話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

プレゼンやセミナーなどで説明をする時、会議で報告をする時、スピーチなどで自分の意見を述べる時、などなど、

述べた(述べる)事柄に対して、”理由”を言う場面が多々あると思います。

 

例えば、商品の説明をする時、

  1. 『このタブレットは、防水機能がついていますので、海や川などのレジャーにも持って行って、使うことができますよ。』

  2. 『このタブレットは、海や川などのレジャーにも持って行って、使うことが出来ますよ。というのも、防水機能がついているからなんですね。』

上記の1.は、理由を先に言って、後から結論を言っています。

 

対して2.は、先に結論を言ってから、後で理由を述べています。

 

 

どちらも同じ意味ですが、理由と結論の順番を入れ替えることによって、何が違うのでしょうか?

 

1.プレゼンなどの説明で、理由を先に言うのがよい場合は?

『このタブレットは、防水機能がついていますので、海や川などのレジャーにも持って行って、使うことができますよ。』

 

このように、『防水機能がついている(理由)』を先に言うことで、

『海や川などのレジャーに持っていける(結論)』ことが、より筋の通ったものになり、説得力を持たせることができます。

 

ですから、『海や川などのレジャーに持っていける(結論)』ことを、特に強調して伝えたい場合には、

“理由”を先に言う方が効果的なのです。

 

聞き手は、『防水機能がついている(理由)』ことが前提となって、海や川でタブレットを使っている場面などの、イメージを膨らませることができるでしょう。

 

すでに活用している様子を聞き手にイメージしてもらうことは、プレゼンでは大切なことですから、

どんな使い方ができるのかを具体的に提示する際にも、有効でしょう。

 

2.プレゼンなどの説明で、理由を後から言うのがよい場合は?

『このタブレットは、海や川などのレジャーにも持って行って、使うことが出来ますよ。というのも、防水機能がついているからなんですね。』

 

このように、『海や川などのレジャーに持って行ける(結論)』ことを先に言うと、

聞き手は一瞬「なんで!?」と、ちょっと混乱しますよね。

 

人の脳は、筋の通らない情報は気持ち悪く感じて、その理由を探そうとするんだそうです。

 

ということは、「なんで!?理由が知りたい!」と一瞬思わせることで、聞き手の注意をひく効果があるんですね。

 

そこで『防水機能がついている(理由)』を伝えることで、聞き手はスッキリ納得して、

聞き手の頭には『防水機能がついている(理由)』の方が強く印象に残っていることでしょう。

 

ですから、『防水機能がついている(理由)』という機能面を特に強調して伝えたい時には、”理由”を後から言うのが有効だと言えます。

 

まとめ

このように、プレゼンや商品説明においては、”理由”を先に言うか、後から言うかによって、

伝えたいニュアンスが微妙に違ってきます。

 

「この話の中で何を強調したいのか」を明確にしていないと、効果的な話し方はできないでしょう。

 

“理由”を述べる順番にも心を配って、プレゼン資料やメモを作ってみてください。

 

今回は、プレゼンなど、説明の場面での”理由”についてでしたが、

次回は、自分の意見を述べる時や、報告をする時の”理由”を、先に言う場合と、後から言う場合で考えてみたいと思います。

 

話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合②

引き続き、上記リンクからご覧くださいね。

 

話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合①【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。