人前で話すのに自信がなくても、”自信がない”ように見えない方法【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。



今回のタイトル

「人前で話すのに自信がなくても、”自信がない”ように見えない方法」

というのは、

 

「自信がないように見えない」のが大事、ということを本質として言いたいのではなく、

「自信がないようには見えていない」ことが分かれば、「自信がない」という思考から離れやすい

ということをお伝えしたいのです。

 

そもそも、「話すのに自信があるか・ないか」は、聞き手には関係のないことです。

 

たとえ自信を持って話したとしても、話の内容が伝わらなければ、意味のないことですよね。



私自身も、毎回、完璧に伝わる話ができる自信はありませんが、だからこそ、「伝えよう」としながら、お話ししています。

 

ですから、人前で話す時には、「自信がない」「自信がある」という思考自体、そんなに重要ではないのですね。

 

「人前で話すのは自信がない」と思われている方は、

「自信がないように見られるのがイヤ」という意識(無意識でも)もセットになっていることが多いです。

 

ですから、「自信がないように見えない」ことを自分で認識できれば、落ち着いて話せるようになりますよ!とご提案したいのです。

 

そのために、人前に出ても「自信がないように見えない」方法をお伝えしたいと思います。

 

人前で話すことに自信がない人は、2パターンに分かれる

「人前で話すのは自信がない」とおっしゃる方は、

  1. 元々「自信がない」ようには見えない

  2. 「自信がない」ことがバレバレ

の2タイプに分かれます。

 

ご自身がどのタイプなのかは、周りの人に聞いてもらうのが一番です。

お世辞ではなく、ズバリ言ってくれる人に聞いてみて下さい。

 

それでは、タイプごとに、人前で気をつけていただきたいことを書いていきます。

 

1.元々「自信がない」ようには見えない

「自信がない」とおっしゃる方のなかには、

「そうは見えない」方が一定数いらっしゃいます。

 

それは、その人の雰囲気や性格や見た目など、色んな要素はあると思うのですが、

私からすると、すごく「お得」だと思います。

 

でも、その「お得」なご自身の特長を、活かそうとしていない方が多いのですね。

 

「自信がないようには見えない」のですから、なにも焦ったり、取り繕おうとする必要がないのです。

 

ただただ、自分自身のまま、ありのままで、目の前の人たちに「話しかけよう」とする姿勢を持つと、

さらに「堂々と」見えます。

 

このタイプの方が注意することは、話す時に「自分の殻に閉じこもらないこと」です。

 

自信がないようには見えないのですから、聞き手に対して、能動的にお話するだけでいいのです。

 

2.「自信がない」ことがバレバレ

人前に立つと、自信がないことがバレバレで、声にも態度にも表れてしまうタイプの人は、

「聞き手のほうへ、まっすぐ声を飛ばすこと」を心がけてみましょう。

 

「自信がない」のがバレるポイントとしては、

  • 声が弱々しい
  • 気持ちが内側を向いている

ことが大きいです。

 

ですから、「聞き手のほうへまっすぐ声を飛ばす」ことで、上記の2つが解消されます。

 

すなわち、自信がないようには見えなくなるのです。

 

もうこれは、人前で話すときには、そうする!と決めて、実践するのみです。

それだけはやろう!と決意して、あれこれ考えずに実践することが大切です。

 

そうすることで、そんな自分の声に引きずられて、「自信がない」という自分のセルフイメージが変わります

 

自分の声に、自分が助けられて、ますます「自信がない」ようには見えなくなるのです。

 


「自信がないようには見えない!」「しっかりと話しているように見える!」と

他人からの”見え方”を自分で認識できると、

案外、自分自身の「自信がない」思いは、どうでもよくなる・軽くなるものです。

 

自信がないことに囚われなくなるんですね。

 

そういう意味では、まず先に「自信がないようには見えない」ように振る舞うことに、取り組む意義があると思います。