話が分かりやすくても、分かりにくくても、聞き手からは何も言われない!?【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。


お仕事では、
「分かりやすく話したい」
「難しい事柄でも分かりやすく説明したい」
と思いますよね?


「分かりやすいかどうか」は、話をするうえで、もっとも大事な要素と言えるかもしれません。


もちろん、聞き手の心を動かしたり、行動に結びつけてもらったりするためには、
「分かりやすさ」だけでは足りないのですが、

それでも、根本的に分かりやすくて、ストンと理解できなければ、心も動きませんよね。



私も、話をしていて、「分かりやすいかどうか」は、一番気を遣うところです。

  • 言葉えらび
  • 話す順番
  • 声の表現(抑揚や声色)
  • 間(ま)のとり方
  • 話すスピード
  • 情報量
  • 聞き手の理解度や属性

など、話をしながらさまざまに考慮して、工夫して、

やっと「分かりやすい話」になるんですよね。




教室でも、分かりやすく説明できることには、重点を置いてレッスンしています。



ですがそうやって、分かりやすく話せるようにスキルアップや工夫をしても、

なかなか周りから褒められたり、「分かりやすい!」と言われることが少ないので、

自分では確信を持ちにくいんですよね。



反対に、「分かりにくかった」と言われることも少ないでしょう。

上司など指導的立場の人には言われるかもしれませんが、

顧客などからあえて言われることはないでしょうから、これまた、自分では判断がつきづらいものです。


分かりやすく話せたとき

分かりやすく話せている時には、

聞き手は、”話している人そのもの”ではなく、”話の内容”にフォーカスが当たっている、


すなわち、話に入り込んでいるんですよね。


そんなときは、話を聞きながら、イメージをしたり、考えたり、感情が動いたりしているわけですから、

分析的な「分かりやすい!」という感想は出てきません。


聞き手の頭と心は、話の内容のほうに集中しているでしょう。



ですから、

  • 話した内容に対して発展的なことを質問された
  • より詳細なことを質問された

のなら、ちゃんと話を理解してもらえて、興味を持ってもらえた、という指針にするとよいでしょう。


また、聞き手と心がつながったような、嬉しい感覚・充実した感覚があるならば、

話が伝わったと思ってもよいでしょう。



話が分かりやすかった場合、「話している人に対する印象」は、確実に良いですし、

「分かりやすい話だった」と思うにしても、時間が経った後になってからでしょうから、

その場で褒められることが少ないのですね。


また、わざわざ本人に「分かりやすいかった」と言うことも少ないでしょう。

言ってもくれる人は、貴重でありがたいですね。

分かりやすく話せなかったとき

対して、話が分かりにくかった時には、聞き手は、話の内容に入り込むことができません。


ですから、即座に「分かりにくい!」とハッキリ感じてしまうんですよね。



そして聞き手は、言葉の端々をつなぎ合わせることで、自分の頭の中で勝手に解釈を作り上げたり、

もしくは聞き流してしまったり
するでしょう。




理解できなかったことを聞き返したり、

『どういうことなのか』と質問してくれる聞き手は、

分かりにくいながらも、実は熱心に聞こうとしてくれているんですよね。



話が分かりにくくて聞き流されてしまうと、

何も質問が出てこずに、「はい、分かりました」で終わるということが起こりえます



質問が出ない = 全部分かった

と捉えてしまうのは、短絡的です。


  • 聞き手の反応が薄い
  • 質問が全く出ない
  • 説明したはずのことを質問される
  • 誤解されて受け取られた質問が返ってくる

ような場合には、話が分かりにくかった可能性が高いですから、

ご自身の話を見直してみましょう。



このように、話が「分かりやすかった」のか「分かりにくかった」のかという意見は、聞き手からは返ってこないことが多いですから、

その分、自分でそのことに敏感になっていくのが、分かりやすい話をするために大切です。



「自分は分かりやすい話ができているのかどうか」に意識を向けられていないと、

話し方を改善することも、スキルアップすることもできません




ぜひ気にしてみてください。