腹式発声で話すために、発声以外のアプローチをしよう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

よく通る声で、しっかりと話すために、まず腹式発声を身に付けようとされる方が多いと思います。

 

伝わる話をするためには、腹式発声は必須!と言ってもいいくらい、大事なことです。

 

腹式発声について、詳しいことは、過去記事に書いていますので、

以下のリンクからお読みください。

 

話す時に必要な腹式呼吸についてまとめ

伝わる話し方の基本!「話す時の呼吸」を身につける練習法

 

 

今回は、腹式呼吸・腹式発声が、ちょっと出来るようになった人に向けての内容です。

 

 

腹式発声を習得して、練習では出来るようになっても、

プレゼンやスピーチなど、人前で話す本番でそれを活用していくところに、

もう一つ乗り越えなければならない壁があります。

 

それは、実践の場面(人前で話すなどの場面)では、元の浅い呼吸に戻ってしまいやすいことです。

 

実践の場でも、腹式発声で話し続けることって、結構難しいんですね。

 

 

実践の場面では、緊張感もあるでしょうし、プレッシャーもあるでしょう。

何を話そうか、話しながら一生懸命考えることも必要になってきます。

 

そうすると、せっかく習得した腹式呼吸ではなく、元々の自分の呼吸の癖が出やすいんですね。

 

呼吸は、その時の心理と密接に関わりがありますから、

気付かない間に、瞬時に元に戻ってしまうんですよね。

 

そして、浅い呼吸で話してしまうと、そこから腹式呼吸へ立て直すのは難しいです。

せっかく習得したのに、それでは意味がないですよね。

 

 

そこで、最後まで腹式呼吸で話せるように、呼吸以外のところで工夫をしてみましょう。

 

  1. 話し始める前に、一息おく
  2. 一文を短くする
  3. 話題の変わり目で間(ま)をとる

1.話し始める前に、一息おく

人前で話し始めるときに、人前に立って、即、話し始めるのはお勧めしません

 

皆から見られると、焦ってすぐに話し始めてしまう人が多いのですが、

ちゃんと一息おいて、心と体の準備をしてから話し始めましょう。

 

といっても、ほんの1~2秒のことです。

でも、それが、腹式発声で話し始めるために大事な時間なのです。

 

人前に立ったら、聞いている人みんながいる空間を感じるように、軽く見渡しましょう

そうすることで、焦りが少なくなって、落ち着いてきます。

 

落ち着いた呼吸から話し始めることで、習得した腹式発声で話しやすくなるのです。

 

 

2.一文を短くする

落ち着いて話し始めることができたら、

話の区切り(文章でいうところの「。」)までが、長くならないように気を付けましょう。

 

どうしても、区切り「。」までをダラダラと長く話してしまうと、

その間に息が足りなくなりますから、

細かく浅い息つぎを繰り返しながら、話してしまうことになります。

 

そうすると、必然的に腹式発声が出来なくなるんですね。

 

そこで、「。」までの一文は、長くならないように工夫しましょう。

 

長い息で話して、「。」で終わったところでは、しっかりと息を吸えるようにすると、

最後まで呼吸が浅くならずに済みます。

 

 

3.話題の変わり目で間(ま)をとる

話をしていて、話題が変わるところでも、あまり間(ま)を取らない人が多いんですね。

まるで話が繋がっているかのように話してしまいます。

 

話題が変わるときに間(ま)を取るのは、無言の時間を作るようで、話している側としては怖いんですが、

聞き手からすると、話を理解していく上で必要な間(ま)です。

 

そこは、話す側と聞き手とで、無言の時間の感覚が違うことを知って、

しっかりと間(ま)を取るようにしましょう。

 

 

この間(ま)は、話す側にとっては、ゆったりと呼吸して、落ち着き直すための間(ま)だと思っていただけると良いです。

 

長く話しているうちに、やはり呼吸が浅く速くなりがちですから、

話題の変わり目では、それをリセットする感覚で、ゆったりと呼吸をし直しましょう

 

 

まとめ

このように、話しながら、最後まで腹式呼吸・腹式発声を続けていくためには、

呼吸以外のところで工夫してみるのが良いのです。

 

実践の場面では、呼吸に意識を向けるのは難しいからです。

 

  1. 話し始める前に、一息おく
  2. 一文を短くする
  3. 話題の変わり目で間をとる

を気にかけて、習得した腹式発声を、最後まで活用できるようにしましょう。

 

落ち着いて、伝わる話ができるようになると思います。