プレゼンやセミナーで、ヘンに緊張せずに伝わる話をするコツとは【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

 

プレゼンやセミナーをすることになった時、緊張するのは体の反応として当然です。

 

逆に、緊張感を全く持たずに話してしまうと、失敗することもありますね。

適度な緊張感があることで、頭が働きやすくなって、臨機応変に話せることもよくあります。

 

 

でも、人前で”ヘンな緊張”や、”度が過ぎる緊張”をすると、伝わる話をする障害になってしまいます

例えば、緊張して頭が真っ白とか、しどろもどろになるとか、周りが全く見えなくなる、などですね。

 

 

ここで一つ、ご自身のことを振り返っていただきたいのが、

ヘンな緊張の仕方をする人は、

「自分が主役だと思っていませんか?」

ということです。

 

 

プレゼンの”主役”は誰?

人前でプレゼンやセミナーをするということは、みんなの注目を一心に浴びる訳ですから、

その瞬間は、自分がその場のメイン(主役)になったように感じます。

 

 

でも、よく考えてみると・・・

 

プレゼンやセミナーでは、”主役”は他にいる(ある)はずなんです。

 

それは、“商品”や、伝えるべき”情報”です。

決して”話す人自身”が主役ではありません。

 

 

つまり、聞き手は、「話している人」を見たいのではなくて、

「情報」を求めているんですよね。

 

 

そこの認識を誤ってしまうと、自分が注目を浴びることで、ヘンに緊張したり、

真の主役である”情報”を伝えることが、おろそかになったりするのです。

 

 

話す側の役割とは

プレゼンやセミナーでは、話す人は、主役である”情報”を最大限に引き立たせる”引き立て役”なんです。

 

それなのに、情報を伝えることができなくて、”主役”の足を引っ張るなんて、ダメですよね(笑)

 

 

主役である”情報”が、どうすれば際立つのか、どうすれば聞き手に「良い!」と思ってもらえるのかを考えて話すことに徹しましょう。

 

“主役”である商品(情報)の良さを知っている者として、

それをみんな(聞き手)に分かってもらえるように努めるのです。

 

 

 

このような、話す側の役割を全うしようとすると、自分が注目されることに対する”ヘンな緊張”から解放されて、

聞き手のために、最適な表現で、情報を伝えることができるようになります。

 

まとめ

私も、アナウンサーの仕事を始めたばかりのころ、

「自分は主役にはなり得ない」と気付くまでは、失敗ばかりしていました。

 

でも、それに気づいてからは、「伝えること」を大切にできるようになりました。

 

自分の役割が明確になって、それを全うしようと話すようになってからは、仕事で褒められることも増えてきたのです。

 

人前で緊張して、うまく話せなくなる人は、

自分は主役ではないことに気づいて、スポットライトの当たる場所から(心理的に)離れましょう。

自分から主役の座についているから、おかしな緊張をするのですね。

 

そして、真の主役である”伝えるべきこと”のために、ご自身の役割を全うしてくださいね。