よく通る響きの良い声で話せるようになると、滑舌が気になるワケとは【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

当教室へは、「ものすごく滑舌が悪くて、他人からも指摘される」という方は、ほとんどいらっしゃいません。

 

どちらかというと、

「滑舌は良いとは思わないけど、あまり気にしたことはない」

「滑舌では特に悩んでいない」

「他人から滑舌のことを指摘されたことはない」

「話していて、たまに言いにくい言葉はあるけど、そこまで気にならない」

という方が多いです。

 

つまり、ご本人としては、滑舌にはそれほど困っていらっしゃらない方が多いんですね。

 

私自身も、そういう方の話し方を見て(聞いて)、「最初の印象として」は、”滑舌が悪い”とは思いません。

 

 

ところが!レッスンで、まず声を磨かれて(3回くらいのレッスンで、声はずいぶん変わってきます)

良い響きの、よく通る話し声になってきた途端、

『あれ?滑舌が残念だな・・・』という印象を持ってしまうのです。

 

“持ってしまう”というより、”気づいてしまう”んですね。

 

また、ご本人としても、レッスンを何度か受けられると、

『なんか滑舌が良くない気がする・・・』

『口に力が入って口が回りにくい・・・』

とおっしゃり始めることが多いです。

 

声と滑舌はセット

「滑舌が良いなー」と思う人、どなたか思い浮かぶでしょうか。

有名人でも、周りの知り合いでも、誰でもいいです。

 

滑舌が良い人って、声も良く通る人ではないでしょうか?

 

 

よく通る、響きの良い声を出すためには、

 

  1. 息の吐き方
  2. のどの開き方
  3. 声のトーン(高さ)
  4. 口の中の形

 

などが、大事な要素となります。


そして、滑舌よく話すためにも、「4.口の中の形」は、重要な要素の1つになります。

 

 

ですから、声を磨いていくことで、滑舌の要素も磨いていけるのです。

 

ただ、それぞれの要素は、習得するのが、容易なものと、難しいものがあります。

 

話す声を磨いていく過程で、上記の1~3は、早めに習得しやすいんですね。

1~3を習得できれば、声の質がかなり変わります。

 

落ちついた、聞いていて心地よい、よく通る声の質に変わったのが、すぐに分かります。

 

 

ですが、4つ目の要素である「口の中の形」を適切にしていくのには、少し時間がかかります

 


良い響きの声で話せるようになってきても、「4.口の中の形」を適切に作れないと、

口の中で、共鳴させたり、発音したりする時に、響きが悪くなる”音”がでてくるんですね。

 


良い響きのままの”音”と、響きが歪められた(響きが悪くなった)”音”が、混ざった”言葉”になってしまいます。

 

 

全体的な声が良くなった分、響かない”音”のところ(滑舌の良くないところ)が、目立ってしまうんですね。

 

ということは、声を磨いていくと、滑舌が気になってくるのは、「上達している証拠」です。

 

 

そして、「4.口の中の形」を適切に作って話すことができるようになると、

“さらに良い響きの声”・”良い印象の声”になって、なおかつ、滑舌もはっきり聞こえるようになれます。

 

 


声と滑舌はセットですから、

通る声で話したいと思われるなら、滑舌も気にかけていきましょう。

 

滑舌は特に問題ないと思われている方でも、上達していくうちに、気になってくるかもしれません。