「伝わる話し方」に一瞬で変わった生徒さんの事例【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、生徒さんの事例をご紹介します。

 

その生徒さんは、レッスンをしていて、私が驚くほどに、一瞬で話し方が変わって、話が伝わりやすくなったんですね。

 

それはなぜなのか・・・を書いていきたいと思います。

 

 

その生徒さんは、スピーチの練習をしていて、言うべきことをメモに書いていらっしゃいました。

 

メモを見ながら、自分の頭の中で話を組み立ててお話をしようと、準備してこられたんです。

 

元々レッスンでは、話の組み立てや、言葉の選び方、話のまとめ方などを中心にやるつもりで、

私も、”話の内容(中身)”をしっかり聞こうとしていました。

 

 

最初にお話しをされたとき

1回目、メモを見ながら一生懸命にお話をされたのですが、私にはまったく内容が頭に入ってこなかったんです。

 

「今回は話の中身をしっかり分析しよう」と思っていたのにも関わらず、です。

 

 

そして、いつも話されている時よりも、滑舌も悪く感じました。

何と言ったのか、言葉が聞き取りづらかったんですね。

 

 

ですから、話が終わっても、私は内容をほとんど覚えておらず、

「聞き取りにくい言葉が多かったなー」

「必死に言葉をつむぎながら、お話をされていたなー」

という印象しか残らない話だったんです。

 

私がしたアドバイスとは

1回目のスピーチを聞き終わって、生徒さんには

「内容がまったく頭に入ってこないスピーチだった」

と、正直にお伝えしました。

 

この時、聞き取りづらい言葉がいくつもあったことは、言いませんでした。

 

 

そして、私が生徒さんにしたアドバイスは、以下です。

 

  • 自分がメモを見て話すことに必死になりすぎている

  • 私(聞き手)が無視されているように感じた

  • 私(聞き手)に共感を求めるつもりで、語りかけて


2回目にお話をされたとき

私のアドバイスを受けて、もう一度初めからスピーチしてもらいました。

 

そうすると、まず、さっき聞き取りづらかった言葉が、ちゃんと聞き取れました!

 

つまり、私は滑舌のことなんて何も言っていないのに、

聞き手にとって聞き取りやすいように、自然と滑舌が改善されたんですね。

 

 

また、適切な抑揚がつくようになりました

 

話の大事なポイントや、言いたい部分が際立って聞こえるので、聞いている方としては、内容がよく把握できるようになりました。

 

 

さらに、話の間(ま)が適切に取れるようになりました

 

1回目のスピーチでは、自分が話しやすいために取った、いわば身勝手な間(ま)だったので、

長く間(ま)が空くところと、間(ま)が短いところが、聞く側の理解のペースと合致していませんでした。

 

2回目は、聞き手が理解できるように、間(ま)を取れていました。

 

そうなると、次に言うことを考えるために多めに間(ま)が空いてしまったところも、

「考えているから待とう」という気持ちで聞けて、気にならなくなったのです。

 

 

内容がよく頭に入ってきたので、

「そうだったの!?」「それはおもしろい!」

という感想が、色々と出てきました。

 

1回目と全く同じ内容のスピーチを聞いたはずなのに・・・(笑)

 

1回目と2回目のスピーチは、なにが違ったのか

2回目のスピーチが終わった後、1回目とは何が違ったのか、何を意識したのかを質問しました。

 

帰ってきた答えは、

『先生(私)に対して、お話ししようと思いながらスピーチしました』

ということでした。

 

 

その”想い”と”意識”だけで、何を言っているのかまったく伝わらなかった話が、

伝わる話に一瞬で変わったのですね。

 

 

もちろん、まだ改善すべき点は色々とあるにしろ、

「伝わらない」から「伝わった」への大逆転は、私自身も驚きました。

 

そして、話をする時に、伝えようとする”気持ち”が何よりも大切なのだと、改めて思ったのでした。

 

まとめ

「伝わる話し方」に一瞬で変わった訳とは、

「聞き手のために、伝えようとする気持ちを持って話した」

ことです。

 

この気持ちを持つだけで、

滑舌や抑揚や話の間(ま)など、話し方のテクニックの部分が、自然と向上したのです。

 

 

まずは、話す時の「気持ち」の置き方を改めて見直して、聞き手に伝えるために話すことに集中してみましょう。