早口なのは、性格のせいじゃないかも【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
ビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川顕子です。



今回は、早口について書いていきます。



他人から指摘されたり、

自分でも自覚されていることが多いのが「早口」ですね。



また、レッスンで話した後に、

「早口じゃなかったですか?」

と気にされる方も多いです。



話し方の癖として、気づきやすいところですよね。



早口の人は、

  • せっかち
  • 焦りやすい

という”性格”に原因があると、漠然と思われるのではないでしょうか。




確かにそのような面も、あるにはあるのですが、

そうじゃない場合も多々あると、多くの人の話し方を見て思っています。



また、仮に”性格”に一因があったとしても、

それを直そうとするのはなかなか難しいですよね。



そこで、”性格”に起因する以外の早口の原因と、

“性格”を変えること以外の早口の改善法をお伝えしたいと思います。


そもそも、早口とは

まず、「早口」と感じられる場合は、2パターンあります。

  1. 一音一音が短い(発音のスピードが速い)
  2. 話の間(ま)がなく、次々に話を進める


この2つの話し方の癖が、単独で、または混在している時に、

話を聞いていて「早い!」と感じてしまいます。


ご自身が、どちらに(または両方)該当するのか、分析してみましょう。



過去記事にも詳しく書いています。

早口を直そう!

1.一音一音が短い(発音のスピードが速い)原因と解決法

一音一音を発音するスピードが速くなると、

言葉が聞きとれなかったり、滑舌が悪く聞こえたりする弊害があります。




発音のスピードが速くなってしまう原因は、

  • 呼吸が浅い
  • 口の中が狭い

ことが考えられます。



言葉をよく噛んでしまう人も、

発音のスピードが速すぎるために、口の動きがついていかないから、ということがありますね。



浅い・弱い呼吸で話すと、口の中があまり動かなくて、

一音一音を雑に発音してしまいがちです。



また、声を出す時に、息をすぐに使い切ってしまうので、

その間に性急に言い終わろうとして、速くなるんですね。





解決法として、まず、意識的に息を吸ってから、声を出すようにしましょう。



息を吸う時には、

鼻から、上に向かってツーンと吸うのではなく、

口の中を開いて、喉のほうへ(鼻から下に向かって)空気を送り込むイメージで吸いましょう。


息を吸うことで、胴体が丸く膨らむイメージをするのも良いでしょう。






そして、声を出す時には、

吸った息を、口の中から、太くまっすぐ出ていくように吐いてみましょう。





そうすることで、必然的に口の中の空間も広がって、動かしやすくなり、

拙速に発音すること自体が、できなくなります。


2.話の間(ま)がなく、次々に話を進める原因と解決法

言葉の発音自体は速くはないけれど、

間(ま)を取らずに話してしまうことで早口に聞こえる場合の原因は、

  • 呼吸が浅い
  • 聞き手の反応を認知できていない

ことが考えられます。

まず、物理的に、

呼吸が浅ければ、息つぎの時間も短いです。


そうなると、話の区切りのところで、ごく短時間で息を吸って、

すぐに次の言葉を発してしまいます。



聞き手からすると、情報を次々と与えられて、理解が追い付かないんですね。



区切りの息つぎでも、前述のように、意識的に息をたっぷりと吸うことで、

必然的に間(ま)を取ることができます





また、こうしてゆったりとした呼吸をすることで、

気持ちが落ち着いたり、頭の中が整理されやすくなって

焦って次々と話してしまうのを防ぐ効果もあります。




次に、話している時の意識の持ち方として、

「聞き手の反応」を見たり、期待したりすることを心がけましょう。



「自分が」どう話そうか、何を話そうか、ということに100%集中するのではなく、

『ここで、あいづちを打ってほしい』

『ここで、なるほどーと納得してほしい』

など、聞き手の反応を期待しながら話してみるのも良いでしょう。



プレゼン・スピーチ・説明など、こちらが一方的に話すような場面でも、

聞き手との”対話”を楽しむつもりで話すことで、

聞きやすい間(ま)を取れるようになります。



聞き手は、ただただ話を聞いているだけではありません。


頭の中であいづちを打ったり、無意識下で短い返答をくれたりしていますから、

自分のことだけに必死にならずに、ちゃんとそれを認知することが大切です。






「話」は、自分のためにしているのではなく、

聞き手のためにするものなんですね。



自分から発する言葉も、聞き手のためのものですから、

早口になって、それをぞんざいに発音したり、次々と投げかけたりすることは失礼ですよね。



聞き手のもとへ、言葉や内容を丁寧に届けようとしながら、

上記のような解決法を試してみてくださいね。