良い声を出すコツは、頑張らないこと【大阪/マンツーマン話し方教室】

ご覧いただきまして、ありがとうございます。
人前で話すビジネスパーソンのための「声と話し方の教室」講師の砂川です。

 

生徒さんを見ていると、レッスンの発声の際に、ものすごく力んでいる方がいらっしゃるんですね。

私の印象ではありますが、元演劇部の方とか、声優を目指していらっしゃる方など、

発声をちょっと勉強した方などに多い気がします。

 

また、発声練習などをやったことがなくても、お仕事などで人前で話す機会が実際にあって、

「頑張って声を出さなきゃ!」と思っていらっしゃる方も、力が無駄に入ってしまうことが多いです。

 

発声をする時に力んでいる方は、胸から上の上半身にすごく力が入っています。

それで声を張るので、いわゆる「固い声」になりがちです。

「頑張ってます!」感が、声に表れてしまうんですね。

そして、その声には感情が乗りにくいです。

 

試しに、ちょっとレッスンを横に置いて、世間話など「会話」をすると、

声は随分小さくなりますが、リラックスして力まずに話されるんです。

その時の方が、声に感情が乗って、言いたいことが良く伝わってきます。

 

レッスンの発声や、人前で話す時には、自分の普段の声よりも大きな声を頑張って出さなきゃ!という感覚があるのかもしれませんが、

それが逆に、良い声を出すネックになっているんですね。

 

良い声を出したり、通る声で話したりするのに、そんなに力む必要もなければ、頑張りもいりません。

 

腹式呼吸で腹筋を使って発声することをお教えしていますが、それが体に馴染んでくれば、

上半身をガチガチに力んで声を出すよりも、随分とラクなはずです。

上半身の胸や肩や首や顎よりも、腹筋は強い筋肉ですから、

腹筋だけを使って、あとは全部リラックスした状態で話せるのです。

そして、腹筋を使うといっても、そこまで強い力は必要ありません。

 

たまに『腹筋を鍛えた方がいいですか?』と聞かれるのですが、

鍛えたければどうぞ、という程度でしょうか。

外側から鍛えるのではなく、腹式発声をしているうちに徐々に鍛えられたり、使い方が身に付いたりするものだと思っています。

 

とにかく、頑張って大きい声を出さなきゃ!・通る声を出さなきゃ!という意識がある方は、

その認識を変えていただいたうえで、次のことに留意して発声してみましょう。

 

  1. 発声をする時は、とにかく脱力!
  2. ため息の声を腹筋を使って出してみよう
  3. 声の大きさではなく、響きに注目

1.発声をする時は、とにかく脱力!

発声練習をする時は、良い姿勢で!と教わったり、そう思い込まれている方も多いと思います。

また、人前で話す時も、いつもより背筋が伸びて、良い姿勢でいたいと思いますからね。

 

ですが、初めから良い姿勢で発声練習をしてしまうと、リラックスしている時とは違う!と体が反応してしまって、

ガチガチに肩や首に力が入ってしまうことがあるんですね。

 

頑張ってしまう癖がある方は、少し姿勢が悪くても良いので、

自分がリラックスできる姿勢で発声の練習をしましょう。

家でソファーにダラッと座っているような姿勢でも良いので、

それで腹筋を使って息を吐いてみたり、声を出してみる練習からやってみましょう。

 

声を出す時は頑張らない!ということを、体と意識に癖付けることが大切です。

 

2.ため息の声を腹筋を使って出してみよう

ちょっと疲れた時や、残念なことがあった時、

『はぁ~』とか

『あ~ぁ』とか、

ため息交じりに声が出ることがありますよね。

 

そのため息交じりで自然に出た声は、自分が一番ラクに出せる声だと思ってください。

普段、頑張って声を張って話しているトーンよりも、ちょっと低いと思います。

 

そのラクに出せるトーンの声で、発声をしてみましょう。

頑張って声を出さなきゃ!と声を張った場合、上ずった声になりがちです。

訓練が出来ていない状態で、高めのトーンの声を出すと、喉を絞めてしまったり、喉に力が入ったりしがちですから、

ちょっと低めのラクな高さを自分で認識しましょう。

 

そして、リラックスした姿勢で、ラクに出せるトーンの声で、

『はぁ~』『あ~あ』

など何でもいいので、腹筋を使って言ってみましょう。

体は全部リラックスしていてる中、声を出すときだけ腹筋を使って、肺の空気を口の方へ押し出す感覚です。



大きな声を出そうと思わなくて大丈夫です。

勝手に声が出ている、くらいの意識で良いです。

 

”頑張りの意識”が入った瞬間に、肩や喉に力が入って、声が上ずるので、注意しましょう。

頑張るのは「声を出すこと」ではなく、「体の使い方を覚える」ことです。

 

3.声の大きさではなく、響きに注目

人前に立つと、みんなに聞こえる大きめの声を出そう!と思って、声を張って話される方は多くいらっしゃると思いますが、

良い響きの声を出そう!と思って話される方は少ないですね。

響く声の出し方を知らないということもありますが、そもそも話す時の「声の響き」に注目されている人は少ないと思います。

 

良い声・通る声に大切な要素は、声そのものの大きさではなく、声の響きです。



大きな声でなくても良く響けば、良く通る声になります。

よく響く声の出し方を習得すれば、無駄に声を張る必要もなくなるのです。

 

そして、日本語の中で響く音というと、

母音『a i u e o』です。

この母音は、日本語の「ん」を除く全ての音に含まれます。

例えば、『かきくけこ』の場合

『ka ki ku ke ko

と、子音「k」の後に必ず母音がつきます。

 

声が響かない人は、この母音が消えがちで、しっかりと出ていないことが多いのです。

特に、頑張って発声してしまう人は、力むことで子音ばかりが強く出てしまう傾向があります。

 

話す時には、言葉の中で、母音が次々と瞬時に出ては入れ替わるわけですから、

母音をしっかり出そうとすると、リラックスしつつ、腹筋で吐く息を支える動作が重要になります。

 

母音がしっかりと聞こえる話し方になると、響く声・はっきり聞こえる声に変わりますよ。

 


良い声・通る声を出す上で、「頑張る」ことは逆効果です。

頑張ろう!頑張らねば!という意識を持っている方は、とてもやる気がありますし、私も好きで応援したくなるのですが、その意識をちょっと違う方向に逸らすことができたら、上達が早いと思います。