伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。

 

話し方のレッスンをしていて、強く感じることは、

「話し方を上達させる基本は、呼吸!」

ということです。

 


プレゼンテーション・セミナー・スピーチ・報告・説明・面接など、

人前やビジネスで話す時の呼吸は、

原則として「ゆったりとした、深く長い呼吸」

が良いです。

 

普段、生活している時の呼吸や、

気軽に会話をする時の呼吸とは、違うんですね。

 

 

人前やビジネスで話すことに慣れていない方や、

上手く話せない方などは、

話す時の呼吸をマスターすることが、上達への第一歩となります。

 

 

この「話すための呼吸」が出来ないと、

早口で話してしまったり、

伝わりづらい話し方になってしまったり、

声の印象が悪くなったりするのです。

 

 

また、よく聞くお悩みですが、

話しているうちに息が苦しくなるのも、

この浅い呼吸が原因のことが多いです。

 

 

初めは、意識しないとなかなか出来ないかもしれませんが、

体に覚えさせてしまえば、

話す場面では自然と「話すための呼吸」が出来るようになっていきます。

 

なぜなら、話す時には、この呼吸をする方が実はラクだからです。

 

 

以下の練習法にそって、少しずつマスターしていきましょう。

 

  1. リラックスできるルーティンを決める

  2. 息を吐ききる→脱力

  3. 声を出してみる

  4. 日常での練習を癖付ける

1.リラックスできるルーティンを決める

話す時の呼吸で、一番のポイントは、リラックスすることです。

 

具体的には、上半身、特に肩・胸部・首の力を抜くこと。

 

また顔も、力を抜いているからこそ、

口周りの筋肉や、表情筋が動きやすい状態を作ること
、です。

 

 

初めは、立ったままだとリラックスできないこともあるので、

ゆったり座るか、あお向けに寝ころびながら行います。

 

 

すぐに自分をリラックス状態に持っていける方はよいのですが、

普段からストレスが多く、

上半身がガチガチに固まってたりすると、

「リラックスってどうするんだっけ?」

と、自分の体をコントロールできない場合もあります。

 

 

そこで、

「これをすれば、すぐに脱力できる」

というルーティン
を自分で探してください。

 

 

例えば、

  • 「ハァ~~」と大きくため息をつく

  • 両手を上げて、大きく伸びをする

  • 頭と腕を、だらーんと下げてから、ゆっくりと起き上がる

など、なんでも構いません。

 

 

このルーティンは、話す時の本番前にも行なって、

意識的にリラックスさせるのに効果的
です。

 

 

2.息を吐ききる→脱力

リラックスできたら、

口から「フー」と一定量の息を吐いていきます。

 

この時に一番大事なのは、息を吐き切ること!です。

 

脱力した状態で、息を吐き切ろうとすると、

自然とお腹(腹筋)を使うことになるはずです。

 

お腹(腹筋)の力を使って

息がなくなるまで吐ききってしまいましょう。

 

 

肩・首・胸部に力が入らないように気を付けてください。

腹筋以外は、リラックスしたままです。

 

 

そして、息を吐ききって、ちょっと苦しい状態になったら、

腹筋も含めた上半身を再度脱力させます。

 

この脱力の時に、自然と息が肺に入ってきて、

お腹が膨らむ感覚
があれば、OKです。

 

うまくいかなければ、

  • リラックスができていない

  • 息を最後まで吐き切っていない

  • 吐き切った後、うまく脱力できていない(お腹・胸・肩に力が入っている)

ことが原因ですので、見直してみてください。

 

 

この呼吸を、3回繰り返します。

 

3回呼吸したら、必ず休憩して、時間をあけてください。


やりすぎると、慣れていないうちは、クラクラする可能性がありますので、ご注意ください。

 

 

リラックス

 → <1回目>息を吐ききる

 → 脱力(息が自然と吸える)

 → <2回目>息を吐ききる

 → 脱力(息が自然と吸える)

 → <3回目>息を吐ききる

 → 脱力(息が自然と吸える)

と繰り返します。

 

 

あくまで、「脱力した時に、息が自然と吸える」ことがポイントです。

 

意識的に頑張って吸おう!とすると、

胸が広がったり、肩が上がったりする「胸式呼吸(きょうしきこきゅう)」

になってしまいがちですので、注意しましょう。

 

 

3.声を出してみる

「息を吐ききる → 脱力して自然と息を吸う」

の3回繰り返しがマスターできたら、

今度は、

「フー」と吐ききるところを、「ハー」と声を出す

に変えて
やってみましょう。

 

 

この時も、息がなくなるまで「声を出しきる」ことが出来ないと、

脱力した時に自然と吸えませんので、基本は同じです。



息を吐ききるだけなら、ちゃんとリラックスできていた人も、

声を出すとなると、

無意識に肩や喉に力が入ってしまう
ことが多々ありますので、

再度リラックスを徹底して行なってください。

 



また、歌の発声ではないので、

高音で「ハー」と声を出さないように!

 

大きな声を出す必要もありません!



リラックスした状態で、「勝手に出る高さの声」が理想です。

 


例えるなら、仕事から帰ってきてソファーに座って

「あー今日も疲れたなー」

なんて自然と独り言がでてしまう時の(笑)

何も作っていない声のトーンが良いです。

 

 

普段、自分が話している声より低い声になると思います。

 

 

そして、「ハー」の声は、

一定量でまっすぐ前に出ていくように、出してみて下さい。

 

 

4.日常での練習を癖づける

できるようになったら、

ちょっとしたすきま時間に、継続してやってみましょう。

 

1日1回(3呼吸)だけでも構いませんので、

毎日継続させて、体に覚えさせることが大切です。

 

寝る前に、あお向けになりながら行うのでも良いと思います。

 

 

  • 声を出せない時は、
    「フー」と息を吐ききる → 脱力 を3回繰り返し

  • 声を出せる環境なら、
    「ハー」と声を出しきる → 脱力 を3回繰り返し

など、状況に合わせて行いましょう。

 

 

「フー」と吐ききる時、または「ハー」と声を出しきる時の、

息の一定量を、

  • 少ない息で、長い時間をかけて吐ききる

  • 多く(勢いよく)出して、短い時間で吐ききる

など、変化をつけてみるのも良い練習になります。

 

 

この変化は、吐ききる時の腹筋の力加減で調整できれば、完璧です。

 

息の勢いが大きくなれば(腹筋の力を瞬時に使う)、

声も大きくなり、

息の勢いが小さければ(腹筋の力を抑えながら長く使う)、

小さめの声になります。

 

 

話す時の声のボリュームを、

このように腹筋で調整できるようになることが目標です。

 

 

 

さらに、ステップアップとして、

「ハー」と声を出していたところを、別の言葉に置きかえていきましょう。

 

「ハー」ではなく、

「今日のごはんはハンバーグ」など(笑)、

独り言レベルから始めていただくと、毎日続けやすいです。

 

 

マスターした1つの呼吸の中で、

文字数の少ない言葉、多い言葉など、

色々と話せるようになっていきましょう。

 

 

そうすると、

「話す時は、この呼吸法を使うんだ」

と、体が覚えてくれて、

無意識でも最適な呼吸で話すことができるようになります。

 

 


 

話しているときの呼吸など、意識していない人の方が多いと思います。

 

これを機会に「話す時の呼吸」をマスターしてしまえば、

一生モノのスキルになりますし、

話し方の上達が早くなりますよ。

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して15件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。