。』

 

このように、気軽な会話では、主語や目的語、場合によっては述語まで省いて話しても、

会話が成立するんですね。

 

こういった感覚のまま、人前で、自分主導で話そうとする時に、

「述語」は、述べないままだと、話が尻切れトンボになってしまうので、

なんとか付け足して話そうとするものです。

 

 

ですが、「主語や目的語」は、ふと抜けてしまう場合も多いのです。

 

主語や目的語が足りなくなった話の例

『麦茶が、好きというより、熱中症対策で、言われて飲んでいるんですが、

ミネラルがいいそうで、一緒になって飲んでいます。』

 

このように、誰が?誰に?何の?何に?という情報が抜け落ちてしまって、

全体的に分かりにくい話になってしまいます。

 

自分の頭の中では、「当たり前に分かっていること」を口にしていなくて、

情報が足りなくなることもあるでしょう。

 

会話であれば、やりとりの中で理解できていくことも、

自分主導で長く話す場面では、話があいまいなまま流されてしまう結果になります。

 

 

今回の例は、簡単な内容だったのですが、

これが、ちょっと複雑なことを説明をしなければいけない場面だと、理解できない話になってしまいますね。

 

 

では、主語や目的語を省略することなく、しっかりとお話した場合はどうなるでしょうか。

 

自分主導分かりやすく話す場合の例

私は麦茶を飲んでいますが、


好きだから飲んでいるわけではなく、母から勧められて、熱中症対策として飲んでいます


母いわく、麦茶に含まれているミネラルが、熱中症の予防に有効だそうです。


そこで、親子で一緒に飲んでいます。』

となるでしょうか。

 

紫の文字部分が、会話では省かれていた言葉です。

 

 

まとめ

このように、気楽な会話では、主語や目的語を抜いた「単語だけ」でも通じるので、

その癖が抜けないままだと、人前でしっかりと分かりやすく話すことができません。

 

自分主導で話す場合でも、「主語」は抜けても分かる場合がありますが、

目的語は、省略しないのがいいですね。

 

 

言葉が足りなくならないように、気を付けてみましょう。


 

以下のリンク記事に続きを書いています。

ふだん気楽な会話しかしない人が、急に人前で話すときに足りないもの②

 

ふだん気楽な会話しかしない人が、急に人前で話すときに足りないもの①【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。