「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも①【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。

 

仲の良い人から、よく、

「何を考えているのか、イマイチ分かりづらい」

と言われたり、

 

自分の気持ちや考えを言っているのに

「ホントにそう思ってる!?」

と疑われるように言われたりしたこと、ないでしょうか。

 

また、話の聞き役になった時に、「反応が薄い」と言われたことがある方も、いらっしゃるかもしれません。

 

今回は、そんな方に向けて書いていきたいと思います。

 

何を考えているのか分からない、ミステリアスなタイプの方は、恋愛面では不思議な魅力があるかもしれません。

 

ですが、ビジネスでコミュニケーションをとったり、人前で話したりする場面では、

想いが伝わりづらくて、親近感や信頼感を得られないなど、損をすることもあるでしょう。

 

気持ちが伝わりづらい理由とは?

本人はそのつもりはないのに、気持ちが伝わりづらいのには、どんな理由があるのでしょうか。

 

考えられる大きな理由としては、

  1. 言葉が足りない

  2. 声に気持ちが乗らない

ことが挙げられます。

 

今回は、まず、「1.言葉が足りない」ために、こちらの気持ちや考えが伝わらなくて、

誤解をされやすかったり、印象が悪く映ることがある例をご紹介したいと思います。

 

今回の内容を3分半の動画で簡単にご覧になりたい場合はどうぞ↓
(ブログのほうが詳しく書いています)


例1:宅配にて

先日、私が、宅配を受け取る時に、経験したことです。

 

私は自宅でマスクをしていなかったので、対面しないように、インターホン越しに、

「荷物を玄関前に置いておいていただけますか?」

と配達員さんにお願いしたんですね。

 

そこで、配達員さんから帰ってきた答えが、

 

『冷蔵です』

 

でした。

 

 

この答えに対して、どう対応すればいいのか迷いました。

 

なぜなら、配達員さんの言葉の「真意」が分からなかったからです。

 

「要冷蔵の荷物なので、玄関には置けません

という意味なのか、

 

「玄関に置いておきますが、要冷蔵の荷物なので、早めに仕舞ってください」

という意味なのか、分からなかったのですね。

 

つまり「玄関に置いておいていただけますか?」と私が言ったことの答えが、

YESなのかNOなのか、肝心なところが伝わってこなかったのです。

 

そして当然、その配達員さんに対する印象は悪かったです

 

でもこれ、きっと、配達員さんはイヤな感じの人だったのではなくて、言葉が足りないだけだと思うんですね。

 

玄関にはちゃんと置いていただけましたから、本人の答えとしてはYESだったのでしょう。

 

そして、ただ置いておくのではなく、「冷蔵だから気を付けて」と添えてくれたのでしょう。

 

それなのに、相手にとっては、それが伝わらず、不快にさせてしまうんですよね。

 

分かりました。冷蔵ですから、早めに仕舞ってください』

 

と少しだけ言葉を足せば、全く問題なかったのですが、

ちょっとしたことで、相手を不快にさせたり、誤解を与えたりするんだと感じた例でした。

 

例2:旅館にて

実は、私の主人も言葉が足りない傾向があるので、それで誤解を与えてしまう場面には、よく遭遇するんですね。

 

以前、旅館の部屋のエアコンを点けたら、すごくカビ臭くて、とても使えないことがありました。

 

私たちは、さほどエアコンは必要なかったので、点けずに過ごして問題なかったのですが、

「これは旅館の人に言っておかないと、次に泊まる人がエアコンを使えなくて可哀想だ!」

ということで、帰りに旅館のフロントに対して、主人が言った言葉が、

 

『エアコン、臭かったんで』

 

でした。

とても優しい口調で言っていました(笑)

 

 

旅館の人は、なにやら急にクレーム(?)を言われたと思って、軽く謝罪されて終わったのですが、

これも、こちらの「真意」が全く伝わっていませんよね。

 

ちょっと粗探しをして、軽く文句をつけて帰っただけ、と捉えられて、

エアコンを確認しないかもしれません。

 

ここで、

『エアコンが臭くて、次に使う人が困ると思うので、確認しておいてもらえますか

とでも言えば、こちらの真意は伝わったでしょう。

 

ほんの少しの言葉、時間にすれば数秒のことなのですが、

それが足りないだけで、言いたいことが伝わらなくなるのです。

 

なぜ言葉が足りなくなるのか?

言葉が足りなくて、気持ちが伝わらなかったり、誤解されてしまうタイプの人は、

「自分の中で当たり前のことは、口にしない」傾向があるように思います。

 

これは、あえて言わないようにしているのではなく、

自分では、言っているつもりだけど、実は言葉に出していないんですね。

 

自分が発した言葉を、客観的にとらえられていない、とも言えます。

 

ですから、言葉が足りないことに、自ら気付きにくいです。

 

 

「何を考えているのか分からない」と言われたり、

相手が話したことに対して「反応が薄い」と言われたり、自覚がある人は、

 

自分が発した言葉に足りないところはないか?

自分の言葉に対して、相手はどう反応しているか?

 

に注目してみてください。

 


言葉が足りなくて、真意が分からない人に対して、あれこれ根掘り葉掘り聞いてくれる人は、

実は親切だと思います(笑)

 

ビジネスなどでは、大抵は、良く分からない人、印象が悪い人と思われて、

真意が伝わらないままの可能性が高いでしょう。

 

では、次回は、気持ちが伝わりづらいもう一つの理由である

「2.声に気持ちが乗らない」例を挙げてみたいと思います。

 

以下のリンクより、引き続きご覧くださいね。

「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも②

 

「何を考えているか分からない」「反応が薄い」と言われる人は、話の表現下手かも①【大阪/マンツーマン話し方教室】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。