滑舌を改善!発音しづらい言葉と注意点【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

毎日、色々な方の滑舌を聞いて(診て?)いると、

多くの人が苦手で言いづらい言葉・きれいに発音しづらい言葉には、共通点があるのが分かります。

 

もちろん、人によって苦手な言葉や滑舌についての癖は違うのですが、

別の人のレッスンをしているのに

(さっきと同じことを注意してるな~)

(直すべきところが一緒だな~)

と思うことも度々あるのです。

 

 

そこで今日は、滑舌が悪くなりがちな言葉について、発音する際に注意することを挙げていきます。

 

  1. カキクケコ
  2. サシスセソ・ザジズゼゾ
  3. ナニヌネノ・マミムメモ
  4. ハヒフヘホ
  5. ラリルレロ

1.カキクケコ

カ行は、口のかなり奥の方で、軟口蓋(口の上側)と舌を使って「k」という音を作ります。

 

この操作のせいで、声が前に出ず、英語の「luck」の「k」の発音に近い「カキクケコ」になる方が多いです。

つまり、

ka ki ku ke ko」

の「k」の子音だけが聞こえて、

その後ろにある母音「a i u e o」が消えてしまうのです。

 

特に、カ行が続く「夏期休暇」「奇々怪々」などの言葉の場合、

息まじりの「k」という摩擦音ばかりが聞こえて、明瞭な音になりません。

 

<カ行>母音が消えて息交じりの音声例

※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。


カ行を発音する際は、後ろの母音

「ka ki ku ke ko

をしっかりと声として前に出すよう意識しましょう。

そのためには、まず、しっかりと母音の発音練習をすることが大切です。

 

<カ行>母音が声として響いている音声例

※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

2.サシスセソ・ザジズゼゾ

サ行・ザ行が苦手な方も多いですね。

私もサ行が続く言葉は言いづらいので、好きではありません(笑)

多いのが、「s」や「z」の音を作る、舌と上顎(上歯茎)との摩擦が、弱い場合です。

この摩擦が弱いと、

「サ」が、「ツァ」や「タ」に近い音に、

「ザ」が、「ダ」に近い音に聞こえてしまいます。

サ・ス・セ・ソの場合は、舌の先を上の歯茎に付けて

「s…(スー)」と言って、摩擦音をしっかりと作ってから、そのまま

「sa!」「su!」「se!」「so!」と勢いよく母音を出すように練習してみます。

シについては、「シッ!シッ!」と強く追い払う時の「si…」の摩擦音を言ってから、「i」と母音を出してみましょう。

また、サ行が舌の先っぽを使って摩擦するのに対して、
ザ行は、舌のもう少し奥の方を摩擦させます。

「ザジズゼゾ」を発音する時は、「サシスセソ」よりも口を横に引いて「z」の音を作ると、きれいに発音しやすいです。

この摩擦が弱いと、「ダディドゥデド」に近い音に聞こえやすくなります。

3.ナニヌネノ・マミムメモ

ナ行とマ行は、息が適度に鼻から抜ける音です。

ただ、鼻から抜けすぎてしまう人も多く、特に声が上ずってくると、鼻から抜けやすくなり、声がしっかりと前に出なくなってしまいます。

また、「ナマなまず」など、ナ行とマ行が続く言葉は、口の中を狭めたまま鼻から抜いて発音して、鼻声のような、幼い印象の発音になりがちです。

「na ni nu ne no

「ma mi mu me mo

母音を発音する時に、口からまっすぐ前に向かって声が出ていくようにイメージして言ってみましょう。

そして、口の中の空間を広くとって、「a i u e o」の母音の形をしっかりと作ります

始めは、低めの声で練習するほうがやりやすいと思います。

「二年中抜け」「ぬれナマなまず」など、ナ行とマ行が続く言葉でも練習してみましょう。

4.ハヒフヘホ

ハ行は、とにかく息ばかりが出る人が多いですね。

ハ行の多い言葉は、息が足りなくなって、ヘニャヘニャ弱い発音に聞こえがちになります。

例えば「母のほほえみ」と言う場合など、「ハハ」「ホホ」の部分は、

ささやいているように息交じりになって、苦しそうに聞こえることがあります。

<ハ行>母音が消えて息交じりの音声例

※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

まずはゆっくり、

「ha~~ hi~~ hu~~ he~~ ho~~

と、母音をしっかり声に出して、のばしてみましょう。

それがしっかりと出来るようになったら、少しずつ母音をのばす長さを短くしていきます。

最終的に、

「ha hi hu he ho

と、母音がきちんと声として聞こえてくるようにします。

そして、ハ行の多い言葉を言う時には、腹式呼吸でしっかりと息を吸って、腹筋を使って息を押し出す、という基本を忘れないようにしましょう。

 

<ハ行>母音が声として響いている音声例

※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

5.ラリルレロ

ラ行は、50音の中で一番舌を大きく動かしますから、うまく動かずに、きれいに発音できない人も多くなります。

私が多く見るパターンは、舌が大巻きになって発音する人です。

そのような人は、「ラ」と発音する前に、舌を上顎の奥の方へ付けていて、さらに声を出す際の舌を弾く力も弱いのです。

 

話す時には、歌のように語句をのばすことがなく、次々と言葉がつながって発音されますから、

口の中や舌の動きも素早く変えていく必要があります。

ですから、本来は、ラ行で舌を大巻きに動かしている余裕はないはずです。

 

舌を大巻きに動かす癖のある人には、

  • ラ行を言う時には、口は小さめに開ける
  • 舌の先っぽだけを強く弾くように意識する
  • 腹圧の勢いを利用して、舌を素早く動かす

ようにお伝えしています。

また、舌を弾く力だけが弱い場合は、

「ダヂヅデド」に近い音になりますので、気を付けましょう。

 


レッスンで、特に注意することが多いものだけを挙げましたが、滑舌の問題は人それぞれ、細かいことは一概には書けません。

 

そして、言葉は50音の組み合わせですから、

「ラクだ」は問題なく言えても

「ただラクだ」と、語句が続くとうまく言えなくなる、ということは多々あり、単純ではありません。

 

滑舌で悩んでいる方は、プロの力を借りることも、改善への近道ですよ。