「自分らしく話す」って、なに?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。




今回は、「自分らしく話す」って、具体的にどういうこと?

というテーマで書いていきます。



というのも、当教室では、

「それぞれの人が、自分らしく、魅力的に、伝わる話ができるように」

というのをモットーとしているので、

その本意を詳しくお伝えしたいと思ったからです。


「誰か」みたいに話すことじゃない

よく、

落ち着いた真面目な性格で、

目立つのもそんなに好きじゃなくて、

だから、ペラペラと話すことは得意じゃなくて・・・



という方が、


面白いことを言って周り笑わせながら話す人のことを見て、



「どうやったら、その人みたいに話せるようになりますか?」

と質問されることがあります。




自分にないものに憧れるのは、人間の性ですが、

でも現実として私は、「その人のような話し方を目指す必要はない」と思うのですね。



もちろん、話し方や言葉を真似ることだったらできるでしょうが、

落ち着いた真面目な雰囲気の人が、

いきなりテンション高く面白いことを言っても、

キャラクターとマッチしないので、本人も聞き手も、違和感が残りますよね。



人はそれぞれ、性格も、雰囲気も、生きてきた環境も違います。



ですから、落ち着いたおとなしいタイプの人は、

通る声で、ゆったりと、理論的に話を展開していくほうが、

説得力が出て、聞き手は耳を傾けてくれると思います。


そんな中で、聞き手の予想外の「ちょっとだけ脱線した話」をするだけで、

ユーモアや、面白さ、親しみやすい人柄を感じてもらうこともできるでしょう。




その他にも、

物腰が柔らかい、ニコニコと穏やかなタイプの人が、

無理に聞き手を駆り立てるような、力強い話し方をしようとしても、

逆に説得力が出ないかもしれません。


そのような人は、聞き手と一緒に共感し合えるような話題と話し方で、

暖かい空気感を作ることができれば、聞き手の心をつかんで離さないでしょう。





このように、自分じゃない「誰か」みたいに話すのではなく、

自分がムリをしないで、自分の性格やキャラクターにマッチした「伝わる話し方」ができるのが一番
なんですね。



「伝わる話し方」は、一つではないのです。

「自分の個性」を失くさないで

話すのが苦手だったり、自信がない人は、

「自分の話し方をガラッと変えたい」「大きく変えたほうが良い」

と思われていることもあります。




でも、「声」や「話し方」には、その人の個性が詰まっているものです。

伝わる話をするために、その個性を打ち消してしまうほどの”大変化”をする必要はないのですね。



そんなことをすれば、誰もが似たような話し方になってしまいます。



「今の自分の話し方」で、伝わらない原因になっている”癖”を発見して、

そこを直していくだけでいい
のです。


その”癖”とは、

  • 体の使い方(発声の仕方や、口の動かし方など)
  • 声の使い方(抑揚など)
  • リズム(話の間(ま)や、スピードや、息継ぎのタイミングなど)
  • 思考の癖

など、人それぞれ異なります。



そうすると、「劇的に別人のように変わった!」となるわけではありませんが、

いつものあなたのままで、自然と話が伝わるようになったり、

相手(聞き手)に与える印象がアップしたりする
のですね。





「今の自分に、伝わるための”コツ”を取り入れて話せばよいだけ」

と、自分の個性を認めてあげることも大切です。


自分らしさと魅力を増した人は、自然と”自信”がみなぎる

そうやって、自分を認めたうえで、話が伝わるようになると、

相手(聞き手)との”つながり”を感じられるようになります。



つまり、話をしながら、

共感してもらえたり、すんなり納得してもらえたり、行動を起こしてもらえたり、感謝してもらえたり・・・

という経験が増えていく
んですね。




そうすると、もっと相手(聞き手)のために話そう!という気持ちが湧いてきます。



相手(聞き手)のことや、双方向の心の通い合いを、大事に思えるようになるんです。



そんな風に話せる人は、もちろん人として魅力的だし、

自分を大きく見せることがなくても、自信があるように見えて信頼されます




話すことは、相手(聞き手)あっての行為ですから、

自分自身の個性を生かして「自分らしく」話せる人は、

同時に、相手(聞き手)のことを一番に考えられる人でもある
と思うのです。