原稿や資料を”読んで”いる人は注意!話さなければ伝わらない【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、プレゼン・スピーチ・発表など、人前で話す時に、本番で原稿を見ながら話している人向けに書こうと思います。

 

また、原稿は書いていなくても、PowerPointや配布資料などを、そのまま読んで話してしまう傾向のある人も、同様です。

 

当教室のレッスンでは、

「原稿や箇条書きの資料を見ながら話す」ことと、

「ほとんど文字を見ずに、自分の言葉で話す」ことの、

両方の練習を行っています。

 

その時、「原稿や資料を見ながら」の話と、「自分の言葉だけ」の話は、

同じ生徒さんでも、全く違う”話し方”になることが多いです。

そして、そのことに、あまり本人は気づいていないのです。

 

原稿や資料を読みながら話している時

原稿や資料を読みながら話している時は、棒読みになり、機械的な印象を与えますので、

聞き手からしたら、あまり内容が頭に入ってきません。

 

話す側は、”文字を目で追って読む”ことに集中しているので、そこに本人の気持ちが入っているように聞こえません

 

また、順番に文字を追っているだけだと、「どう話そう」「どう表現しよう」という必死な思いがなくなるため、その人らしい言葉の表現も生まれないんですね。

 

聞いている人にはあまり意識が向かず、自分が”読む”ことに心を傾けてしまいます。

そのため、”噛んだ”とか”読み間違えた”ことに敏感になっています。

 

さらに、スラスラとは言えても、

早口になったり、言葉をぞんざいに発音したり、間(ま)をとらずに話してしまう人、

逆に、普通に話すペースよりも、全体的にゆっくりで緩慢な印象を与える人、がいらっしゃいます。

 

自分の言葉で話している時

やはり、何も見ずに、自分の言葉だけで話している時の方が、しどろもどろになったり、考えながらで声が小さくなったりと、“話”としては拙くなりがちです。

早口や滑舌の悪さなど、本来の癖が顕著に出てしまうことも少なくありません。

話すのが苦手な人は、自信のなさも出てしまいます。

 

ですが、「一生懸命さ」や「どう話そうか」と思っている“偽りない心”が伝わってくるのです

言葉の表現の中にも、その人の気持ちが込められているのが分かります。

 

そして、それは、聞いている側からすると、人としての親近感を覚えるものだし、話している人の魅力につながるものでもあるんです。

 

原稿や資料を見ながら、どう話せば良いのか

「原稿や資料を読みながら」話すと、話す本人も不安が少なく、スラスラと話せることも多いでしょう。

ですが、聞き手に伝わる「気持ち」や「表現」ができず、聞き手との心の距離が離れがちです。

 

反対に、何も見ずに「自分の言葉で」話すと、拙い話になったとしても、「気持ち」や「魅力」が伝わりやすくなります

 

では、どうすればよいのか、というと、原稿や資料を用意したが肝心です。

 

本番までに、原稿や資料に頼らない状態にしておきましょう。

 

原稿であれば、それをそのまま”読む”のではなく、原稿に書いてあることと同じことを、「原稿を見ずに自分の言葉で」言う練習をします。

初めは、一文ずつでも構いません。

 

原稿と違う表現になったとしても、同じ内容を自分なりに伝えようとする気持ちが大事なのです。

 

また、PowerPointや配布資料を見ながら話すのであれば、

そこに書いてあることの本質を、自分の言葉でどう補完できるのか、具体的に説明できるの考えて、

声に出して話す練習をしてみてください。

 

資料には、少ない言葉でまとめて書かれていることが多いので、これをそのまま読んでも、伝わる話にはなりえません。

話さなければいけない内容を、あくまでも「自分の言葉で」「自分の表現で」話せるように、しておきましょう。

 

原稿や資料は、何を話すかを確認する”カンニングペーパー”として使えるようにするのです。

 

原稿を書いて、資料を作って、準備に満足してしまう人は、ご参考になさってくださいね。