言葉がはっきり伝わらない・聞き返される原因は、言葉の”初めの母音”かもしれない【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、言葉がはっきりと聞き取りづらくなってしまう原因の一つについて、書いていきます。

これは、多くの人たちの”話し癖(発音癖)”でもあるので、私もレッスンで多々指摘していることです。

 

それは、「一つ一つの言葉の、”最初の母音”が消えてしまっている」ことです。

 

 

言葉の”最初の母音”とは

まず、日本語の”音(おん)”は、母音と子音でできている、という認識を思い出していただきましょう。

 

a i u e o」が母音

KSTN」などが子音です。

 

例えば、『かきくけこ』であれば、

Ka Ki Ku Ke Ko

と、母音と子音を組み合わせて発音します。

 

そして、音として空気中によく響くのは、母音「a i u e o」です

子音の「K」とか「S」は、文字で書くと『クッ』『スッ』というような、口の中の摩擦音や破裂音なので、音としてほとんど響きません。

 

以上を踏まえたうえで、「一つ一つの言葉の最初の母音」というのは、

はよう ざいます』の『o)』と『Go)』

日の 料はこちらです』の『Ho)』や『Si)』

 

上記の赤字の母音部分です。

 

音としてよく響くのは母音だけですから、母音をしっかりと発音できなければ、その”音(おん)”は、

「自分は言った(発音した)つもりだけど、相手には聞こえていない」ことになります。

 

一つ一つの言葉の”最初の母音”が消えるとは

このような「一つ一つの言葉の”最初の母音”」が、ほとんど音として認識できないような発音の仕方になっている人が、多くいらっしゃいます。

では、音声で聞き比べていただきましょう。

 

サンプル音声:言葉の最初の母音が消えている

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 


サンプル音声:言葉の最初の母音をしっかり発音した

 

 

お聞きのように、”話”の中の一つ一つの言葉の最初の母音をしっかり発音できず、消えて聞こえてしまうと、

言葉がぼやけたり、はっきりと聞き取れなかったりするだけでなく、その人の印象もマイナスなものになりがちなのです。

 

まとめ

今回は、分かりやすいように簡単な言葉の例をあげましたが、

仕事で”説明”をする場面などでは、もっと聞き取りづらくなりそうな言葉をたくさん使うと思います。

 

そんな場合には、一層「一つ一つの言葉の”最初の母音”」を丁寧に発音しましょう。

 

また、「自分の名前」をうまく聞き取ってもらえなかったり、聞き間違いをされる、というお悩みもよく聞きます。

例えば、私の「砂川」であれば、

「しながわ」「つながわ」などと聞き間違えられたりしがちなんですね。

 

名前の場合も、”最初の母音”がしっかりと響くように発音してみましょう。

「すながわ」であれば、

『Su Na Ga Wa』と、赤字の母音部分です。

 

 

“話”の中の言葉(単語)一つ一つが、はっきりと聞こえてくると、ハキハキと話して、生き生きした好印象になります。

また、言いたいことが伝わりやすくなって、聞き返されたり、誤解を与えたりすることも少なくなるでしょう。

 

 

仕事で話す時には、特に、自分から発する「言葉」を丁寧に発音することが大切ですが、

そのためのテクニックとして、一つ一つの言葉の”最初の母音”が、よく響くように発音できるように、心がけてみましょう。