話し方上達の第一歩は、話すと同時に耳で聞くこと【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

生徒さんとお話ししていて、「自分の話を自分の耳で聞いていない」人が、結構多いことが分かりました。

 

私は、元アナウンサーなので、「自分の声や話し方が、第三者からどう聞こえるのか」を、常に重視する環境にいました。

 

ですから、その瞬間瞬間で

「今、自分はどんな声で、どんな発音で、どんな言葉遣いで、どんな表現で、どんな間(ま)で、どんなペースで話しているのか」

を、話しながら自分の耳で聞いてチェックしていました。

 

もちろん、話しながらチェックしていると、感覚的になりやすいので、後から、収録した音声を、実際の第三者目線で聞いてみると、

  • ここは、もう少し間(ま)をとらなければいけなかったな
  • ここは、もっと表現を大きくつけてもいいな
  • 明るく話したつもりが、体調悪いのが声に表れてるな
  • ちょっと噛んだかなと思ったけど、分からない程度だな

 

などなど、話している最中の感覚とは、違うことがあります。

 

それを、繰り返しながら、”自分が話している時の感覚”と、”第三者からの聞こえ方”をすり合わせていく、という作業を普通にしていました。

 

ですから、そこまではしないにしても、「話しながら、同時にそれを自分の耳で聞く」という動作は、当然みんながしているものだと思っていたのです。

だって、自分の声は、耳の外側からも、骨伝導でも聞こえてきますもの。

 

ですが!そうじゃないことが分かってきました。

人前で話しながら、

  • 緊張していて、自分が何をどう喋ったか覚えていない
  • 次に話す内容を考えるのに精一杯で、今の自分の話には意識がいっていない

という生徒さんが、意外にいらっしゃるんです。

 

正確には、私が生徒さんに質問することによって、

「考えたこともなかったけど、言われてみれば、自分の話を聞けてないかも・・・」

という事実が分かるという感じですね。

 

ある一人の生徒さんと話している時に、そのことに気づいてから、色んな生徒さんに質問してみると、結構いらっしゃったのでした。

これは、講師として、盲点でしたね・・・。

 

皆さんは、話している時、自分の話を、同時に自分の耳で聞けているでしょうか?

 

やはり、「今、自分はどんな声で、どんな話し方をしているのか」を、話しながら知覚することは大切です。

まずは、第三者目線で、自分の耳で聞くことを、意識してみてください。

 

自分の声というのは、耳の外側からと、骨伝導(耳の内側)からと、両方聞こえてくるようなのですが、

なるべく、外側から聞こえてくる自分の声を意識すると、客観的な視点になりやすいです。

これは、そういう感覚を持って聞くだけでいいです。

 

そこで、

  • 棒読みっぽくて、分かりづらい説明だった
  • 話すペースが速すぎた
  • 声が上ずってるのが分かった
  • 同じことを何回も言ってしまった

などなど、気づくことを大切にしましょう。

その場で直せなくてもいいのです。気づくことが、上達への第一歩です。

 

何度も気づいていると、そのうち、自分で直せるようになることもたくさんあります

 

やり慣れていないと、なかなか難しいのですが、

「話しながら、同時に、自分の話を第三者として耳で聞く」

をぜひ、実践してみてくださいね。