採用選考で提出する、自己紹介動画の話し方のポイント【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

最近では、採用選考で、履歴書などと共に「自己紹介動画」の提出を求められることがありますね。

 

採用選考だけではなく、学生のインターンシップの選考でも、動画を提出することがあるようです。

 

コロナ禍で、気軽に対面できないことに加えて、

スマホで誰でも簡単に動画が撮れるようになったことも、要因として大きいでしょう。

 

書類だけとは違って、ご本人の人柄がダイレクトに伝わりますから、話し方にも気をつけたいところです。

 

そこで、自己紹介動画を撮影する時の、注意するポイントを挙げていきましょう。

 

今回の内容を、動画で端的にご覧になりたい方はどうぞ↓
(ブログのほうが少し詳しく書いています)


  1. 堅くなりすぎない
  2. いつもより、ゆっくりハキハキと
  3. 一文が長くならない

1.堅くなりすぎない

採用選考のための動画ですから、

きちんと話さないと!しっかりと話さないと!という意識が強くなると思います。

 

そうすると、ビシッと堅い喋り方や、硬い表情で撮影してしまうんですよね。

 

ですが、採用のための動画ということは、

「その人と一緒に働きたいかどうか」を見られるということです。

 

きっと、ガチガチにお堅い雰囲気の人や、緊張した雰囲気の人よりも、

話しやすそうな雰囲気を持っている人の方が、一緒に働きたいと思われるはずです。



そこで、無理にビシッと姿勢を正して、硬い言葉で喋ろうとせずに、

カメラの向こうの人に、明るく「話しかける」ようにして、撮影してみましょう。

 

その方が、あなたの魅力が伝わるはずです。

 

2.いつもより、ゆっくりハキハキと

動画を撮影するとなると、ある程度、内容を決めてから話し始めると思います。

 

頭の中で決めている内容を言おうとすると、どうしても話すスピードが速くなりがちなんですよね。

普段はそんなことないのに、早口な人に見られたり、せっかちで焦っているように見られたらもったいないです。



そこで、これも、目の前の人に「話しかける」ように、ゆっくりめに話すようにしましょう。

 

言葉の発音自体をゆっくりにするのは難しいと思いますので、

間(ま)を少しだけゆったりめにとるように心がければ、ちょうど良いです。

 

最初はゆっくり話し始めたのに、話し続けるうちに、どんどん無意識に速くなってしまうものですから、

最後までゆったり話せるように気をつけましょう。

 

 

そして、いつも話すときよりも、ほんの少しだけ言葉をはっきり発音するようにしてみましょう。

 

頑張ってハキハキ話そうとすると、余計におかしくなりますので、

言葉を、カメラの向こうの人に丁寧に届ける気持ちを持つと良いでしょう。

 

3.一文が長くならない

話の内容を考える時点から、一文を長くしてしまう人が多くいらっしゃいます。

文章で言うと「一文」ですが、話だと「。」で一区切りつくまで、のことですね。

 

どうしても、「。」までの中に、たくさんの情報を詰め込みすぎて、ダラダラと話してしまいがちです。

 

そうすると、要領を得ない人だという印象を持たれかねません

 

一文の中には、言いたいことが1つ、または2つくらいになるように、

適度に句点「。」で話を区切って話すように心がけましょう。


その時は、接続詞を効果的に使って、話がつながるように工夫も忘れずに。

 

そうすれば、話の内容が伝わりやすいだけでなく、すっきりと簡潔に話せる印象にもなります。

 

まとめ

選考のための動画だからと、いつもとは全然違う自分を演じてしまうと、

あなたの魅力が発揮されない動画になってしまいます。

 

カメラの中に、好きな人がいるようにイメージして、

その人に対して「話しかける」ようにすると、自然な魅力が出るでしょう。

 

その際に、

  1. 堅くなりすぎない
  2. いつもより、ゆっくりハキハキと
  3. 一文が長くならない

の3つのポイントに気を付けて、撮影してみてくださいね。