話の中の”全部の言葉”をハッキリ滑舌良く言うのはダメ!?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。

 

お仕事で話す時には、やっぱりハキハキと話して、

しっかりとしている、信頼感のある印象を持たれたいですよね。

 

特に、人前で発言する時などには、滑舌よく、はっきり発音できるように、と心がけて、

一つ一つの言葉を丁寧に発している方もいらっしゃると思います。



でも、そこで陥ってしまいやすいことが、

話の中の”全部の言葉”を、はっきり、ハキハキと発音しようとしてしまうことです。

 

「え?全部をはっきり発音するとダメなの!?」

と思われるでしょうか(笑)



元々滑舌が良い人や、滑舌よく発音することが完全に身についている人は、特に問題ないのですが、

「はっきり話そう!」と意識して、あえてハキハキ話している人は、

全部の言葉をはっきり発音してしまうのはおススメしません。

 

というのも、ちょっと不自然な話し方になって、言いたいことが伝わらなくなるからです。

 

今回の内容を、動画で端的にご覧になりたい方はどうぞ↓

では、例として、

 

『新商品の特長をご紹介します。

1つめは、耐久性に優れているという点です。』

 

と言う時を考えてみましょう。

 

これを、”全部の言葉”をはっきり発音してみます。

 

“全部の言葉”をはっきり発音

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

これだけ聞くと、特に問題なく、ハキハキ話している印象でしょうか。

 

でも、ちょっと堅い印象があったり、

話の中で、何が大事なのかが分かりにくくなりますよね。

 

全部がダイレクトに伝わってきてしまって、話のメリハリがないんですね。

 

 

ではこの話の中で、「しっかりと伝えなければいけない言葉は何か?」を考えてみます。

 

『新商品の特長をご紹介します。

1つめは、耐久性に優れているという点です。』

 

しっかりと伝えるべきことは、

  • 「特長」
  • 「1つめ」
  • 「耐久性に優れている」

というワードではないでしょうか。

 

この伝えるべきワードだけをハッキリと発音して、

あとは少しテンポよくさらっと話してみた
音声をお聞き下さい。

 

“伝えるべきワードだけ”をはっきり発音

※ミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

 

『ご紹介します』

『という点です』

などの言葉は、とりたてて滑舌が良い印象はなく、さらっと発音していますが、

そうすることで、伝えるべきワードがより際立って聞こえてきたのがお分かりいただけますか?

 

このように、聞く側は、話を一字一句すべて聞いているわけではなくて、

話全体として「話している人が言いたいこと」を理解しようとしているのですね。

 

ですから、大事なワードさえ適切に伝われば、言いたいことが伝わるのです。



その伝えるべきワードを、話の中で確実に際立たせて届けるために、

それ以外の、特に重要ではない言葉は、あんまりハキハキと言いすぎないほうがいいのです。



滑舌が悪くならないように、言葉をはっきりと発音しなきゃ!と思って、気をつけて話している方は、

もう一歩進んで、「伝えるべきワード」と「それ以外」のメリハリがつくように話してみましょう。



もちろん、伝えるべきワードではないからといって、モゴモゴと発音するのはよくありませんが、

少し速めに発音しても問題ないでしょう。


その分、大事なワードは、はっきりゆっくり言ってみてくださいね。