すぐできる!滑舌が良くなってハッキリ発音できる方法【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、話すときにボソボソと喋りがちになってしまう人に向けて、すぐにできる改善法をお伝えします。

 

ハキハキ話せていない自覚のある人や、はっきり発音できないために、よく聞き返される人にも有効です。

 

最近ではマスクをしたまま話すことが多くなりましたから、

はっきり発音できないと、言葉が届きにくくなりましたよね。

 

 

ボソボソと話す人は、口が開いて(動いて)いないんですね。

 

ですから、ものすごく滑舌が悪いわけじゃないけれど、はっきり聞き取れなかったり、

自信のない印象を与えてしまったりします。

 

 

そこで、すぐに改善できる方法として試していただきたいのが、

「円形に集まった人の、真ん中に立って話すイメージをする」ことです。

 

 

円形に集まった人の、真ん中に立つとは?

すなわち、聞き手が目の前にもいるし、左右にもいるし、真後ろにもいる状態をイメージするのです。

 

そして、その人たち全員に向けてお話するんですね。

もちろん、顔も体も前を向いたままです。

 

これだけで、ちょっと滑舌が変わって、言葉がはっきり聞こえるようになります。

不思議なんですが、ホントです。

 

では、なぜこれだけで、言葉をはっきり発音するようになるのでしょうか?

 

 

普段、私たちは、前や横にいる人に向けて話すことがほとんどで、

話しながら「斜め後ろ」や「真後ろ」なんて意識しません

 

つまり、後ろ方向に話を届けることって、ほとんどないんですよね。

 

そうすると、「自分の前側にいる人に話す時の口の動かし方」が、自分の中での”標準”になっています。

 

何も意識しないと、その”標準”となっている口の動かし方で、ボソボソと喋っちゃうんですね。

(電話で話す時も、”前だけ”を意識していると思います。)

 

 

でも、斜め後ろや、真後ろにいる人にも、言葉を届けようとすると、

「これはいつも通り喋っても、聞き取れるわけがないぞ」

という意識が、ご本人の自覚なしに、勝手に働きます。

 

そのため、無意識のうちに、ちょっと口が動いたり、声の響きに広がりが出て、言葉がはっきりするんですね。

 

 

少しの変化が、大きな印象アップに!

実は、声の響きも、滑舌も、ちょっとしたことで変わるんです。

 

もちろん、発声や滑舌などの訓練をすれば、いつも安定してはっきり話せるようになりますが、

ちょっとしたイメージや、心の持ち方で、「すぐに」変わる部分も多々あるんですね。

 

そして、そうやって滑舌や声の響きが少し変わるだけで、

その人の印象や、話の分かりやすさや聞きやすさは、格段にアップするのです。

 

 

つまり、本人としては大して変わっていないように思えても、

傍から見た時に受ける印象、特に第一印象が大きく変わってきます。

 

ですから、「大して変わらない」と思わないで、やってみましょう。

 

 

話しながら、”輪の中心”を意識するのが難しいときは

話すことに必死になってしまうと、ついつい普段のクセが出てしまって、

なかなか「円形に集まった人の、真ん中」をイメージできないこともあるでしょう。

 

 

一つの方法ですが、

自分の背中に「もう一人の自分」がいて、常に第三者目線で、自分の話を聞いている

というイメージをすると、



“後ろ”を意識しやすいばかりか、自分の話し方を俯瞰的に聞くことができて、ヘンに焦らなくなる効果もあります

 

イメージしやすいもの、しにくいものは人それぞれですが、

「前側」だけではなく、常に自分の「後ろ側」も意識して、言葉を届けるようにすると、

それだけで、「すぐに」ちょっと滑舌がよくなりますよ。

 

お試しくださいね。