話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合②【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回も、前回に引き続いて、話す時に”理由”を先に言う時と、後から言う時の違いについて書いていきます。

前回記事をまだ読まれていない方は、先に下記リンクからどうぞ。

話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合①

 

前回の内容は、プレゼンなどで”説明”をする場面のことでしたが、

今回は、自分の意見を述べたり、報告をする場面での”話”について考えてみます。

例として、以下の文を提示します。

 

  1. 『やはり、グループの垣根を超えた意見交換が活発になると思いますので、オフィスのフリーアドレスには賛成です。』

  2. 『私は、オフィスのフリーアドレスには賛成です。グループの垣根を超えた、活発な意見交換ができるようになると思うからです。』

上記の1.は、理由を先に言って、後から結論を言っています。

 

対して2.は、先に結論を言ってから、後で理由を述べています。

 

文字で見ると、同様の意味でしかありませんが、上記の2つを”話”として聞いた時、どんな違いがあるでしょう?

 

『オフィスのフリーアドレスには賛成か?反対か?』

まず、『オフィスのフリーアドレスには賛成か?反対か?』というお題に対して、意見を述べる場合を想定しましょう。

ここで、理由を先に言ってしまうと・・・

『やはり、グループの垣根を超えた意見交換が活発になると思いますので、オフィスのフリーアドレスには賛成です。』

これでは、結論(『賛成です』)を後回しにしているため、

聞き手は、結論までの間、求めている答えが返って来ないように感じてしまいます。

そうすると、聞き手は違和感のあるまま話を聞くことになり

『グループの垣根を超えた意見交換が活発になる(理由)』が伝わらなかったり、聞き手をイライラさせてしまう可能性があります。

 


このように、「賛成か・反対か」というような、ズバリの意見を言うべき場面では、

結論を先に・理由を後から」にするのがよいでしょう。

『私は、オフィスのフリーアドレスには賛成です。グループの垣根を超えた、活発な意見交換ができるようになると思うからです。』

それによって、聞き手は先に結論を聞いて、頭を整理したうえで、落ち着いて”理由”を聞くことができるので、

“結論”・“理由”ともにしっかりと伝わって、説得力のある話になる効果があります。

 

『オフィスをフリーアドレスにすることに対して、意見は?』

では続いて、『オフィスをフリーアドレスにすることに対して、意見は?』というお題に対して、私見を述べる場面を想定しましょう。

 

『私は、オフィスのフリーアドレスには賛成です。グループの垣根を超えた、活発な意見交換ができるようになると思うからです。』

 

上記のように、結論を先に言っても悪くはないのですが、この場合、

聞き手の頭には、『賛成です』が”あなたの意見”として一番残るのではないでしょうか。

 

最初に言い切った結論は、強調されて印象に残りやすいのです。

 

ここで自分の意見として一番言いたいのは、

『グループの垣根を超えた、活発な意見交換ができるようになると思うから(理由)』という”実施された場合のメリット”でしょうから、

“理由”を先に言うほうが、ベターでしょう。

『やはり、グループの垣根を超えた意見交換が活発になると思いますので、オフィスのフリーアドレスには賛成です。』

 

まとめ

このように、自分の意見を述べる場合には、

何を問われているのか?聞き手は何を求めているのか?によって、理由を先に言うか、後から言うかの効果が違ってきます。

そして、問われていること(求められていること)を先に言うほうが、

聞き手からしたら分かりやすい話になります。

 

これは、報告をする場面でも同じでしょう。

仕事で自分の意見を述べたり、報告をしたりする際には、分かりやすく簡潔明瞭な話が求められますから、

興味をひいたり行動を促したりすることが必要なプレゼンとは、少し表現方法が違ってくるのです。

 

話の順序として、”理由”を先に言う場合と、後から言う場合②【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。