説得力のある話にするために、話の”筋とつながり”を考えましょう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回のテーマである「話の筋とつながり」は、プレゼン、スピーチ、セミナー、発言などなど、様々な”話”において、大切なことです。

“筋とつながり”が明確でない話は、論点がぼやけてしまうため、聞き手の納得感を引き出すことができず、心に届かなくなってしまいます

 

話し始めて、色々と喋っているうちに、どんどん論点がずれていってしまう・・・という経験は、カンの良い人なら思い当たることがあるのではないでしょうか。

 

また、自分では気づかず、無意識に筋の通らない話をしてしまっていることも、あるのではないかと思います。

 

では、筋の通った、説得力のある話をするには、どうすればよいのか?

例題をあげてみますね。

 

まずは、良くない例です。

 

例1:話の”筋とつながり”が明確でない

『熱中症の予防には、なんといってもこまめな水分補給が大切です。

また、汗をかいた時には、ミネラル豊富な麦茶もおすすめですよ。

もし、熱中症の症状が出てしまったら、経口補水液を飲みましょう。

熱中症にならないために、しっかりと対策をとってください。』

 

音声で”話”としてお聞きください。

※音声をミュートにしていますので、小さめの音量から再生してください。

 

上記の例1では、熱中症の話をしていて、一文ずつの意味も分かります。

一見(一聞?)特に分かりづらくはない話に聞こえるでしょう。

 

ですが、一つ一つの情報がバラバラに与えられているため、聞き手は、その場で「ふーん」と聞き流してしまう可能性が高いです。

 

そして、初めに「熱中症の予防」の話かと思いきや、

途中で「熱中症の症状が出てしまったら」という、熱中症になった時の対処の話をしています。

最後は「熱中症にならないために」でまとめているので、

結局、熱中症予防の話なのか、熱中症になった時の対処法の話なのか、筋が一本通っていません

 

文字に起こすとよく分かることでも、話していると、このように論点が微妙にずれてしまうことは、容易に起こり得るのです。

 

聞き手からしても、「熱中症」の情報には変わりないので、特に違和感なく聞くものの、

納得感や説得力が感じられないまま、聞き流して終わり、という状態になりがちです。

 

これを、説得力のある話にするには、もっと“論点・観点を絞る”ことが大切です。

 

では、次の例では、“熱中症予防”に論点を絞ったうえで、さらに一つ一つの話に”つながり”を持たせてみましょう。

 

例2:話の“筋とつながり”のある

『熱中症の予防には、なんといってもこまめな水分補給が大切です。

また、汗をかいた時には、水分だけでなく、塩分やミネラルが必要ですから、ミネラル豊富な麦茶がおすすめです。

今話題の経口補水液は、熱中症の症状が出た時に飲むもので、予防としては向いていません

正しい情報をもとに、熱中症にならないための対策をしっかりととってください。』

 

音声で”話”としてお聞きください。

※音声をミュートにしていますので、小さめの音量から再生してください。

 

上記の例2では、初めに水分補給の話をしていますから、2段落目では

『水分だけでなく』麦茶がよい、というように、直前の話と“つながり”を持たせています。

 

また、2段落目で、『ミネラル豊富』という語句が唐突に出てこないようにしました。

『汗をかいた時』『ミネラル豊富な麦茶』という2つの情報が、たやすくつながるよう

『塩分やミネラルが必要』という補足を入れています。

 

さらに、経口補水液の話は、“熱中症予防”の観点から述べています。

 

そして、熱中症の予防として、良いもの・向かないものを述べことから、これを受けて最後に

『正しい情報を元に』対策をとるよう、言って、これまで述べたことをまとめています

 

こうして、話の論点を絞って、一つ一つの話がつながるように述べていくことで、聞き手にとって納得感のある話になります。

 

まとめ

説得力のある話をするためには、

  • 話の論点・観点を絞ること
  • 一つ一つの話がつながるように話すこと
  • 唐突に出てくる単語がないように補足すること

を心がけてみてください。

『ふ~ん』で終わっていた話を、もっと関心をもって聞いてもらえるようになりましょう。