話の組み立て!意見を述べる・質問対応などで、簡潔に分かりやすく話をまとめる3ステップ【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

話すことに苦手意識がある人は、会議や、ちょっとしたミーティングで発言するのも、緊張してうまく話せず、余計に苦手になる・・・という悪循環に陥るようです。

 

特に、会議などで、突然「〇〇さんはどう思う?」と意見を求められたら

自分の考えていることがあったとしても、頭が真っ白になったり、言葉が出なくなったりすることもあるでしょう。

 

他にも、“朝礼で今月の目標を言う”とか、“面接や面談で質問に答えて見解を言う”とか、“ちょっとしたスピーチ”等、

自分の意見を短くまとめて話す機会って、仕事をしていると、割りとあると思います。

 

そこで、そんな場面でも、テンプレートに当てはめるだけで話をしっかりと構成できる3ステップをご紹介します。

 

もちろん、そんなテンプレートなんてなくても話せるなら、それでいいのです!

どう話したら、どうまとめたら、いいのか分からない・・・という方のためのテンプレートです。

 

自分の意見をまとめる時には、以下のステップにしたがって構成していきましょう。

 

  1. お題に対して、“ズバリ”の回答
  2. 根拠・エピソード
  3. “ズバリ”の回答から導かれるメリットや希望

なにか質問された時意見を求められた時自分から意見を述べたい時・・・など、すべて使えるテンプレートです。

 

例えば、「ストレス解消としてどんなことをしているのか」というお題に対して、テンプレートに当てはめてみると・・・

  1. (ズバリ)『私のストレス解消法は、一人カラオケで熱唱することです。』


  2. (根拠・エピソード)『一人だと、気兼ねなく歌えるので、好きな曲だけを何度も連続して入れたり、

    皆の前では歌えないような難しいバラードも、音を外しながらも気持ちよく歌ったりしています。』


  3. (メリットや希望)『たったの30分でスッキリできるので、平日の夜は毎日通って、リフレッシュした気分で仕事をしています。(していきたいと思います。)』

このように、テンプレートに当てはめると、ダラダラと話してしまったり、話が”迷子”になったりせず、短くまとめることができます。

 

では、それぞれのステップについて、詳しく解説します。

 

1.お題に対して、”ズバリ”の回答

はじめに、ズバリ自分の意見・見解を言い切ります。

例えば、

  • (お題)『ストレス解消法は?』に対して、(ズバリ)『一人カラオケで熱唱することです。』

  • (お題)『日本の人手不足をどう解消したらいいと思う?に対して、(ズバリ)『ものづくり大国の技術を活かして、労働型ロボットの開発を促進していくのがよいと思います。』

  • (お題)『今年の目標は?』に対して、(ズバリ)『TOEIC満点です。』

など、必ず、お題に対応した結論を言い切ります

 

このステップで、お題に対して、少しズレたことを言ってしまうと、失敗します。

例えば、

(お題)『ストレス解消法は?』に対して、『ストレスは感じやすいとは思います・・・』と話を始めてしまうと、

ダラダラと話してしまう原因になり、聞いているほうは、お題に対しての明確な答えがいつ聞けるのか、イライラしてしまいかねません。

 

ここは、端的にまとめるためのテンプレートですから、的確な”回答”を言い切りましょう。

 

2.根拠・エピソード

次に、2つめのステップでは、”ズバリ”言った「根拠・エピソード」を話していきます。

 

ここは、”ズバリ”言ったことに説得力や信ぴょう性を持たせるために、一番大事なところです。

ここで、一般的な見解を言ってしまったり、自分が経験したエピソードを盛り込むことができないと、「根拠」として成立しません

話がぼんやりとして、おもしろみがなくなり、あなたの意見を言うことの真価がなくなってしまうのです。

 

良くない例として、『ストレス解消法は、一人カラオケで熱唱すること』に対しての根拠・エピソードで、

×『大きな声を出すと、スッキリするからです。』

だけで終わらせてしまう、といったパターンです。

 

こういったパターンは、話が苦手な人には多いのですが、自分だけの経験・細かいエピソードを盛り込めるようになりましょう。

 

さらに、このステップで、根拠やエピソードをいくつも盛り込むことで、長めの話にすることができます。

もし意見を述べる、だいたいの時間が決まっているなら、「根拠・エピソード」をどれだけ盛り込むかによって、話す時間の調整をしていきます。

 

3.”ズバリ”の回答から導かれるメリットや希望

3ステップめは、“まとめ”の部分なのですが、この”まとめ”を考えるのが一番難しいかもしれません。

色んなまとめ方がありますので、良い”まとめ”が思いつくなら、それを使ってください。

 

もし何を言っていいのか分からないかたのために、ここでは的を絞って「メリットまたは希望」を言う、というテンプレートにしました。

それも、ズバリ”の回答から導かれるメリットや希望でなくてはいけません。

 

良くない例としては、『ストレス解消法は、一人カラオケで熱唱すること』に対して、

×『これからは、あまりストレスを溜めないようにしたいと思っています。』

という希望を言ったり、

×『駅前のカラオケは、通えば通うほど割引になって得しています。』

というメリットを言ってしまうパターンです。

 

これらは、「一人カラオケで熱唱してストレスを解消できていること」に対するメリットや、今後の希望ではありませんので、

これまでのステップでしてきた話とつながらなくなってしまいます。

 

初めに”ズバリ”言ったことから得られるメリットや、“ズバリ”言ったことを受けての、これからの自分の希望・願望を述べましょう。

 

いかがでしょうか。

突発的に意見を求められた場合には、即座にテンプレートに当てはめて答えるのは、ある程度の慣れと練習が必要です。

ですが、慣れてしまえば、どんな場面でも使えますので、ぜひ色んなお題で試してみてください。

 

では、演習です。

以下のお題について、自分の意見・見解を、3ステップに当てはめて述べましょう!

演習1.『災害への備えで大切なことは?』

演習2.『訪れてみたい場所はどこか?』

演習3.『あなたは、朝型?夜型?』

演習4.『消費税増税について、どう思うか?』

演習5.『苦手なことは何ですか?』

できそうなものからやってみてください。

3ステップのテンプレートを再度載せますので、当てはめながらやってみましょう!

  1. お題に対して、“ズバリ”の回答
  2. 根拠・エピソード
  3. “ズバリ”の回答から導かれるメリットや希望

はじめは、すごく時間がかかってしまったり、途中で無言の時間ができてしまってもOKです。

慣れるうちに、テンプレートに当てはめるだけで、すらすらと的確に述べられるようになりますよ。

話の組み立て!意見を述べる・質問対応などで、簡潔に分かりやすく話をまとめる3ステップ【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。