分かりやすく話すために、間(ま)の長さと、その効果を理解しよう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。

 

今回は、

話の間(ま)は、使いどころと長さによって、効果が違ってくる

という内容で書こうと思います。

(最後に、音声サンプルもあります)

 

 

ただ単に、話の間(ま)を取るといっても、

的外れなタイミングで、常に同じような長さの間(ま)を取っていては、

伝わる話になりえません。

 

 

「ここで取る話の間(ま)は、どういう効果を持たせるためなのか」を、

話す側が理解したうえで、

話の内容によって、適切なタイミングで、適切な長さで取る必要があるのです。

 

 

では、間(ま)が”話”に与える効果として、

代表的なものを3つ挙げましょう。

 

 

  1. 話の構成を示して、聞き手の頭を整理する

  2. 聞き手が理解する時間を作る

  3. キーワードを強調する

 

それでは、例題を提示します。

 

<1>『新製品の特徴は、2つあります。』


<2>『1つめの特徴は、耐水性の強化、つまり、より水に強くなったことです。』


<3>『水中に24時間沈めておく、耐水テストもクリアしております。』


<4>『2つめの特徴は、顔認証がより高性能になったことです。』


<5>『めがねや帽子を着用していても、正しく本人だと認識できております。』

上記の”話”において、

皆さんは、どこで間(ま)を取られるでしょうか。

 

それでは、どこで間(ま)をとるのが効果的か

話の間(ま)の効果別にみていきたいと思います。

 

 

1.話の構成を示して、聞き手の頭を整理する

まずは、話の構成をはっきりとさせるためにとる間(ま)です。

 

話の構成が明確になると、

聞き手は、頭を整理しやすくなり、

一つ一つ順番に理解しながら聞いていく
ことができます。

 

 

上記に提示した”話”の内容から、構成をアウトラインで示すと、

 

序章<1>


第一章<2>
  第一項<3>


第二章<4>
  第一項<5>

このような形になるでしょうか。

 

ですから、章(同じ内容のまとまり)が分かりやすくなるように、

 

  • <1>の後
  • <3>の後

には、長めの間(ま)を入れる必要があります。

 

 

2.聞き手が理解する時間を作る

聞き手は、話を“音”で聞いた後、

それを脳で“意味づけ”することで内容を理解していきます。

 

 

この、「音→意味づけ→理解」の過程は、

簡単な内容であれば一瞬で行われますが、

複雑な内容であったり、たくさんの情報(”音”)が一気に入ってくると、

少し時間がかかることもあります。

 

 

そこで、話す側が、間(ま)をとって、

聞き手が理解するまでの時間を作る必要がある
のです。

 

 

これは簡単には、

文章でいう読点「、」や句点「。」のところで間をとればよいです。

 

簡単そうですが、意識していないと、意外とできていないことも多いです。

 

 

特に、読点「、」では間(ま)をとっているけれど、

句点「。」で充分に間(ま)をとれていない人が多くいらっしゃる印象です。

 

話が「。」で終わった後、すぐに次の話に入ってしまうと、

聞き手も焦ってしまいます。

 


句点「。」箇所では、聞き手のほうを見て

「理解できたかな?」

と一瞬確認する程度の間(ま)とるイメージ
で話してみましょう。

 

 

3.キーワードを強調する

最後は、キーワードを強調するための間(ま)です。

 

強調するための間(ま)は、

息継ぎもできないくらい、ごく短い間(ま)にしなければなりません。

 

長めの間(ま)をとってしまうと、話の流れが途切れてしまうからです。

 

では、もう一度、同じ例題を表示しましょう。

<1>『新製品の特徴は、2つあります。』


<2>『1つめの特徴は、耐水性の強化、つまり、より水に強くなったことです。』


<3>『水中に24時間沈めておく、耐水テストもクリアしております。』


<4>『2つめの特徴は、顔認証がより高性能になったことです。』


<5>『めがねや帽子を着用していても、正しく本人だと認識できております。』

上記の”話”の場合、

内容の要として言いたいのは、2つの特徴である

『耐水性の強化』

『顔認証がより高性能』

ですよね。

 

 

そこで、この2つのキーワードを話の中で際立たせるために、

ごく短い間(ま)を活用
します。

 

<2>『1つめの特徴は、()耐水性の強化()、つまり、より水に強くなったことです。』

<4>『2つめの特徴は、()顔認証がより高性能に()なったことです。』

上記の()のところで、ごく短く間(ま)をとることで、

間(ま)に挟まれたワードを、話の中で際立たせる効果があります。

 

 

音声サンプル

では、まず間がとれていない音声をお聞きください。

※音量をミュートにしていますので、小さめの音量から出してください。

 

 

続いて、間を適切にとった音声をお聞きください。

※音量をミュートにしていますので、小さめの音量から出してください。

 

 

話の間(ま)だけの効果を感じていただくため、

どちらも、あえてちょっと単調に話してみましたが、

間をとっていないと、話の構成が分かりづらく、話が次々と展開されて、

理解するのに集中力が必要なのがお分かりいただけるでしょうか。

 

 

また、間(ま)がないと、

大事なキーワードが、単調な話の中に埋もれてしまうのも、

気づいていただけたら幸いです。

 

 

まとめ

話の間(ま)は、

聞き手に与える効果を考えながら、とる長さを調整していくことで、

分かりやすく、伝わりやすい話になります。

 

 

  1. 話の構成を示して、聞き手の頭を整理する

  2. 聞き手が理解する時間を作る

  3. キーワードを強調する

という、3つの効果をしっかりと活用できるように、

“聞き手のために”間(ま)をとれるようになりましょう。

 

 

自分はしっかりと間(ま)をとったつもりでも、

聞き手からしたら、大してとれていない場合もありますから、

録音して聞いてみるのもおすすめします。