プレゼンやセミナーのブラッシュアップには、”質問”がカギとなる【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

同じような内容のプレゼンやセミナーを、対象者を変えて何度も行うことがあると思います。

そんな時には、やればやるほど”より良い”プレゼン・セミナーになるように、ブラッシュアップをしていきたいものです。

 

もちろん、話す側にとっても、何度も行っているうちに慣れてきて、自然と”質が良くなる”こともあるのですが、

逆に、慣れが出ることによって、”質が落ちる”こともありえるのです。

 

例えば、「何度も説明していること」は、話す側にとっては「当たり前のこと」になるので、

話すスピードが速くなってしまったり、専門的な言葉を当たり前に使ってしまったりして、

初めて聞く人にとっては、分かりづらい話になる恐れもあります。

 

ですから、同じような内容のプレゼンやセミナーを、何度も行う場合には、

「毎回新鮮な気持ち」を、話す側が持ち続けることが、大前提です。

 

聞き手が変われば、その場での”分かりやすい”・”伝わりやすい”話し方も、変化して当然ですから、

前回伝わったからと言って、今回も同じ話し方で伝わらるとは限らない、ということを

心に留めておく必要があります。

 

それを踏まえた上で、プレゼンやセミナーの内容や話し方をブラッシュアップするために活用したいのが、

聞き手からの“質問”です。

 

プレゼンやセミナーの後には、質問を受け付ける時間を設けるのではないでしょうか。

そこで聞き手から出てきた”質問”こそが、次の”より良い”プレゼン・セミナーにつなげるためのカギとなります。

 

  1. 話の中で説明したことを、改めて質問された場合
  2. 話の中で説明したことについて、より詳細なことを質問された場合

1.話の中で説明したことを、改めて質問された場合

プレゼンやセミナーの中で、「説明した」「話した」はずのことを、聞き手から質問されたのなら、

その「説明した」「話した」ことは、適切に伝わっていない、という証拠です。

 

また、「説明した」「話した」ことが伝わっていれば、当然分かるであろうことを質問された場合も、同様です。

 

これは、質問をした聞き手が、あきらかに聞いていなかったりして、”場違いな”質問をしている空気であれば、

聞き手の問題でもあるのですが、

そうでなければ、話す側が、次回からは説明の仕方を変える必要があります。

 

聞き手の質問内容から、

「どこが伝わっていなかったのか、理解できていなかったのか」を分析して、

  • より詳しく・かみ砕いて話す
  • 話す言葉を精査して、取捨選択する
  • 話す順序や、言葉の順序を組み替える
  • 大事なポイントが伝わるように声の表現を工夫する

などを、次回からできるように改善していきましょう。

2.話の中で説明したことについて、より詳細なことを質問された場合

プレゼンやセミナーで「説明した」「話した」ことについて、さらに

  • 詳しいこと
  • 細かいこと
  • 発展したこと

を質問された場合には、

「説明した」「話した」ことが伝わった上で、そこに興味を持ってもらえた、と言えるでしょう。

 

それについては、喜ばしいことなのですが、

質問への回答に対して、聞き手が”がっかり”したような様子があれば、

プレゼンやセミナー中の”説明の仕方”・”話し方”が、聞き手に過度な期待を抱かせてしまうような表現だった、ということです。

 

プレゼンやセミナーでの話を聞いて、興味を持って期待したけれど、

質問で詳しく聞いてみたら、「思ったのと違った」「そうでもなかった」という状態ですね。

この場合は、プレゼンやセミナー中の表現を改める必要があります。

 

反対に、質問への回答に対して、聞き手がさらに興味を持ったり、納得したりした様子であれば、

プレゼンやセミナー中に「説明した」「話した」ことが、

聞き手の心に引っかかった、興味を持ってもらえるポイントだったということです。

そこで、次回のプレゼン・セミナーでは、話の中に「さらに詳しい内容を盛り込むべきか」どうかを検討しましょう。

つまり、聞き手にとって興味を持ってもらえるポイントの部分を、プレゼン・セミナー中に、もっと話を膨らませて話すかどうか、考えるということです。

 

興味を持ってもらえるポイントは、聞き手の属性によっても違いますから、そういった観点から、

  • もっとプレゼン・セミナー中に話すボリュームを増やすべきか
  • 今のままの内容にとどめて、詳細は質問対応にするか

を考えていきましょう。

 


プレゼンやセミナーが終わった後の質問は、単に”聞き手の疑問に答える時間”ではありません。

 

聞き手は、プレゼンやセミナー中に、自由に聞き返したりできない分、

終わった後の質問の中に、たくさんの”話の感想”を込めてくれるものです。

 

次回に生かせるヒントが、いっぱい詰まっていますから、

きちんと質問内容を分析して、そこからブラッシュアップへつなげていきましょう。