話が伝わらない時ほど、話す人の心理が全部バレてる【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

レッスンで、生徒さんが”お話し”された後に、私が感想を言うと、

「なんで分かるんですか!?」

「そんなことバレてるんですか!?」

と驚かれることがあります。

 

例えば、私はよく

『今は、話しながら、資料の文字を追っかけるのに必死でしたね』

『今のは、どう言おうか、迷いがありましたね』

『話し方のテクニックだけでなんとかしようとして、気持ちが入ってなかったですね』

という感想を言うのです。

 

そうすると、生徒さんは、自分の心理を見抜かれたようで、驚かれるんですね。

 

ですが、これは、ごく普通のことです。

話している時の心理って、ご自身が思っている以上に、聞いている人にバレバレなんです。

 

レッスン中なので、私はよく生徒さんを観察しているから、というのも、もちろんありますが、

実際の”話す場面”でも、話す側の心理って、声や言い方や、ちょっとした仕草などによく表れてしまうものです。

 

しかも、「内容が伝わらない」時ほど、余計に「話す側の心理」が伝わってしまします

なぜなら、”話の内容”に関心が持てない分、”話している人の挙動”に注目が集まってしまうからです。

 

話が伝わりさえすれば、気にならなくなる

冒頭に書いたような

『文字を読むのに必死』『迷いながら話している』などの感想(ダメ出し?)は、

実は、話が伝わってこないからこそ、そういう感想が出てきてしまっている、ということです。

 

言い換えれば、私は、生徒さんの”お話”が伝わってきたときには、

「よく伝わった!よく分かった!」という感想しか出てこないのです。

 

よく伝わった時には、聞き手は”話の内容”にフォーカスして、納得して、共感しているわけです。

そうすると、話す側がどういう心理でいようと、気にもならないのです。



心理がバレるのが嫌なら、伝わる話をすればいい、ということになりますね(笑)

 

なぜ、話す側の心理がバレるのか

では、根本的に、なぜ話す側の心理がバレてしまうのか、考えてみましょう。

 

それは、話す側が、「自分自身に意識を向けながら話しているから」です。

「文字を読むのに必死」なのも、

「どう言おうか迷う」のも、

「テクニックで話そうとする」のも、

すべて、「自分がうまく話すこと」に一生懸命なのです。

 

話しているほうが、”自分”を見ているわけですから、聞き手も同じく”話している人そのもの”を見てしまうんでしょうね。


だから、話す側の心理がバレバレになるのです。

聞き手は鏡、というのが、よく分かりますね。

 

ですが、話す側が、聞き手のほうに意識を向けながら話したら、どうなるでしょうか?



『聞き手にとって、分かりやすい言葉で』

『聞き手が間違えないように、誤解を与えないように』

『聞き手にイメージしてもらえるように』

という気持ちでお話しすることが出来れば、聞き手は、自分のほうへ向けられた”話そのもの”に意識を向けてくれることでしょう。

 

話す側の心理は、全部オープンに

「自分がうまく話すこと」や「自分を取り繕うこと」に一生懸命な心理は、周りにバレたくないものですが、

話す側が、聞き手のことを考えながら話すことができたとき、

「バレたくない気持ち」なんて、なにもなくなるのです。


むしろ、話す側の気持ちを、オープンにしてお話ししたほうが、

聞き手からの印象が良かったり、心の距離が近くなったりするものです。


本来やるべきは、心理がばれないように伝わる話をしよう!と頑張るのではなく、

「聞き手のために、心を開いて話すことで、伝わる話ができる」のです。

 

 

なんだか、言葉遊びのようになってしまいましたが、

「緊張している」

「自信がない」

「話すのに必死」

などの心理が、バレないように、バレたくない、と思っているうちは、結局全部バレてしまうんですね(笑)

 

そんな心理さえもオープンにして、それでも聞いてる人のために伝えたい!という思いが勝った時、

話がしっかりと伝わるようになると思うのです。