聞き手の心をつかむ話をするために、すぐに試せることは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

皆さんは、聞き手の心をつかむって、難しいことだと思われますか?

確かに、難しい部分もあるのですが、すぐに試せることもあるんですね。

 

今回は、ちょっとしたことで、聞き手に注目してもらえたり、言ったことを覚えていてもらえたりするコツをご紹介します。

 

言うべきことだけを言って終わっていませんか?

人前で話をする時に、自分が言うべきことだけを、そのまま言って終わる人がいらっしゃるんですね。

例えば、次の内容を話すとしましょう。

 

『1994年の今日は、関西空港の開港記念日です。

当時は、日本で初めて24時間運用される空港でした。』

 

上記では、言うべきことは言っているのですが、これだけ言っても、なかなか聞いている人はグッと心をつかまれません。

 

聞き手は、聞いた瞬間は「ふーん」と思ったとしても、

話が別の話題に移ったら、すっかり頭から消えてしまうかもしれません。

 

なにより、聞き手の心が遠い状態で話し続けても、ずっと、いまいち伝わらない状態のままです。

 

聞き手に問いかけてみる

そこで、聞き手の心をつかむ簡単な方法として、まず、聞き手への問いかけをしてみます。

 

26年前の今日、関西で、今となってはなくてはならない施設ができた日なのですが、

何ができた日だと思われますか?



今日は、関西空港の開港記念日なんです。』

 

上記のように、まず聞き手に、クイズのように問いかけることで、

聞き手の頭は働き出します。

 

脳は、分からないことは、正解を探そうとする性質があるらしいので、これだけで、聞き手の心をひきつけることができるのです。

 

テレビのクイズ番組でも、そういう構成になっていますよね。

CMに入る前にクイズを出されると、CM明けに正解を聞くまで、考えるのを楽しんだり、分からないと気持ち悪かったりで、

チャンネルを変えることができません(笑)

 

この「聞き手への問いかけ」は、多用すると疎ましく思われてしまいますが、

聞き手の興味をひきたい”ここぞ”という時に使うと、効果抜群です。

 

大事な情報は、表現を変えて繰り返す

聞き手への問いかけで、興味をひくことができたら、

聞き手の頭(心)に残っておいてほしい情報は、表現を変えて繰り返してみます。

 

26年前の今日関西で、今となってはなくてはならない施設できた日なのですが、

何ができた日だと思われますか?


今日は、関西空港開港記念日なんです。


1994年9月4日に、関空は、日本で初めて24時間運用される空港として、開港しました。』

上記の、赤字青字緑文字の箇所は、同じ内容を表現を変えて言っています。

 

話している側からすると、「言ったんだから伝わっているはず」と思いがちですが、

さらっと言っただけでは、なかなか聞き手の心には入っていかないことが多いのです。

 

ですから、繰り返すことで、やっと聞き手の”腹に落ちる”ことも多々あると認識しましょう。

 

何度も同じことを繰り返すと、これまた疎ましい、つまらない話になりますので、

話の本質部分や、必ず伝えたいことだけを、表現を変えた中にうまく盛り込めるようにしてみてください。

 

すぐにできる方法としては、上記の最後の文のように、主語を省いても分かるだろうと思っても、省かないようにすることです。

『日本で初めて24時間運用される空港でした。』

関空は、日本で初めて24時間運用される空港として、開港しました。』

 

まとめ

聞き手の心をつかむための要素としては、声や表現力など、もっと色々とあるのですが、

“すぐに”取り組めることとして、

  • 問いかける
  • 表現を変えて繰り返す

という方法をご紹介しました。

 

“話”は、「言うことを言ったら終わり」「聞いてないのは聞き手が悪い」と思わずに、

聞き手の心をつかんで、内容をしっかりと腹に落としてもらえるように、できることを試してみましょう。

 

話し方が少し変わるだけで、”伝わり方”は格段に上がるのです。