伝わる話をするには、聞き手に「イメージしてもらう」ことを怠らないで【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。



皆さんは、話や説明をするときに、

「聞き手に、話の内容をイメージしてもらう

ことを意識されていますか?



聞き手は、話の内容を、

「言語(言葉の意味)」だけでとらえるのではなく、

「イメージ(頭の中で映像化)」することで、

理解を進めたり、納得したりする
場合が多々あるのです。





例えば、

『山の桜がちょうど満開で、遠くから見ると、山がピンク色に染まっていましたよ』

という話を聞いたとき、


「山」「桜」「ピンク色」などの言語情報だけで話を理解するのではなく、

頭の中で、無意識にその「情景」を思い浮かべませんか?


はっきりとした映像が思い浮かばなくても、

内容を理解しようとするとき、ぼんやりイメージするのではないでしょうか?




逆に言うと、情景をイメージできなかった場合には、

その話には興味を持てなかったり、聞き流してしまったりする
と思います。


『山の桜がきれいでしたよ』

とだけ聞いたとしたら、

さほどイメージが浮かばず、「ふーん・・」と聞き流すかもしれませんね。




ということは!

聞き手が頭の中でイメージ映像を作れるよう、話で導くことができれば

  • 興味を持ってもらう
  • 深く納得してもらう
  • すんなり理解してもらう
  • 行動に移してもらう

ことが可能になるんですよね。



これは、プレゼンやスピーチ、商品説明、自己紹介、報告、面接など、

ビジネスの場面で話す時・説明する時にも、もちろん当てはまります。





では、少し長めのお話の例として、

仕事場の皆さんに、情報共有・周知・依頼をするときを考えてみましょう。



オフィスフロアの廊下などに物を置いているのを片付けてほしい、と周知・依頼する場面を想定します。

イメージしにくい話の例

フロアの出口や、廊下や、階段に物を置いていると、

地震で崩れてきたり、火事だと燃え広がったりして、逃げ遅れる危険があります。


東京で、階段に物を置いていた雑居ビルが火事になって、

40人以上が亡くなったケースもありますので、

今置いてあるものを片づけたら、物を置かないで、オフィスの整理整頓に努めてください。

音声サンプル:イメージしにくい話の例
※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください。

    

これは、自分の言うべきことだけを、そのまま口にしている印象ですね。



話の冒頭から、

「一体何の話が始まったのか」

「この人は何が言いたいのか」

が分かりにくいですから、

聞き手は、話の要点を探ろうとして、必死に「言語」を聞いてしまいます


当然、内容をイメージしながら聞くことはできないでしょう。



最後まで聞いて、やっと言いたいこと(「避難経路に物を置かないでね」)が理解できたとしても、

そこまでの話に納得感がないため、

理解して行動に移そうという気が起きませんね。




このような、イメージしづらい話には、

  • 言葉や情報が、唐突に出てくる
  • 一文(「。」まで)の中に情報量が多い
  • 話の間(ま)がない

などの特徴があります。




では、全く同じ内容の話を、

聞き手がイメージできるように意識して話してみた例を挙げてみます。


イメージが浮かびやすい話の例

災害が起こった時のことを想定して、オフィス内の整理整頓に努めてください。


というのも、地震や火事が起こって、避難しようとするとき、

フロアの出口や、廊下や、階段に物が置いてあると、邪魔になって逃げ遅れる危険があるからです。

火事だと燃え広がる原因になるかもしれません。


以前、東京の雑居ビルで火事があったのですが、

そのビルでは、階段を物置代わりに使っていて、スムーズに避難できなかったんだそうです。

そのため、逃げ遅れて、40人以上が亡くなったということがありました。


ですから、まず、今置いてある物を片づけていただいた上で、

今後は、出口・廊下・階段に物を置かないように、お願いします。

音声サンプル:イメージが浮かびやすい話の例
※音をミュートに設定していますので、小さめの音量からお聞きください

     

ここでは、まず冒頭で、話の要点を言っています。


「一番何を言いたいのか」を明示して、分かってもらったうえで、

具体的な内容をイメージをしてもらえるように、話していくんですね。



聞き手が、一つ一つ段階を踏みながらイメージできるように、

一文の中に入れる内容が、だいたい2つ以内と、少なく
なっています。





さらに、過去の事例(東京の雑居ビル火災)をイメージしてもらうことで、聞き手の危機感が高まるため、

「物を置いてはならない」理由としての説得力も高まります




そして、最後に、皆さんにやってほしいことを2つ挙げていますね。


1.「今置いてあるものを片づける」

2.「今後は物を置かない」


これらも、聞き手に、やるべきことをイメージしてもらうことで、

具体的な行動に結びつきやすくなります





このように、ただただ、自分が言うべきことを話すのと、

聞き手にイメージしてもらえるように意識しながら話すのとでは、

伝わり方・説得力・分かりやすさが大きく違ってくるのです。



自分が喋ることだけを考えるのではなく、

聞き手にイメージしてもらえるように、という視点で考えて、お話しみてくださいね。