スピーチの基本!印象に残る自己紹介のコツ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

普段、人前で話す機会がない方でも、何人かの前に立って「自己紹介」をする機会は、仕事でもプライベートでもあるのではないかと思います。

また、面接の自己PRも、自己紹介の一種ですよね。

 

そして、自己紹介をする場面では、聞いている人は、初対面、もしくは、よく知らない人たちです。

 

まずは、他の人の自己紹介を「聞く側」になった時を思い起こしてください。

他人の長い自己紹介を聞いたとしても、後から記憶に残っているのは、

「自分が心にひっかかったキーワード」「ちょっとしたエピソードの一つ」ではないでしょうか。

 

そして、価値観や考え方が似ていると思ったり、

好きなものが共通していたり、

逆に自分にないものを持っていると感じたりすると、

印象に残るし、話してみたくなりますよね。

 

一方、「自己紹介は聞いたけれど、何を言っていたのか全く記憶に残っていない人」もいます。

そういう人には、興味が持てないですよね。

 

ですから、自分のことを知ってもらって、聞いている人の心に残る自己紹介ができれば、

今後の人脈が広がったり、仕事に繋がったり、面接では合格したり!と、良いことづくめ
なのです。

 

印象に残る自己紹介のポイントは、ずばり!

「自分の経験・気持ちを、具体的に話す」

ことです。

 

具体的に話すとは?

話すのが苦手な人は、どうしても抽象的で手短な自己紹介をしがちです。

具体的な内容を盛り込むことで、人柄が浮き出てきて、印象に残りやすくなるのです。

では、例をあげましょう

例A : 趣味は旅行

『趣味は旅行で、毎月、国内の色々なところに行っています。』

『趣味は旅行で、毎月、電車でのんびり一人旅を楽しんでいます。先月は、本州の最南端まで電車で往復してきました。』

同じ人が、

の自己紹介をした場合と、

の自己紹介をした場合、

どちらがその人の人柄が良く分かるでしょうか。

 

旅行が趣味の人は、たくさんいますよね。

なので、の自己紹介をする人は、ほとんど印象には残らないでしょう。

 

の自己紹介をする人からは、

  • 一人の時間を楽しめる人
  • のんびりするのが好きな人
  • 電車好き

という、その人の「人となり」や「人柄」が、透けて見えてきませんか?

 

加えて、

「電車の一人旅の魅力は?」

「本州の最南端って、何時間かけて行ったの?」

と、本人に聞いてみたいこと、話してみたいことも出てきやすくなると思います。

 

具体的に話すことが苦手な人は、

毎月の電車での一人旅が、自分の中では普通の”旅行”だと思い込んでいるので、

「電車」「一人」「のんびり」というワードを、わざわざ言おうと思わないことも多いものです。


ですが、なるべく自分の経験を細かく棚卸しして、具体的なワードを盛り込めるようにすると、魅力的な自己紹介になります。

 

例B : 仕事は営業

『仕事は、不動産の営業で、売買仲介を担当しています。』

『仕事は、不動産の営業で、主に個人のお客様向けに、中古マンションの購入や売却のサポートをしています。最近は、リノベーション物件の人気が高いですね。』

これも、同じ仕事のことを言っているのですが、

の方が具体的で、その人が普段どんなことをしているのか、という「イメージ映像」が浮かび上がってきますね。

 

の自己紹介だと、さらっと流されてしまうでしょう。

「不動産屋さんなんだなー」くらいの印象でしょうか。

 

の内容で具体的に表現したところは、

『個人のお客様向け』

『中古マンションの』

です。

これだけで、仕事内容のイメージがつきやすくなりました。

加えて、

『リノベーション物件が人気』

という、その仕事ならではの「情報」を付け加えることで、その人の仕事に「リアル感」が出てきます。

 

その他、細かいことですが、

の「売買(ばいばい)」という、”音”だけで聞いたらぱっとイメージしにくい部分を

では「購入や売却」と言い換えているのもポイントです。

ちょっとしたことですが、聞いている人にとって、即座にイメージが浮かびやすくなります。

 

「中古マンションの購入や売却」「リノベーション」を考えている人や、

そのような知人がいる人、将来的に必要性が出てくるだろうと思っている人にとっては、

”ひっかかる”ワードになりえますよね。

 


このように、趣味や仕事に限らず、

  • 自分の体験
  • やっていること
  • 好きなこと
  • こだわり

などを具体的に盛り込めるように、自己紹介を考えてみましょう。

自分の「人物像」「人柄」「イメージ映像」が浮かび上がるような内容であれば、

聞いている人は、

”言葉”の奥の”人物”を見て、「その人が何かしているところのイメージ」を思い浮かべることができるので、しっかりと印象に残るのです。

 


当教室でも、必要に応じて、自己紹介のレッスンを行っています。

生徒さんによって、自己紹介する「場面」が違うため、

  • 趣味のことを話される方
  • 仕事のことを話される方
  • 家族のことを話される方
  • 面接の自己PRをする方

など色々なのですが、

共通しているのは、やはり、なかなか具体的な言葉が出てこないことです。



そこで、こちらから色々と質問をし、さまざまな側面から具体的なワードを引き出して、自己紹介の”肉付け”をしていきます。



こちらからどんどん質問して、お話していると、「それを自己紹介で言ったらいいのに!」という内容が出てくるのですが、

なかなか、生徒さん一人では、思い付かないようです。


印象に残る自己紹介をして、今後に繋げたい方は、ぜひレッスンにお越しくださいね。