人前に出ると魅力が引っ込んでしまう【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

今日は、「魅力」のお話をしたいと思います。

 

1対1で会話をする時や、数人の仲間内で会話をする時には、笑顔で生き生きとお話しされる方がいます。

抑揚もあって、言いたいことがよく分かりますし、面白いエピソードを交えてお話しされて、聞いていて楽しいです。

親しみやすい人柄がよく出て、もっと会話していたくなるんですよね。

 

でも、その方が人前に立って話す時には、急に声が小さくなったり、棒読みになったりするんです。

普段、生き生きと話している時とは大違いで、自信なさげな、取っつきにくそうな印象になってしまいます。

つまり、人前に立った瞬間、普段の自分の魅力を無意識に閉じ込めてしまうんですね。

 

こういうタイプの方は、結構多いなぁと思っています。

そして、本当にもったいないなぁと思います。

 

当然、人前だと緊張するし、きちんと話さなくてはならないし…と色々と理由があるのは分かります。

ですが、人前でも魅力的な自分で話せるように、次のことに留意してみていただきたいと思います。

 

  1. 目の前の聞き手に心を開いて、話しかける感覚を持つ
  2. 「自分」を出して良いと、自分で認める
  3. 「読む」のではなく「話す」ことを意識
      

1.目の前の聞き手に心を開いて、話しかける感覚を持つ

1対1で会話をする時、相手に伝えたいことがあったら、一生懸命語りかけたり、話しかけたりしますよね。

またそんな時、こちらが心を閉じて、相手との間に壁を作ってしまっては、

相手もこちらの言葉を素直に受け取ってくれないでしょう。

それは、相手が10人になっても100人になっても変わりません。

 

人前で緊張しているからと、自分の世界に閉じこもらず、

まずこちらから、聞き手に対して心を開きましょう

そして、「一人」に対して話すのと同様に、聞き手に語りかけましょう。

1対1で目の前の「一人」に対して話す時に、どんな風にお話するでしょうか?

それを考えてください。

 

話し方の技術よりも、普段の自分の表現で、気持ちを込めて話すことによって、

一番魅力が出る
と思うのです。

 

2.「自分」を出して良いと、自分で認める

人前に立つと、とても完璧主義になってしまう方がいらっしゃいます。

そして、普段の素の自分を出さないよう、なんとか取り繕って、

隙を見せないように振る舞うこと
に一生懸命になってしまうのです。

 

でも、そんなガチガチに気を張っているあなたより、普段のリラックスしているあなたの方が魅力的なのです(笑)

そのことに気付くのは難しいのかもしれませんが、認めてみましょう。

 

「自分自身」のまま、人前に立って良いのです。

「自分らしさ」を出して良いのです。

 

隙を見せない完璧な人より、人間らしさが感じられる人の方が魅力的ですし、聞き手は心を寄せてくれます。

もし緊張しているなら、「緊張している」と正直に言って、今の自分をそのまま表現してしまう方が、

聞き手の目が温かくなることだってあるのです。

 

3.「読む」のではなく「話す」ことを意識

これは、原稿を書いて本番で読む場合に、気を付けたいことです。

原稿を自分で書いているにも関わらず、それを読むとなると、

読点「、」のところでしっかりと間(ま)を取りながら、ゆっくりと棒読みになってしまう人がいます。

まるで、小学校の時にさせられた本読みのように。

 

でも、本番で読むのは、教科書でも小説でもありません。

あなた自身の「話す言葉」です。


「読む」のではなく、自分の言葉で「お話し」しましょう。

それには、原稿を書く段階から、目の前の「一人」に対して話すようにイメージすることが大切です。

 

「読んでいる」状態では、その言葉は誰の言葉でもなく、血が通いません。

あなたの言葉として語りかけた時に、言葉が生き生きとして心が乗って、聞き手に届くのです。

 


魅力って、そんなに特別なものではないのです。

相手に心を開いて、気持ちを込めて話す人は、その人らしさが表れます。

そして、それこそが魅力だと思うのです。

 

人前でも魅力が出るようになると、人生が変わるかもしれませんよ。