腹式呼吸・腹式発声を練習する多くの人が、出来ていないこととは?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

今回は、腹式呼吸・腹式発声について、少し掘り下げて書いていこうと思います。

 

通る声や、よい響きの声で話すためには、腹式発声で声を出すのが一番です。

 

気軽な会話だけなら、腹式発声する必要性は低いのですが、

プレゼンやスピーチなど、人前で話す場面や、

顧客に対しての商品説明、会議での発言など、仕事でしっかりと話さなければならない場面では、

腹式発声をおすすめします。

 

また、オンライン会議や、マスクをしながら話す場面でも、言葉をしっかりと届けるために、腹式発声が良いです。

 

腹式発声は、聞き取りやすい良い声で話せるだけでなく、

  • 言葉がはっきりと聞こえるようになる

  • 声の表現をつけやすくなる

  • 緊張が緩和される

など、様々なメリットがあるんですね。

 

腹式呼吸・腹式発声のメリットや練習法については、過去記事で書いていますので、

以下のリンクよりお読みください。



話す時に必要な腹式呼吸についてまとめ

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法



 

 

さて、腹式呼吸・腹式発声をすること自体は、そんなに難しくありません。

 

私たちは、普段、寝ている時やリラックスしている時は、腹式呼吸を自然としているわけですから、

体をリラックスした状態で、声を前へ飛ばすように出せば、自然と腹式発声になるんですね。

 

ここまでは、多くの人が出来ることなんです。

 

 

ですが、腹式発声の強みを生かすためには、「長い息」で話せなければ、意味がありません

腹式発声を練習して、出来るようになったと思っても、「長い息」を使えていない方が多いのですね。

 

 

「長い息」を使えていないとは?

これまで、腹式発声で話をしてこなかった人は、浅い呼吸で、息継ぎをたくさん入れながらお話をしていたはずです。

 

浅い呼吸の息継ぎは、ご本人も無自覚のうちに、ごくわずかな息を体が勝手に吸っています

傍から見ても、息継ぎをしたとは分からないほど、なんですね。

 

 

その頻繁な息継ぎが、体に染みついているのです。

 

ですから、短い言葉であれば、腹式発声で、良く通る声で言うことができるけれど、

長く話すとなると、体が勝手にすぐに息継ぎをしてしまって、

話しているうちに、どんどん浅い呼吸に逆戻りしていくんですね。

 

そうすると、話し始めの言葉だけ、良い声が出て、

その後、どんどん声が弱くなっていったり、声の表現をつけられないままだったりするのです。

 

 

「長い息」を使えていないというのは、せっかく腹式呼吸で吸った息を、話すために有効に使えていない、ということです。

 

 

まずは、自分の息継ぎを自覚しよう

話している時の息継ぎは、これまで無意識に行なっていたことが多いと思います。

まずは、自分が話しながら、いつ、どのタイミングで息継ぎをしているのか、観察してみましょう。

 

ひどい人は、文節ごとに細かく息継ぎを入れています。

例えば、

『こちらは(息継ぎ)当社の(息継ぎ)えー(息継ぎ)オリジナルの(息継ぎ)商品でして(息継ぎ)・・・』

のような状態です。

 

 

そんなに切って喋る人なかなかいないよー!と思われるでしょうか?

それが、結構いらっしゃるんですね。

ごく少ない息を、瞬間的に吸っているので、話を”切って喋って”いる感覚はあまりないかもしれません。

 

 

そうすると、話し始めの『こちらは 当社の』ぐらいまでは、練習した通りに腹式発声で言える気がするけれど、

その後は、声の響きも悪くなって、説明も分かりにくくなってしまうんですね。

 

ご自身の細かい息継ぎに気づかれると、自分で驚かれる人も多いのです。


意味のまとまった”塊”は、なるべく一息で

ご自身の息継ぎを、意識下に置くことができたら、

話の中で意味がまとまっている部分は、一息で話せるようにやってみましょう。

 

例えば先ほどと同じ例だと、

『こちらは(息継ぎ)当社のオリジナルの商品でして(息継ぎ)・・・』


のように、最低限「当社のオリジナルの商品」という、修飾語も含めたひと塊の言葉は、

息継ぎなしで言えるようにしましょう。

 

 

さらに、出来るようになったら、

『こちらは 当社のオリジナルの商品でして(息継ぎ)・・・』

ぐらいまでは、一息で言えるといいですね。

 

 

息継ぎを減らす時に気を付けること

意味のまとまった部分を、一息で言おうとすると、話すスピードが速くなってしまう人がいらっしゃいます。

 

一息で!と思うと、サラサラ~と流すように喋ってしまうんですね。

ですが、それだと、分かりやすい話にはなりません。

 

 

一息で言う時には、吐く息が、ゆっくりと同じ量で出ていくように、腹筋で支える感覚を養いましょう。

 

これこそが、腹式発声の”本来の使い方”です。

 

まとめ

腹式発声を練習しても、いざ自分の言葉で話すとなると、

「吐く息を、腹筋で支えながら、長く使って話す」ことができていない方が多いです。

 

特に、考えながら話す時には、これまでの細かい息継ぎの癖が出やすいですね。

 

 

腹式発声は、瞬発的に声を出す時にはやりやすいのですが、それだけで出来た!と思わず、

長く話す時にも、効果的に使えるように、普段から意識してみましょう。