プレゼンで成功するために腹式呼吸が良い理由【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今日は、プレゼンで成功するためには、腹式呼吸がおすすめ!という内容を書いていきます。

 

まず、簡単に腹式呼吸とはどんなものか、という説明をしておきます。

私たちが行う呼吸には、

・胸式(きょうしき)呼吸

・腹式(ふくしき)呼吸

があります。

どちらも、口や鼻から取り込んだ空気が入るのは「肺」ですが、

胸式呼吸(むね)の場合…

肋骨の周りの筋肉を動かす(肋骨を広げる)ことで、肺を広げて空気を取り込みます。

 

一方、腹式呼吸(おなか)の場合…

肺の下面にある「横隔膜」という筋肉を下げることで、肺を広げて空気を取り込みます。

横隔膜が下がることで、肺の下側にある内臓が押し出されて、お腹が膨らみます。

腹式呼吸の方が、たくさんの空気を取り込むことができると言われています。

そして、一番重要な違いは、

腹式呼吸(おなか)は「腹筋を使って、吐く息の量や勢いを調整できる」ことです。

これは、まさに、話すのに最適な息の使い方です。

腹式呼吸(おなか)は、本来”話すための呼吸”と言っても過言ではないでしょう。

 

ですが、私たちは学校でも”話すための呼吸法”なんて習いませんので、これが出来ている人は少ないのです。

 

では、これを踏まえて、プレゼンで成功したい時に、ぜひ腹式呼吸で話していただきたい理由が、以下の4つです。

  1. 聞いている人の心に届く、説得力のある声が出る
  2. 言葉を噛みづらくなる
  3. 話の表現力が増す
  4. 緊張がやわらぐ 

1.聞いている人の心に届く、説得力のある声が出る

まず、胸式呼吸(むね)で声を出す場合から考えてみましょう。

 

胸式(むね)で息を吸う時は、肋骨を広げて、肺に空気を溜めると書きましたが、

息を吐く時も、肋骨の周りの筋肉を動かして肋骨を狭めます。

その状態で、息を吐きながら声を出そうとすると、どこに力が入るでしょうか?

肋骨に付いている筋肉は、私たちは普段、意識して力を入れることはないので、「肩」「首」「のど」「顎」の辺りにグッと力を入れることになります。

そうすると、声を出すための声帯周り~気管・口腔などに力が入って狭まってしまうため、よく通る声が出なくなります。

 

反対に、腹式(おなか)で息を吸って、声を出す時に力を入れるのは、「腹筋」だけです。

胸から上の上半身には、力を入れる必要がありません。

首・のど・顎などの余分な力が抜け、腹筋を使って安定的に息を吐くことで、

体を楽器のように使えて、よい響きの、よく通る声が出るようになるのです。

 

よく通る声というのは、聞いている人にストレスなく届きますので、話している内容が心に入っていきやすいです。

また、よい響きの声は、重厚感もあり、自信がある印象を与えたり、信頼感や説得力につながったりする効果もあります。

 

2.言葉を噛みづらくなる

話しながら噛んでしまう時は、口の中や舌が、自分が思った通りに動かない時です。

普段は普通に言えるような単語でも、プレゼンで緊張すると、噛んだりしますよね。

 

腹式呼吸(おなか)で話すことで、噛みづらくなる理由は、1.とほぼ同じです。

腹式呼吸では、口の中や舌・顎に余計な力が入りませんので、舌や口が動きやすくなり、噛むことが少なくなるのです。

試しに、言いづらい早口言葉を、腹式呼吸(おなか)で、「腹筋だけ」を意識して言ってみて下さい。

頑張って舌と口を動かそうと必死になっている時より、言いやすいと思います。

 

3.話の表現力が増す

腹式呼吸(おなか)は、

「たくさんの空気を溜めることができる」

「腹筋を使って、吐く息の量や、勢いを調整できる 」

と書きましたが、まさにこれが、表現力が増す理由です。

 

胸式呼吸(むね)で話すとなると、少ない息で、しかもすぐに吐ききってしまうため、一度の呼吸で話せる言葉の量は少なくなってしまいます

人によっては、1~2単語ごとに、ちょっとずつ無意識に息継ぎをしています。

「意味が繋がっている言葉」の途中で息継ぎを入れて切ってしまうと、聞いている人に誤解されて伝わってしまうおそれもあります。

例えば…

『弊社が 中国で 販売している 原料を 購入して、・・・・』

上記は、切る(息継ぎする)ところが変わると、意味が変わってしまいますね。

・弊社が、販売しているの?

・弊社が、購入してるの?

 

さらに、息継ぎが多いと、1センテンスを滑らかに話せないばかりか、センテンスの中の重要な箇所やキーワードを、強調して表現することもできません

プレゼンは、聞いている人の心に訴えかけ、心を動かさなければ成功しませんから、これは致命的です。

 

反対に、腹式呼吸(おなか)は、長い息を調整をしながら使えますので、

ムダな息継ぎを入れず、強調箇所はよりゆっくり・強めに発音するなど表現が自由にできます。

プレゼンの成功には、こうした表現は必須です。

 

4.緊張がやわらぐ

胸式呼吸(むね)は、いち早く体に酸素を取り入れるための呼吸で、「生きるための呼吸」と言われています。

100メートルダッシュをした後、ハァハァと胸で早く呼吸をしますが、まさにそれが胸式呼吸(むね)をして、速攻で酸素補給をしている状態です。

生きるための呼吸なので、体は戦闘態勢になり、交感神経が優勢になると言われています。



逆に、腹式呼吸(おなか)をしていると、副交感神経(リラックス神経)が優勢になるため、プレゼンで緊張している時には、効果的に働きます。

話している時に腹式呼吸(おなか)をすることはもちろんですが、プレゼンが始まる前から、腹式で深呼吸を繰り返すと、より緊張緩和に効果があると思います。


いかがでしたでしょうか。

プレゼンは、話の構成や内容が重要なのは言うまでもありません。

ですが、それに加えて、腹式呼吸で話すことで、声や話し方が格段に変わり、プレゼンの質を格段に上げることができます。

ぜひお試しください。

プレゼンで成功するために腹式呼吸が良い理由【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。