“人前で話すのが苦手”な原因を探りましょう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

 

「人前で話すのが苦手」という方がよくいらっしゃいます。

 

複数人の前で話す機会が、この先、全くないのであれば、苦手なままでもいいと思うのですが、

やはり仕事をしていると、

「みんなの前で自己紹介をする」

「新人さんに対して研修をする」

「社内会議で発表をする」

「顧客に対して説明をする・プレゼンをする」

などの場面が、この先やってこないとも限りません。

 

苦手なままだと、ずっと「イヤだ」「やりたくない」と思いながら、仕事をしないといけませんよね。

 

 

みんなの前で話すことが”苦手ではなくなる”と、

仕事での電話対応や、1対1での対話も、もっと自信を持って話すことができるようになります。

 

ですから、苦手意識は、早めに克服してしまいましょう!

 

そして、克服する際に考えなければいけないのが、

「なぜ人前で話すのを苦手と感じるのか?」ということです。

 

 

苦手な原因、どれにあてはまりますか?

人前で話すのが苦手な原因を、掘り下げて考えてみましょう。

ご自身の中で、一番のネックになっているものはどれでしょうか?

 

  1. 緊張するのがイヤだから

  2. 人前で話をすることに慣れていないから

  3. 以前に上手く話せなかった経験があるから

もしかしたら、3つとも全て当てはまる人もいらっしゃるかもしれません。

 

では、それぞれの原因について考えていきましょう。

 

 

1.緊張するのがイヤだから

人前で緊張することを、ことさらに嫌う人がいらっしゃいます。

確かに、緊張するのはストレスですよね。



でも、慣れた状況(環境)でない限り、人前で話すのは緊張するものです。

 

それは、「そういうもの」として受け入れましょう。

 

大事なのは、「緊張しても、問題なく話せること」です。

 

 

緊張するのがイヤな人は、「緊張している自分」を深く感じすぎてしまいます。

そして、

  • 「自分が」失敗しないだろうか・・・
  • 「自分が」うまく話したい・・・
  • 「自分が」緊張したくない・・・

という風に、「自分」のことばかりにフォーカスして考えてしまう癖があるんですね。

 

この思考がある限りは、緊張から抜けることができません

 

 

話をする前に、

「これから目の前の人たちに、どんなことを、どんな風に話そうか」

とイメージすることを一生懸命やってみましょう。

 

 

加えて、

「これを話した時に、目の前の人たちは、こんな反応を返してくれたらいいな」

というところまでイメージしてみましょう。

 

聞き手の反応を楽しみにしながら「何をどう話すか」を考えるんですね。

 

 


私は「緊張してきた~!」という状況って、「ワクワク」に近いものがあると思うんです。

「緊張」はマイナスな感情で、「ワクワク」はプラスな感情ですね。

 



緊張のストレスを、「話を聞いた時の聞き手の反応」へのワクワクに変えていくつもりで、イメージしましょう。

 

 

2.人前で話をすることに慣れていないから

話すのが苦手だし自信がないのは、人前で話す経験が少なくて慣れていないから、という方も多いと思います。


慣れていなければ、自信がなくて当たり前です。

 

でも、「慣れていない」ことと、「苦手」なこととは違います。

慣れていないから自分で「苦手」だと思い込んでいるだけかもしれません。

 

 

このような人は、

「仕事で電話対応や、1対1で対話をすること」と、

「人前で話すこと」を

全く別物と考えている傾向があります。

 

人前だと、無意識に「違う自分」になって話そうとしてしまうんですね。

ちゃんと話さなきゃ!とか、みんなから見られている!という思いが、そうさせるのでしょう。

 

でも、人前だろうが、1対1だろうが、どちらも「話すこと」です。

「他人と対話すること」そのものが苦手でないならば、人前で話すことも、本来は出来るはずです。

 

 

いつもの自分のままで、目の前の人に話しかけるように、人前でもお話するようにしてみましょう。

それが、一番魅力的に話せる方法です。


普段の自分のまま話してOK!と自分に許可を出してあげてください。

 

 

3.以前に上手く話せなかった経験があるから

以前に人前で話した時に、うまくいかなかった経験があるなら、

人前で話すのが苦手!となっても仕方がないですよね。

 

 

では、「上手く話せなかった」と判断した根拠は何でしょうか?

 

  • 「自分が」思うように話せなかったから

  • 「聞き手から」話が伝わっていない反応をされたから

「自分が」思うように話せなかったという人は、

きっと、緊張したり、準備不足・練習不足だったりしたのでしょうか。


練習や、自分のイメージの中では、”もっと出来ていた”のかもしれません。

 

 

でも、上手く伝わったかどうか、を判定するのは、聞き手だけです。

 

聞き手の反応を見ることができていないのであれば、それは、

「上手く話せたかどうかは分からない」ということになります。

 

 

ですから、それは「上手く話せなかった経験」には当てはまらない、ということです。

 

ということは、さほど苦手意識を感じることもないでしょう。

 

 

 

反対に、「聞き手から」話が伝わっていないような反応をされたことが明確であれば、

それは、人前で話すことに苦手意識を持ってしまいますよね。

 

そういうことが何度もあれば、なおさらでしょう。

 

そこで、「なぜ伝わらないのか」を突き詰めて、そこを改善していくことで、確実に伝わるようになります。


伝わらない原因については、過去記事をご覧ください。

あなたの話は、なぜ伝わらないのか?

 

伝わる経験を一度でも味わえば、苦手意識は薄れていくと思います。

 

 


人前で話すのが苦手な原因を突き詰めていくと、

実は、自分で「苦手」と思い込んでいるだけ、の場合も多いのですね。

 

「緊張するからイヤ」「慣れていないから上手く話せないに違いない」という気持ちを

「苦手」と言っているだけのこともあると思います。

 

でも、ほんとに「苦手!」と思うのは、聞き手から伝わらない反応を返された時!にしておきましょう。

 

“人前だから”と苦手意識を持たずに、

目の前の一人と対話をする時と同じように、反応を見ながら話しかけることをしてみてください。