“自分の言葉”は、一番伝わる力がある【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回のタイトル「自分の言葉は、一番伝わる力がある」とは、どういうことなのか、

まずは、例を挙げてみましょう。

 

今回の内容を、動画で端的にご覧になりたい方はどうぞ↓


どちらの言葉が、心が動きますか?

コーヒー豆を買いに行った時に、店員さんに、

A『この豆は、フルーティーな酸味と甘みのバランスがよくて、豊かなコクもありますから、

多くの人に愛される味わいです。』

 

と紹介された時と、

 

B『この豆は、苦みは少ないですけど、コーヒー本来のコクもあるし、ほのかに甘いので、

普段ブラックでは飲まない方でも、この豆だけはブラックが美味しいとおっしゃるんですよ。

砂糖やミルクを入れるとしても、控えめでお飲みいただくほうがおススメです。』

 

と紹介された時では、どちらのほうが心が動くでしょうか?



Aのほうは、”きれいな”言葉の表現で、

コーヒー豆のことをよく知っている人にとっては、”的確な”表現なのかもしれません。

 

でも、どこかから借りてきたような、マニュアルにそのまま書いてありそうな言葉ですよね。

 

対して、Bのほうは、少し砕けていますが、“自分の言葉”で話している印象です。



きっと、Bの言葉で紹介してもらったほうが、買ってみようかな、と検討するのではないでしょうか。

そして、Bの言葉を言ってくれた店員さんのほうに、好印象や親近感を抱くでしょう。

 

このように、会話のやりとりとしてお話をする時には、Bのように”自分の言葉”で話しやすいのですが、

これが、スピーチやプレゼンなど、少し改まった場面で話すとなると、

途端に、Aみたいな”借りてきたような”言葉を使って話す人がいらっしゃるのですね。

 

改まった場面でも、”自分の言葉”を使っていい

改まった場面でしっかりと話したり、人前で話したりするのに慣れていない人は、

まず、「言葉が出てこない」「どの言葉を使えばいいのか分からない」と悩まれるようです。

 

そして、資料などに書いてある言葉をそのまま使ったり、終始、無難な表現だけを使って話そうとしてしまいます。

 

そうすると、“きれいにまとまった話”になるんですよね。

 

それが悪いわけではないのですが、先の例のように、

「きれいな言葉でまとめた話」は、聞いている人には響かないのです。

 

それに加えて、話している人の印象も、とりたてて”好印象”としては残らないでしょう。

 

 

そこで、改まった場面で話す時にも、”自分の言葉”で表現できるようになりましょう。

 

「自分の言葉(表現)で話していいんだ」と自分の中で許可して、

自分の中から出てくる”言葉”や”表現”に、意識を向けてみましょう。

 

話す内容について、「身近な人に対してだったら、どう喋るかな?」と考えてみるのも良いと思います。

 

“きれいにキッチリまとまった”表現でなくても良いのです。

少し砕けた表現だとしても、丁寧に話せば全く問題ないし、その方が気持ちも込めやすくなります。

 

まとめ

会話のやりとりでの「言葉や話し方」と、

改まった場面や人前での「言葉や話し方」を、

きっちりと区別して考えている人が多いように思います。

 

また、無意識に、ご自分の中で、それぞれの場面を切り離して、”別物”と考えていることもあるようです。



ですが、会話であろうが、改まった人前であろうが、

“自分の言葉や表現”を使って、気持ちを込めて話せる人が”魅力的に話せる人”なのです

 

そして、そんな人が、聞き手の心を動かせる人なのですね。

 

「自分の言葉の表現は砕けすぎているから」と却下して、きれいで無難な言葉に置き換えようとしないで、

自分の言葉をそのままに「少しだけ丁寧にできないか」を工夫してみましょう。

 

話の伝わり方が、ずいぶんと変わってくるはずです。