プレゼンの練習で、最も大事なこととは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

プレゼンをすることが決まった時、資料を作って、まず準備をしっかりとすることは大切なのですが、

資料ができたら、そこで終わっていませんか?




「プレゼンで上手く喋れなかった」ということが何度も続く人は、そもそも準備不足・練習不足のことも多いんですね。

 

例えば、PowerPointや配布資料は一生懸命作ったけど、自分が話すための資料(メモ)などを準備していなかったり

話すための原稿を作ったけれど、それで満足して練習していなかったりするのです。

 

プレゼンに練習は必要か?

よく、プレゼンの練習はせずに、本番では資料を見ながらなんとなく話す、という人がいらっしゃいます。

確かに、プレゼンまでの時間がない場合などは、プレゼンの内容を考えて、資料を作り上げるだけで手一杯なこともあるでしょう。

 

プレゼンの経験を何度も重ねて、「資料さえあれば、なんとでも話せる!」という自信があるのであれば、練習は必要ないのかもしれませんが、

人前で話すことに自信がなかったり、いつもうまく話せないと思っているのであれば、練習は必須です。

 

そして、”練習”とは、本番と同様に、聞き手がいることをしっかりとイメージしながら、

本番と同じ心持ちで、本番と同じ場所にいるつもりで、同じ”立ち居振る舞い”で、同じくらいの声を出して、

「リハーサル」をすること
です。

 

プレゼンの練習で最も大切なのは、声を出すこと

今回のタイトルにもしていますが、プレゼンの練習で最も大切なことは、

「本番と同じように、声を出して話してみること」です。

 

声を出さずに、イメージトレーニングだけをしても、何もやらないよりはいいですが、練習の効果としては薄いです。

 

私も経験があるのですが、いくらイメージトレーニングを重ねたとしても、

声を出した練習を1回でもするほうが、得るものが多いのです。

 

それは、本番をイメージして声に出してみて、初めて気づくことがあるからです。

声に出してみたことで改良点に気づいて、資料の内容に少し手を加えることもよくありました。

 

また、頭だけでシミュレーションしている時以上に、

「ここでは、こんなことを言おう」

「こういう表現を使おう」

というひらめきも、どんどん湧いてくるのです。

 

さらに、声に出しておくことで、本番で言葉を噛みづらくなる効果もあります。

一度発した言葉は、次からはスラっと発音しやすくなるからです。

 

まとめ

今まで、プレゼン前に練習をしっかりしていなかった人は、本番前に声を出してのシミュレーションをしてみてください。

「練習しなくても、なんとなく出来ていた」と思っていても、声に出して練習してみることで、新たな発見があるかもしれません。



練習では、自分の話を冷静に判定することが出来ますから、

「自分は無駄な言葉が多いなぁ」とか「間(ま)がとれていないなぁ」なんて、気づくこともあるでしょう。

自分の話を録音してみるのも、大変有効です。

 

そして、声を出して練習する時には、自分のイメージの中で、本番を徹底的にイメージして行いましょう。

本番での成功の度合いが、確実にアップすると思います。