「対面レッスン」と「オンラインレッスン」のメリットとデメリット【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

当教室では、「対面レッスン」と「オンラインレッスン」を選んでいただけます。

 

もちろん、距離的な問題で、

大阪市内まで通える方は「対面」、通えない方は「オンライン」、という面もあるのですが、

今回は、レッスンの内容面において、どう違うのか、ということを書いていきたいと思います。

 

今まで対面レッスンをされていた方でも、コロナの影響でオンラインレッスンに切り替えて、

「やっぱり対面の方がいいな」とか

「これからは、オンラインレッスンでもいいかも」

と、様々にご感想をいただくのですが、“レッスンで何を強化したいか”によって、感じ方が変わってくるようです。

 

基本的には、対面でもオンラインでも、レッスンの質が変わることはありません

そのうえで、それぞれに、微妙な違いや、メリットとデメリットがありますので、まとめていきます。

 

対面レッスン

対面レッスンでは、やはり、講師が、話している姿を全体的に(総括的に)みて、アドバイスをできる点がメリットです。

 

実際に、“聞き手からどう見えているか”、”どう聞こえているか”を、録音・録画を確認して、自分で俯瞰的に見ることもできます

 

また、実際の声の大きさは、対面でなければ分かりません

人前でしっかり話すためには、どれくらいの音量や響きが必要なのかを、実際の声の大きさを聞いてアドバイスできます。

 

さらに、人前に立って話す時の、“体の使い方”や”気持ち”なども、一目瞭然ですので、

その場で細かく改善していくことができるのも、対面レッスンのメリットです。

 

反対に、デメリットと言えるかは分からないのですが、

ちょっと滑舌が微妙で、しっかり聞き取れる状態ではなくても、対面だと音がダイレクトなので、何を言っているのかだいたい分かったり、

体全体を使ったパフォーマンスによって、なんとなく伝わったりします。

 

ですから、その人が醸し出す空気感も含めた全体像をみて、”話が伝わる”のであれば、

ちょっとした滑舌などは、指摘しないこともあります。

 

オンラインレッスン

オンラインレッスンのメリットとしては、“声”“声の表現”に集中してアドバイスできることです。

 

実際の声の大きさは、マイクを通してしまうと分かりませんが、“声の質”“響き”は充分に判断できます

つまり、弱々しい声だったり、説得力のある声だったり、冷たい声だったり、温かい声だったり、という“質”も分かりますし、

声からは、その人の醸し出す”印象”や”気持ち”も伝わってきます。

 

また、体をどんな風に使って、口の中でどのように響かせて声を出しているのか、という想像もつきますから、それを基にアドバイスをしています。

 

さらに、言葉がはっきり聞こえる“滑舌”の面でも、オンラインではよりシビアになるかもしれません。

環境によっては、たまに音声品質がよくないこともありますので、“ハキハキ”と”明瞭に聞こえるように”話したい方には、オンラインは良い練習になります。

 

オンラインでは、上半身のみを平面上で見ることになりますから、“どんな声で、どんな表現をするのか”が、”話”の肝となります。

声での表現力を強化したい方も、オンラインは向いていると言えます。

 

逆に、デメリットとしては、先に述べましたが、講師は、実際の声の大きさが分からないこと、その人の全体像を見ることができないこと、です。

それによって、対面とは、少しアドバイスの方向性が変わってくると思います。

 

また、生徒さんは、オンラインだとリラックスされるようです。

それは、当然メリットでもあるのですが、“人前での緊張感を再現する”ことは叶いませんので、そのリラックス感を、本番でも持てるかどうか、本人次第というところでしょうか。

 

コロナの影響で、オンラインで会議をしたり、セミナーをしたりする方も増えていますから、そのような機会のある方は、オンラインレッスンは特におすすめです。

 

まとめ

まとめると、

  • 実際の声の大きさが分かる(対面)か、分からない(オンライン)か
  • 話す姿の全体像を見てアドバイスできる(対面)か、“声”や”声の表現”に集中してアドアイスできる(オンライン)か
  • 人前に立つ緊張感を味わえる(対面)か、リラックスしてレッスンできる(オンライン)か

というのが、大きな違いでしょうか。

 

月謝制の生徒さんは、毎回、対面かオンラインかを選んでレッスン予約していただけます。

どこを特に伸ばしたいのか、によっても、レッスンを選んでみてくださいね。