時系列(現在・過去・未来)で話す時の注意点【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

仕事で報告をする時や、説明をする時などにも、

時系列に沿って話していくことが、よくあると思います。

 

また、過去のこと、現在のこと、未来のこと、などを対比させて話したり、

すでに完了したこと、完了していないことなどを、並べて話すこともあるでしょう。

 

その時の話し方に注意しないと、言っている内容が伝わらない、分かりにくい話になってしまいます。

 

 

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、グッと分かりやすくなりますので、

そのコツを書いていきたいと思います。

 

 

文法上の「過去」・「現在」・「未来」

まず、文法上での表現として、

  • 「過去」…〇〇でした。
  • 「現在」…〇〇です。
  • 「未来」…〇〇でしょう。

のような、文末の表現がありますね。

 

文章であれば、この文末の表現によって、いつのことを言っているのか分かります。

 

もちろん、”話”でも分かるはずなのですが、

“話”は、次々と流れて消えていくという特性がありますから、

聞き手の耳にしっかりと内容が残るように工夫しないと、

「今、いつのことを言っているのか」「何がいいたいのか」が分かりにくくなってしまうのです。

 

一つ例をあげましょう

 

時制がはっきりしない話の例

①5年以上かけても、会社から求められていた商品を開発することが出来ませんでした

②それが、やっとこの商品を発売することが出来ました

③消費者の意見をフィードバックして、改良を続けていきます

上記の”話”では、文末の文法だけを単純に見ると

①と②が「過去」のこと

③が「現在」のことを言っているように見えます。

 

でも実際には、話し全体のニュアンスから読み取ると

①が「過去」

②が「現在」または「ごく近い過去」

③が「未来」

のことを言っているのですね。

 

これを”文字”ではなく、“話”として聞いた時には、話のニュアンスを読み取ることが難しくなって

「いつのことを言っているのか」が分かりづらくなってしまうんですね。

 

 

 

現在・過去・未来を明確に伝えるには

「いつのことを言っているのか」

「事象がどう移り変わっているのか」

を的確に伝えるコツは、『いつ』を表す言葉をしっかりと話の中に入れることです。

 

先ほどの例でやってみましょう。

 

1.『いつ』を表す言葉を入れる

これまでは、5年以上かけても、会社から求められていた商品を開発することが出来ませんでした。

②それが、今月、やっとこの商品を発売することが出来ました。

これからは、消費者の意見をフィードバックして、改良を続けていきます。

このように、『いつ』を付け足すだけで、”話”として分かりやすくなるのです。

 

これは、「言わなくても当然分かるだろう」と思わずに、あえて付け足すことが、話す上では大切です。

 

さらに、言葉や言いまわしを変えて、対比を強化することで、一層、事象の移り変わりが伝わるようになります。

 

また同じ例でやってみましょう。

2.言葉や言いまわしを変えて対比を強化する

①これまでは、5年以上かけても、会社から求められていた商品を開発することが出来ませんでした。

②でもついに今月、長年の努力が実って、商品の発売までこぎ着けることが出来ました。

とはいえ、これから、消費者の意見をフィードバックして、改良を続けていくつもりです

上記では、②のところで、

元々『やっと』とだけ言って表現していたニュアンスを、

『ついに』『長年の努力が実って』『こぎ着ける』という表現を使って、

①の「長かった過去」と、②の「現在」との対比が、一層伝わるようにしています。

 

 

また、③のところでは、

「目標は達成したけれど、まだ努力し続ける」というニュアンスを、

『とはいえ』『つもりです』などの表現で、付加しました。

 

 

こうすることで、②の「現在」と、③の「未来」との対比もはっきりします。

 

このように、”話”をする時には、

「いつのことなのか」や「移り変わりの対比」が分かる表現を、重ねて入れることで、やっと、

時間の流れや、言いたいニュアンスが伝わるようになるのです。

 

それくらいしないと、“話”は、一瞬で流れ去ってしまうので、聞き手の印象に残りにくいのです。

 

まとめ

このように、時系列にそった話をする時には、

文法上での過去形・現在形・未来形だけに頼った表現だけでは、

的確に伝えるためには、”弱い”のですね。

 

 

また、過去・現在・未来と並べて話すからには、そこから伝えたいニュアンスがあるはずです。

 

それを表現できる言葉や、言いまわしを身につけて、的確に付け加えられるようになりましょう。

 

そうやってやっと、誤解されずに、聞き手の中に残る話となりうるのです。