声の表現は、”大げさ”がちょうどいい!?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

あなたは、話をしながら、顔の表情がよく変わるタイプですか?

表情豊かに話す人は、人間的な魅力を感じますよね。

 

 

また、「声の表情」はいかがでしょう?

 

声の表情というのは、話をしながら

  • 声の高さ
  • 声の強弱
  • 声色
  • 発音するスピード

などを変えて、話の表現をつけていくことです。

 

顔の表情と同じで、「声の表情」が豊かだと、

話している人の気持ちや、話のニュアンスが伝わりやすかったりしますね。

聞いていて飽きがこないので、いつの間にか聞いている人の心をつかんでしまうんですよね。

 

最近では、マスクをして話をしていると、顔の表情が分かりづらくなりますから、

伝わる話をするためには、より一層「声の表情」が大事になってきます。

 

「声の表情」「声の表現」については、以下のブログでも詳しく書いていますので、よろしければご覧ください。

声に表情をつけて、印象良く伝わる話に!

声を使い分けて伝わるプレゼンに

話の中で大事なポイントを確実に伝えるコツ

 

さて、普段、仕事でお話する時に、顔の表情があまり変わらないタイプの人は、

「声の表情」もあまり変化がない場合が多いです。

 

つまり、自分の想いを体で表現することに慣れていないのですよね。

 

 

また、親しい人と気軽に会話をしている時には、顔も声も、表情豊かに話すのに、

仕事などの改まった場面や、人前で話すとなると、

途端に、顔も声も無表情になってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

顔だけは一生懸命笑顔を作っているけれど、”声”に表情がついていない場合も多いですね。

 

 

「話の分かりにくさ」は、「声の表現がついていない」ことも大きな一因

「話をしながら、自分の想いを声に乗せて表現できているかどうか」

「聞いている人の心をつかめる、声の表現になっているかどうか」

は、自分では気付かないものです。

 

もし機会があるなら、ご自分が話しているところを録画・録音していただくのが一番です。

 

自分の声を聞いたり、自分の姿を映像でチェックするのは、慣れていないと嫌なものですが、

慣れてしまえば、写真と同じような感覚で見ることができます。

 

 

そして、ご自身の声をチェックする時には、ぜひ、第三者目線で

自分自身ではなく、「誰か知らない人が話しているところ」を見る(聞く)感覚にしてください。

 

そうすると、話すのが得意ではない大抵の人は、「自分の話し方は分かりにくい」ことに気づかれると思います。

 

「分かりにくい」原因は様々あるのですが、ほとんどの人が、

「声に表情がついていない」ことも、原因の一つになっているのです。

 

まるでミュージカル俳優のように話す!?

教室で、「声に表現をつける」レッスンをすると、

話をした後に、『今のは大げさすぎませんか!?』と、

ご自身の”話の表現”を振り返る生徒さんもよくいらっしゃいます。

 

 

ご自身としては、『ミュージカルの俳優さんになったくらい、大げさに表現して話した』など、おっしゃったりもします。

(その人の中の、ミュージカル俳優さんのイメージは分かりませんが・・・笑)

 

でも・・・ご自身の録画を見ていただくと、

『あれ?全然普通ですね・・・』となるのです。

 

つまり、自分としては、日常ではありえないくらい”大げさ”に話したのに、

実際の自分の姿は、大げさでもなんでもなく、”普通”だった、ということに気づかれるんです。

 

でも、”普通”という感想を持たれるということは、

「取り立てて話が分かりにくいわけではない」ということです。

 

自分の中では、ありえないくらい大げさに話して、やっと、”普通に分かる話”レベルになったんですね。

 

 

これは、普段からあまり「声の表情」がつかず、ご自身を表現することに慣れていない方ほど、

「表現した自分の感覚」と、「第三者からの見え方」のギャップが大きいです。

 

まとめ

実は私は、大学時代に、アナウンスのレッスンを受けると同時に、お芝居もやっていたのですね。

 

ですから、話す時に「声で表現する」という部分は、無意識に出来るようになっていたようです。

 

そういう経験がない方は、声の表現をつけるのに、それほどまでに”大げさ”にやっている感覚なのだな、と

生徒さんを見て思っています。

 

でも、この感覚も、”慣れ”です

最初は”大げさ”だったものが、そのうち”普通”になっていきます。

 

普段からあまり自分を体で表現しないタイプの方や、改まった場面では縮こまってしまう方は、

“大げさ”に話して、やっと「普通に伝わる」レベルになることもある、ということをぜひ知っていただきたいと思います。

 

 

ただ、本当に”大げさすぎる”話し方はよくありませんから、

ご自身の話している声は、第三者目線でチェックしてみてくださいね。