「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも②【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今回は、前回の記事の続きとして書いていきます。

 

仲の良い人から、よく、

「何を考えているのか、イマイチ分かりづらい」

と言われる、

 

自分の気持ちや考えを言っているのに

「ホントにそう思ってる!?」

と疑われるように言われる、

 

話の聞き役になった時に、「反応が薄い」と言われたことがある、など、

 

そんな方に向けて書いています。

 

 

前回の記事をまだお読みでない方は、以下のリンクよりどうぞ。

「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも①

 

 

さて、前回は、気持ちが伝わりづらい理由として2つ挙げていました。

  1. 言葉が足りない

  2. 声に気持ちが乗らない

今回は、「2.声に気持ちが乗らない」ために、こちらの気持ちや意図が伝わりづらかったり、

気持ちがこもっていないように聞こえてしまうことについて、詳しく書いていこうと思います。

 

 

なぜ声に気持ちが乗らないのか?

自分としては普通に喋っているつもりなのに、なぜ「声に気持ちが乗らない」のでしょうか。


細かく分析してみると、

  • 話に抑揚がついていない

  • 言葉の一音一音が、一定の音量で出ている

ことが原因になっているのではないかと考えられます。

 

では、それぞれについて、説明していきましょう。

 

話に抑揚がついていない

まず、一つ目の原因は、わかりやすいです。

 

抑揚がない話し方、つまり、棒読みということですね。

 

 

話している内容や、気持ちによって、声の高さの変化や、強弱の変化がつかずに、

いつも一定のトーンでお話をされる人は、感情が伝わりにくいです。

 

そうすると、話をしていても、その人の「人柄」「人となり」が分かりづらくて、

親近感や信頼感を持ってもらうのに、時間がかかるかもしれません。

 

 

抑揚がつかない話し方の人は、自分を表現するのが苦手なことが多いです。

 

聞き役の時にも、話への反応が薄くて、相手との「共感の気持ち」を共有しづらいこともあるでしょう。

 

特に、人前や、改まった場面で話すときには、自分に分厚い鎧を着せてしまうかのように、

相手(聞き手)との間に壁を作ってしまいがちです。

 

思い当たる人は、まずは、聞き役の時に、大きくうなずいたり、使う声の高さを変えてみたりと、

短いあいづちの中で、その時の気持ちを表現できるようにするところから、試してみましょう。

 

 

言葉の一音一音が、一定の音量で出ている

声に気持ちが乗らない原因の2つめは、「言葉の一音一音が、一定の音量で出ている」ことです。

 

と言っても、どういう状態なのか分かりづらいですね。

 

話すときに、どの”音”を発音するにも、声が一定音量でしっかりと出ることは、本来は聞きやすくて、良いことなのです。

 

例えば、

『本当に美味しかったです』

と言う時を考えてみましょう。

 

それぞれの音をローマ字に分解すると、

『Ho N To Ni o Si Ka Ta De Su

となって、赤字は母音です。

 

一音一音の母音が、しっかりと同じ音量で響くと、はっきりと滑舌よく聞こえて、聞き取りやすいのです。

 

これが、声が一定音量でしっかりと出ている、ということですね。

 

でも、はっきりとは聞こえますが、どこか機械的なんですよね。

 

感情の乗った声というのは、気持ちを表現するために、声の音量がバラバラになったり、声の質が変わったりするものなのです。

 

先ほどの例だと、

『本当に』と言う時には、少し強めだけれど息交じりの声になったり、

『美味しかったです』と言う時には、少し弱く柔らかく響かせるような、優しい声になったりするのですね。

 

これを、最初から最後まで、全く同じ音量で一音一音を発音してしまうと、

ハキハキ喋っているんだけど、感情が乗らない話し方になってしまいます。

 

 

こういうタイプの方は、自分の本音を話しているのに、

『本当に思ってる!?』

『社交辞令で言ったでしょ!?』

と思われてしまうことも多いかもしれません。

 

ちょっと、とっつきにくい印象を与えることもありますね。

 

聞き取りやすく話せるという、良い部分は残したまま、

特に気持ちを入れたいところでは、声の強弱の変化をつけてみたり、息交じりに表現してみたりすると、

機械的な印象はなくなるでしょう。

 


このように、話す時の「声」の使い方の癖によって、相手に気持ちが伝わらずに、

「本来の自分」とは違う印象を与えてしまったり、誤解されてしまうことがあります。

 

「声」の表現に着目して、お話をしてみてくださいね。

 

「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも②【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。