“言いまわしの表現”を変えるだけで、言いたいことがもっと伝わる!【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、「言いまわし表現」の力について、ご紹介したいと思います。

同じ言葉を使っていても、「言いまわし表現」を変えるだけで、言いたいことがもっと伝わるようになります。

 

言葉の語彙力と同じくらい、「言いまわし表現」は、話すための財産なのです。

 

では、例をあげてご紹介しましょう。

 

例1:結論に説得力を持たせる言いまわし

効果的な言いまわしを使っていない

商品の開発過程で、何度も失敗を繰り返しまして、

皆様にご満足いただける商品が出来上がりました。

上記の話では、「開発過程で失敗を繰り返してきた」という事実を述べているだけのニュアンスになっています。

 

これは、話す側としては、「多くの失敗が成功につながったのだ」というニュアンスが、

「伝わるだろう」と思って、こんな風に話していることも多いのです。

 

ですが、”話”というのは一瞬で消えてしまうものです。

その一瞬で、細かいニュアンスまで汲み取ってくれる聞き手は少ないでしょう。

 

 

実際、「なんとなく言いたいことは分かるような気もするけど、そのまま流す」

という聞き手が多いのではないかと思います。



次の話が始まったら、それを聞くことに意識が移るので、

前の話がどんなニュアンスだったのか汲み取ることなど、頭から消えてしまうんですね。

 

つまり、細かいニュアンスは、表現しないと伝わらないのです。

 

ここでは、「何度も失敗した」という”大変だったアピール”をしたいわけでも、自虐したいわけでもなく、

「失敗が成功につながった」というニュアンスを表現するために、失敗話を出しているはずです。

 

そこで、次のような言いまわしではどうでしょうか。

 

 

効果的な言いまわしを使った

商品の開発過程で、何度も失敗を繰り返してきたからこそ

皆様にご満足いただける商品が出来上がりました。

ちょっとした言いまわしを変えただけで、

「失敗が成功につながった」というニュアンスがストレートに表現できるようになりました。

 

 

また、それを強調できる言いまわし表現でもあるので、

聞き手の中での「商品の価値」が上がって、「満足できる商品」であることに説得力が出るんですね。

 

 

 

例2:デメリットを認めてメリットに転化する言いまわし

効果的な言いまわしを使っていない

こちらの商品は、時間とコストをかけて開発しましたので、

皆様にご満足いただけるものになりました。

上記の話では、「開発に時間もコストもかかった」という、いわばデメリットを

「ご満足いただける」理由として述べています。



これも、言いたいニュアンスを聞き手が汲み取ってくれるよう、聞き手にゆだねているのがお分かりでしょうか?

 

本来は、「時間もコストもかかったんだから、それだけ当社の努力が詰まっている」

というニュアンスを伝えたいはずです。

 

それが、話の表現に表れていない例ですね。

 

では、これも、全く同じ言葉を使って、次のように表現してはどうでしょうか。

 

 

効果的な言いまわしを使った

こちらの商品は、開発に、時間もコストもかけた分

皆様にご満足いただけるものになりました。

少し言いまわしを変えただけで、「時間やコスト」というデメリットが、

「満足いただける」ことへそのまま転化される表現になります。

 

つまり、デメリットが、まるごとメリットへ変わったことを、直接的に表現できるのですね。

 

 

まとめ

このように、使う単語などはそのままに、

ちょっとした「言いまわし表現」を変えることで、言いたいことがダイレクトに伝わるようになります。

 

このような「言いまわし」を、自分の中に蓄えて、”話”の中で使えるようにしなければなりません。

 

自分の言いたいこと、伝えたいニュアンスを、的確に・ストレートに表現できるように、

言いまわし表現を身につけておきましょう。



以下のリンクより、メルマガにご登録いただくと、効果的な言いまわし表現を50個お届けします。

50の表現をまとめたPDFもダウンロードしていただけますので、ぜひご活用ください。

話し下手から卒表!プレゼンやセミナーでの「伝わる言いまわし表現」テンプレート50




 

“言いまわしの表現”を変えるだけで、言いたいことがもっと伝わる!【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。